えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 13日

古い記憶(11)4-5歳

(バナナ)
この当時、バナナ1本が30円しました。今の価格に換算すると300円くらいになるでしょうか。大変高級なものだったのです。もちろん普段食べるなんてことは考えられませんでした。そのチャンスがあるとすると、入院している人へのお見舞いくらいでした。バナナを食べられるかも知れないという期待だけでお見舞いについて行ったものです。

滅多に食べられないせいか、本当に美味しいせいか、この頃の私はバナナが大好きでした。父親が言うには、バナナは青い状態で外国から船で運ばれて来て、日本で黄色くなるというものでした。この話を聞いて、私は「黄色く熟したバナナを木からもいで食べたい」という夢を抱いたのでした。

熱帯の国に何度も住んだ経験のある私ですが、残念ながらこのささやかな夢はまだ満たされていません。なぜ難しいかと言うと、タイでバナナを買っても、店に来るときはまだ青いのです。買ってアパートに持って帰っても、黄色くなるまで待たないといけないし、木で熟したものとは言えません。

もちろんタイですから、道端にはバナナの木があって、熟したものも見かけます。バナナにはいろいろ種類があり、そういうバナナの中にも美味しいものがあるかも知れませんが、美味しければいつまでも放置される訳もないでしょう。それに他人のものだし、無断では取れませんね。

バナナのプランテーションがありますが、そこのバナナは青いうちに収穫されてしまうので、熟したものを見ることはできないでしょう。一本のバナナの木を買い占めて、メンテナンス契約をして熟すのを待つということでもやらない限り、ささやかな夢は実現できそうもありません。

(マスクメロン)
バナナが高級品なら、マスクメロンは雲の上の果物でした。500円もしましたから、今では5,000円くらいってことでしょう。マスクメロンは静岡で栽培に成功したということもあって、その後値段が下がって来ましたが、それでも高級品には変わりはないですね。

千葉の田舎でマスクメロンの代わりに食べていたのは、プリンスメロンという種類でした。マスクメロンのような洗練された美味しさではありませんが、甘いという点では立派な果物だったのでしょうねぇ。

私が結婚してから、家内が静岡県の出身なのでマスクメロンをいただくことが多くなりました。なんでもたくさん食べるというのはいいことではないようで、雲の上の存在だったマスクメロンも今はなんでもない普通の果物になってしまいました。

(パイナップル)
パイナップルというのは滅多に食べることはありませんでした。当時はそもそも八百屋さんに置いてなかったんじゃないかなぁ。食べたのはもっぱら缶詰だったように記憶しています。

(お富さん)
妙に覚えているこの歌です。「いきなくろべえ みこしのま~つに あだなすがたのあらいがみ♪」・・・ほとんど理解不能な歌詞でした。「粋な黒兵衛 神輿の松に」って理解していたんじゃないかなぁ。全然意味不明ですけどね。(笑) 「エーッサオー ゲンヤダナー」・・・ここに至っては今でも意味不明です。(苦笑)

*「粋な黒塀 見越しの松に」・・・正しくは、要するに妾の家ですね。

(飴)
バターボールというのは飴です。今でもあるのかなぁ。明治製菓のもので、当時30円でした。目新しい味だったのでしょう。そう言えば、グリコも楽しみでした。私の乳歯は虫歯だらけになってしまったものです。一粒300mだったかなぁ・・・ 今はダイエット時代、一粒食べたら300m走らないといけないという解釈の方が一般的かも知れません。(笑)

父親のクイズも思い出しました。「ルメラヤキ」ってなんだって主題されたのでした。カルメ焼きみたいな響きですから、面白かったのでしょう。カルメ焼きは家ではやったことがないので露店で見たことがあるだけかな。家内は家で作ったことがあるとか言っていたような・・・
[PR]

