えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 10日

古い記憶(8)4-5歳

(蚊帳)
日本の夏のイメージと言えば、蚊帳もその一つだったのですが、今や使う人はいないでしょう。赤ちゃんの昼寝用の蚊帳は今でも使われているかも知れませんけど、都会では蚊すらいなくなったようです。

この蚊帳は寝室の隅々に留め金を引っ掛けるところが作ってあって、割合簡単に吊ることができるのですが、(とは言っても幼児の私は見ているだけでしたけど) 朝、使い終わった蚊帳を畳むのは一人では相当難しいようで、両親が一緒に畳んでいました。

私が小学生になって蚊帳を吊ったり、畳む手伝いができるようになったときには少し誇らしい気分になったものです。

蚊帳を吊って一番の問題は、蚊帳の中に入ってしまった蚊です。この蚊を退治するまでは寝ることができません。蚊帳に入るときには相当注意して入るのですが、人間の体について入って来てしまうのでしょうか。

夏には怪談、怪談には蚊帳がつきもので、暗くなった夏の夜の蚊帳にはちょっと怖い感じがありました。これは小学生になってからのことでしょう。多分怪談映画の影響だと思います。

(どんど焼き)
お正月が終わるとやったのでしょう。田舎だからこの経験がありますが、その後引っ越してしまったので、後にも先にも4-5歳の頃の一回だけ経験しました。幼少ですからその意味などはまったく分かっていなかったと思います。覚えているのは、たくさんの不要物を山のようにして燃やしていたことと、焼いた餅を食べたことでしょうか。焚火と違って面白い匂いがしていたことを思い出します。

(建前)
最近は建て前で小銭やお餅が振舞われるというようなことはあるのでしょうか。お小遣いが大きな意味を持ち始めている子供には大変貴重な機会でしょう。私はまだ幼児でしたから、多分ぼーっとして様子を見ていただけじゃないかと思います。5円くらいは自分で拾ったかなぁ・・・ ほとんど収穫はなかったと思います。私は大きな体の小学校高学年や中学生たちの迫力に萎縮していたと思います。

(葬式)
子供にとって葬式ほど苦痛なものはないかも知れません。とにかく長いことじっとしていないといけません。面白いことは何にもないのですから、子供にとっては苦痛以外の何ものでもないでしょう。いい子にしていられるのは、せいぜい15分でしょうか。意味の分からない念仏が延々と続くという思い出しかありません。

(東京)
そのお葬式のために東京に出て行ったんだろうと思います。なにしろもの凄い田舎しか知りませんから、道路を自動車が4列になって走っているのを見たときには驚いたものです。そしてその道路を横断するなんて至難の業に思えました。当時は勝鬨橋が開閉していたと記憶していますが、間違いかも知れません。当時は市街電車(都電)が走っていました。

(鉄道)
鉄道の呼び名を両親は使い分けていたので私には理解不能だったものがあります。省線という表現、今でもよく分かりません。多分、当時の通称だったのでしょう。この頃のローカル線の鉄道というのは機関車でのんびり走っていたものです。千葉から御茶ノ水まではこげ茶色の電車が走っていました。多分10数分間隔だったのでしょうが、まるで2-3分ごとに出たり入ったりしているように見えたものです。
[PR]

