えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 08日

チョウザメと黄金のキャビア

カスピ海と言えば、キャビアですね。でも、最近は乱獲がたたってチョウザメの個体数がどんどん減っていると聞きます。イランですから、違法漁師がなくなるはずもないところに深刻な問題があります。

と言いながら、そういうところからキャビアを買う私も共犯ということになるでしょうか。もっともキャビアはこの2年間くらいは全然買ったりはしていませんけどね。大粒キャビアのくどい味に飽きてしまったというのが本音です。

下の写真はチョウザメですが、切り身になった方がキャビアを取るベルーガだと思います。魚の味としては小さなチョウザメの方が美味しいとフィッシュ・マーケットの人は言っていました。
e0031500_1995879.jpg

朝、運良く黄金のキャビアを買うことが出来ましたが、値上がりも激しく、以前買った倍の値段でした。この黄金のキャビアは一番美味しいと言われているキャビアよりも小粒です。そして色がかなり淡いです。淡白な味なので、私はわさび醤油でいただきます。
e0031500_22152324.jpg

e0031500_22123746.jpg

一人で食べるのには量が多すぎると思っていたところ、丁度明後日にイランに来られた日本人の歓迎会を私のアパートでやることになったので、カナッペにしてみなさんに振舞うことにしましょう。^^
[PR]

by elderman | 2006-01-08 19:13


<< マクロレンズの世界(46)ベニ...      ベトナムの花(24)シンガポー... >>