by elderman | 2006-01-13 00:20 | Comments(16)
Commented by あじゅるえずめ at 2006-01-13 01:29 x
バターボールって今でもあるんじゃないかしら?
私も子どもの頃グリコの箱に書いてあった、「一粒で300m」ってなんだろう?と不思議に思っていました。
イランでは他の果物に比べるとバナナはちょっと高いですよね?
Commented by elderman at 2006-01-13 01:34
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
バターボールって現役でしたか。バターの味しないけどね。(笑)
バナナはどこの八百屋さんでも置いてありますね。もちろん輸入ですから、他の果物に比べれば高価でしょうけど、イラン人をみていると普通の果物のようです。多分今ではそれほど高価ではないのでしょう。
Commented by mintogreen at 2006-01-13 02:02
(お富さん) またまた、意味不明の言葉が出てきて笑わせて頂きました。この時間に画面をみながらふふふと笑う自分が怪しくて、また笑ってしまう。
バナナは島では、モンキーバナナが普通になって熟したら、「あらよっ!」と、採って食べます。
Commented by elderman at 2006-01-13 02:05
mintogreenさん、それはよかった。^^
ショータイム♪なのかなぁ。(笑) 
タイではモンキーバナナが人気です。普通のものより人気でした。
ささやかな夢が膨らんでしまったので、今はかなり構えてしまいます。(笑)
Commented by mintogreen at 2006-01-13 02:11
えるだまさん、バナナは、普通の家の庭に植えてあるんです。
だから、みかんでももぐように、ぽちっと・・・。^^
夢の実現、楽しみ~ですね。
Commented by elderman at 2006-01-13 02:14
mintogreenさん、それがねぇ・・・
こうなると意地ですから、最高グレードの輸出品のバナナのプランテーションのバナナの木を一本買い占めて、メンテナンス契約をして、熟したという連絡をもらって、それからおもむろに食べないとね。^^
Commented by aki at 2006-01-13 02:20 x
私はバナナは苦手なのですが、子供の頃のバナナというと、
「ばななんばななん、ば~な~な♪」っていう歌を幼稚園で歌った記憶があります。それから「さっちゃん」っていう動揺の、「だけどちっちゃいから、バナナがはんぶんしか食べられないの、かわいそうね、さっちゃん」って
なんでかわいそうなの?ってどうしても理解できなかった。笑。
Commented by elderman at 2006-01-13 02:27
akiさん、バナナが苦手というのは珍しそうですね。
ほとんど聞かないですから、かなり珍しいと思いますね。
バナナを嫌う動物って何だろう?猿の天敵となると・・・犬かな。そう言えば、犬はバナナ食べないかも。前世は犬だったのかな?(笑)
Commented by anjoy24s at 2006-01-13 11:17 x
eldermanさん、
お富さんはきっと 「お手玉」 の名手だったんですね(笑)。
「上海帰りのリル」 なんていう歌もありました(汗、ますます歳がバレバレ!)。
Commented by elderman at 2006-01-13 11:31
anjoy24sさん、こんにちは。^^
妾じゃなくて本妻にならないとダメじゃないの?(笑)
「上海帰りのリル」って・・・・ 昭和26年の紅白歌合戦で人気だったという・・・
Commented by anjoy24s at 2006-01-13 18:10 x
eldermanさん、
そうか、アッシー君、メッシー君、ミツグ君を手玉にとったあと、妻の座に(笑)。 お手玉も4個使いになると相当熟練が必要だから・・・。 お富さんは2個使いで終ってしまったのかしら(爆)。
「上海帰りのリル」って昭和26年の紅白歌合戦~~??なんですかぁ。
むむ・・・・まぁ、昔のヒット曲は息が長かったということで(汗)・・・・だってどう考えてもそれじゃ覚えている訳ないし・・・(笑)。
Commented by elderman at 2006-01-13 18:18
anjoy24sさん、そうですね。^^
昔の歌謡曲の息は長かったですね。2、3年は持ったんじゃないでしょうか。^^
お手玉についてはどうなんでしょうねぇ・・・ さすがに4個は難しそうですね。(笑)
Commented by aki at 2006-01-13 23:52 x
いぇ、アタシの前世は吉野太夫って占いで出たんですけど?
たぶんバナナ嫌いだったんでしょう。(をい、
Commented by elderman at 2006-01-14 00:00
akiさん、そうでしたか。^^
吉野太夫ってバナナなんて食べたことないんじゃないの?(笑)
犬のう○こでも踏んだのかな。(爆)
Commented by はなはな at 2006-01-14 22:53 x
同年代の筈ですが、良く覚えていますね。
虫歯で思い出しましたが、チューブ入りのチョコレートが森永から売り出されていました。私の虫歯の原因でした。
Commented by elderman at 2006-01-14 23:02
はなはなさん、こんばんは。^^
WOW!それは全然思い出せませんでした。そうそう、チューブ入りのチョコレートありましたねぇ。^^


<< グラナダ(スペイン)追加      マクロレンズの世界(50)ネナ... >>