by elderman | 2006-01-10 01:40 | Comments(19)
Commented by まつかめ at 2006-01-10 09:45 x
ついこの間、蚊帳の中で寝ました。
年末に行った友だちの田舎(タイ・ブリラム)で。。。
何十年ぶりだろう?
Commented by elderman at 2006-01-10 11:53
まつかめさん、へぇ、そうでしたか。^^
それは貴重な経験ができましたね。日本ではもう無理じゃないかな。
Commented by anjoy24s at 2006-01-10 11:53 x
eldermanさん、
つい何年か前まで、1月6日の夜にお正月飾りや去年のお札をお寺で焼いていたのですが、消防法がうるさくなって取りやめになってしまいました。それ以来、縄で囲われた大きな木の箱が置かれていてそこに入れてくるのですが、その後はどうなるのでしょうね? 産業廃棄物扱いなのでしょうか、それとも一般の燃えるごみ扱いなのでしょうか? なんだか罰当たりな感じがしてしょうがありません(笑)。
Commented by elderman at 2006-01-10 11:59
anjoy24sさん、こんにちは。^^
そう言えば、日本の私の家の町では屋外でものを燃やしてはいけないのでした。anjoy24sさんの町でも同じなのでしょう。燃やせなければ廃棄物になりますが、お正月の飾りなどは一般廃棄物だと思いますけどね。
Commented by mayaha at 2006-01-10 12:32
eldermanさんはこういう記憶のある最後の世代かしら、私、全て経験ありの世代、昨日、マンション街の私の町でも公園でとんどやき、やりました。門松や注連縄、古いお守りなど生ゴミに出すのは罰当たりだと要望があるのです。神主さんに来ていただいてお払いもして、お神酒も出ます、後の楽しみは焼き芋。消防署の許可もとっていますが消防法がうるさくなったら困るわね。
Commented by elderman at 2006-01-10 12:57
mayahaさん、こんにちは。^^
そうですねぇ、私の世代は団塊の世代の尻尾ですから、もっと若い人たちはかすりもしないかも知れません。焼き芋も簡単にはやれないご時勢のようで・・・ 窮屈な時代ですねぇ。
Commented by 安房守 at 2006-01-10 14:16 x
「省線」は大阪にもありました。
現在の大阪環状線が、城東線といわれていて、他にも東海道線などに省線電車がはしっていました。
関西は私鉄が発達していたので、国有鉄道を「省線」といっていたのではないかと思います。
Commented by elderman at 2006-01-10 14:24
安房守さん、おはようございます。^^
鉄道省と呼ばれた頃の名残なのでしょうけど、どこの区間がその下で建設されたのか分からないので曖昧なんです。さらに昔には鉄道院というのがあって、院線なんて言い方もあるそうです。
Commented by ショコポチ at 2006-01-10 15:23 x
えるだまさん、こんにちは。私は43歳ですが(言っちゃった)、蚊帳は新潟の親戚の家に行くたび体験してました。広い日本間で、庭から入ってくる風が心地よくて、忘れられません。自分のマッチ箱な家をうらんだものです(笑)。かなり最近までその家では蚊帳を使っていたと思います。
どんど焼きも楽しみでした。お餅を焼くのが(笑)。現在の東京の近所の神社でもやってるみたいですよ。ご町内ネットワークがあんまり発達していないので、いつも終わった後に知るのですが。しかし消防法とか不燃物とか…世知辛いですね…
Commented by elderman at 2006-01-10 16:19
ショコポチさん、こんにちは。^^
私と一回り違いですか。私が中学生の時に生を受けて来られたんですね。^^ 新潟には私の生家がありますが、夏には行ってないかも。最近まで蚊帳を使っていたとは、香取線香が効かないくらいの大邸宅なんでしょうねぇ。^^
何事も人口過密なのでしょうか、都市部が過密になっているだけなのでしょうけどね。アジア人は都市集中傾向ですから、しょうがないのかな。ドイツみたいに分散して住むのが好きな国もありますけど。
Commented by mintogreen at 2006-01-11 00:14 x
建前は、島では今も当たり前のようにやってます。
おもちを何十キロも撒いて、五円玉も撒きます。
子どもコーナーまで設ける家もあります。お菓子をたくさん撒きます。
子どもは、宝ですからね。みんなで可愛がります。
島はまだまだ、古き良き時代の良さが残っています。
田舎って感じはあまり感じられませんけど。
それは、島に移り住ん出る方々の新しい風と、情報かの時代という事ですかね~。
私は昔の生活に少しでも戻ればいいなと思ってます。
全部はイヤですけどね。^^
つくづく、昔の生活は良かった~。って思う。
Commented by elderman at 2006-01-11 04:29
mintogreenさん、そうでしたか!
いやぁ、日本も広い!五円玉ですか!(笑)
古き良き時代ですか・・・ いい面もあり、そうでもない面もあり・・・ 何が進歩なんでしょうねぇ。
私は自由時間というのが進歩じゃないかと考えているんですが、今の日本をみているとなんだか逆行しているようだしなぁ・・・
Commented by mintogreen at 2006-01-11 22:58
えるだまさん、破壊に繋がる進歩は困りますが、確かに自由な時間を持てることは進歩ですよね。いろいろな事が便利になって、考える時間の余裕も出来て、自由に生きたい所へ行ける。
ただ、都市集中型には、限界を感じる。
ドイツや、オランダを見習ってはどうだろう。
そして、進歩が遂には自然をも取り戻す時代が来たりして。
これって、飛躍しすぎ?
ううん、希望。 
心はやわやわにして置かないと、ね。 頭も、もにょもにょ。(笑)
Commented by mintogreen at 2006-01-11 23:01
また、字をまちがえちゃった。(行きたい所・・・)です。^^
Commented by elderman at 2006-01-11 23:11
mintogreenさん、そこのところは面白いテーマだと思います。
どうして、ドイツ人は都市で生活するのを嫌うのか。やはり自然の中で生きたいという気持ちが強いんじゃないかと思います。
日本人は「旅は道連れ」ですが、ラテン系の人はまるっきり反対のことを言います。「合わないやつと行くより、一人旅」だそうです。この辺がアジア人の都市集中型の深層心理かも知れません。
Commented by mintogreen at 2006-01-11 23:34
えるだまさんは、どちらでしょうかね~?
私、ドイツ人になれちゃう? ふざけてるけど 堅物の面もあるし。^^
そういえば、最近一人で、ガシガシ行けるようになったし。
危険地帯は無理だけど。(笑)
たまには、わいわいもいいけど・・・。
東京はまたまた、竹の子のごとくいろんな建物建設中!
ピッピー! 駄目ですよ~!それ以上建てちゃ~。 もー、めっ!
地方に回しなさいよ~。という事で。
Commented by elderman at 2006-01-11 23:41
mintogreenさんはインディペンデントでしょう。^^
仲間の顔色や受けばかり気にしているんじゃなくて、本当のことを自分自身で考えるという価値観が定着しない限りアジア的都市集中型は続くんじゃないかな。ちょっと辛口な言い方ですが、同世代の中でしかコミュニケーションをしようとしない若い世代が気になります。
Commented by mintogreen at 2006-01-12 00:13
協調性は、大人ですからありますけど、おもろいもの探しとかは、一人で集中しないとアンテナに余計な電波が引っかかるから正しい判断を誤る場合が・・・。楽しければ、みんなにも教えてあげたくなる、おせっかいな所もあるな~。
老若男女、ドンと来い!と素敵な人と繋がった方が人生楽しいのにね。
えるだまさんは、宇宙人もOK!でしょ?^^
mintoなんか夢の中で、宇宙とか行っちゃってるから。 
かなり、旅慣れてるのよ~ン。(夢の中ではね。^^)
Commented by elderman at 2006-01-12 00:27
mintogreenさん、そうですね。^^
アンテナは高い方がいいと思います。価値観が違おうが、宗教が違おうが、とにかくコミュニケーション。^^ 違った考えの持ち主からのメッセージは興味津々です。宇宙人からもですね。^^


<< 観葉植物その1      マクロレンズの世界(47)マホ... >>