えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 15日

古い記憶(13)4-5歳

(風水害)
台風の話で怖いと書きましたが、昭和28年にはかなりの被害がありました。
・6月25日~29日、水害で九州・中国・四国で死者1013人、全半壊家屋1万7370戸
・7月16日~25日、水害で東北以西で死者1124人、全半壊家屋9819戸
・8月14日~15日、水害で東近畿で429人、全半壊家屋1653戸
・9月24日~26日、台風13号で死者478人、全半壊家屋2万6071戸
これでは、幼いながらも怖いと思ったはずです。

(10円硬貨)
10円硬貨が発行されたのは、昭和28年1月のこと。私の物心がついたころには存在していた訳です。そしてこの年の年末に新100円札(板垣退助の肖像)が発行されたとありました。この当時の100円というのは、今の1000円くらいの価値でしょうか。バナナのところで書いたように、10倍すると貨幣価値が換算できそうです。

(パラソルチョコレート)
不二家のパラソルチョコレートは、多分私の食べた最初のチョコレートだったと思います。いくらだったのか値段は分かりませんが、安いものではなかったはずです。たまに食べることができたことを思い出します。

(粉末オレンジジュース)
こちらも昭和28年に発売開始とありましたから、4-5歳の頃に飲んでいたものでしょう。(ワタナベのジュースの素というのはもっと後のことです。)

(カルピス)
カルピスを調べていて、その歴史が大変古いものであることを知りました。なんと大正9年に発売開始だったそうです。大正11年には、「カルピス」は「初恋の味」というキャッチフレーズで大当たりしたそうです。私の幼い頃は、カルピスは高級品で、もっぱら贈答品として使われていたようです。

大正の頃のカルピスの瓶や箱のデザインは薬用酒のようなデザインでしたが、私の幼い頃には水玉模様で真っ黒な人のシンボルがあったと記憶しています。シンボルの方はやがて差別問題というようなことで消えてしまいました。

ところで余談ですが、米国ではカルピスという名称が「カウ・ピス」(牛のおしっこ)と聞こえるということから、「カルピコ」と名前を変えて売られたそうです。

(街のサンドイッチマン)
「ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑うだろ ♪」・・・なぜかこの歌は知っています。歌手は鶴田浩二だったそうです。3歳では覚えませんから、2年くらいはヒットしていたのでしょうねぇ。

「ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね ♪」は大変有名ですが、私がこの歌を知ったのは相当後のことでした。昭和28年6月に発表されていたのですけどね。

(八頭身)
ミス・ユニバース・コンテストで、日本代表の伊藤絹子が3位に入賞したという背景があったからでしょう。地方でも美人コンテストが盛んだったようで、父親がコンテストの参加者の写真を持っていました。巡査だったんで、警護でもしていたのでしょうか。そして、「ハットーシン」という音をよく聞いたようです。

(洋画)
この頃の私の記憶ではありませんが、昭和28年の洋画について紹介しておきましょう。
・ローマの休日、出演:オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック
・シェーン、出演:アラン・ラッド
・禁じられた遊び
[PR]

by elderman | 2006-01-15 16:44


<< 雪の結晶      ジブラルタルとモロッコ(前編) >>