えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 02日

古い記憶(1)2-3歳

人間というのはどのくらいまで幼い時の記憶があるのでしょうか。みなさんはいかがですか?

私の一番古い思い出というのは、多分母親の背中に負ぶわれたときのこと、そして確か「おぶいこ」と呼んでいたような、濃いマリンブルーのネルのような生地の記憶が残っています。負ぶわれるんですから、当時の私は何歳だったんでしょうね。三歳児だったら、歩かせるか抱っこでしょうから、二歳だったのでしょうか。もちろんどこへ行ったかなんてことは覚えていませんが、一箇所だけ暗い場所に入って行ったという記憶がありますから、そこは映画館だったと思います。

その後は三歳児の頃の記憶ですが、本当に断片的にしか覚えていないものです。しかも、それらは視覚による記憶です。

(チューコンヒ)
私はこの妙な呼び名の「チューコンヒ」というところでよく遊んでいたようです。文字の意味が分かるようになったのは、私が相当大きくなった頃、母親が思い出話をした時です。そしてようやくそれが戦没者のための「忠魂碑」だと悟ったのでした。私はその忠魂碑のある公園のようなところでよく遊んだようですが、記憶に残っているのはその忠魂碑ではなく、湿り気のある土と鬱蒼とした樹木です。

(下駄の塔)
私の家の近くに下駄を作る工場があったようで、下駄の大きさに切断された木材がサイロのような形でそびえていました。小さな子供の目線ですから、その高さはせいぜい2m程度だったのかも知れません。歯を付ければ完成品という代物だと思います。その当時(1953年)の人たちには下駄が普通の履物だったようです。

(迷子)
どうして迷子になったのかは分かりませんが、町の通りを泣きながら歩いていたときの光景が浮かびます。木造の家々の庇が道路の両側から伸びて、薄暗くなった空が見えていました。初めて親の保護から外れてしまった心細さで泣いたのでしょうが、まったく知らない場所にいるという恐怖感がありました。家からは少ししか離れていなかったんでしょうけどね。
[PR]

by elderman | 2006-01-02 14:28 | Comments(10)
Commented by mintogreen at 2006-01-02 14:48 x
えるだまさん、古い記憶、時々ふっと浮かびますよね。
当たり前のように発音してたものが、実は想像と違うものだった事もあります。
私は、だっこされていて、ずれ落ちそうなんだけどずれ落ちない居心地よくないだっこの感覚が残っているので、子どもを抱っこする時は、しっかりと抱っこしてあげたくなります。
あと、イギリスの町並みを歩いた事も無いのに、妙に懐かしい感覚になるのは何故だろうと思ってます。
これは、記憶というより、DNAによるものではないかと思うのですが・・・。
私たちには、多くのDNAをもらって生きているのですから、気のせいじゃないと思ってます。^^
Commented by elderman at 2006-01-02 15:02
mintogreenさん、こんにちは。^^
言葉の意味を知らないで覚えてしまったというものは結構ありますね。「ウチューミヤ」なんてのもありました。「宇宙宮」なんて格好いいなと思っていたら、「内海屋」でした。これは母の訛だったようで。(汗)
子供は不安定な抱っこでは安心していられないでしょうね。大人は直ぐつかめると思っていても子供はそうは感じないでしょう。しっかり抱いてあげないといけませんね。
デジャ・ビュ(既視感)という現象がありますね、記憶の混乱の可能性が高いのですが、私は時間というものが一方方向にだけ進んでいるものとは考えておりません。私たちが知覚できないだけで、時折歪んだ時間が眠っている間に記憶に作用してしまうのではないかと考えています。DANに記憶まで刻み込まれているというのはどうでしょうねぇ・・・ だから親しみを感じる程度なのかな。鮮明に思い出されるというのはまた別な現象でしょうね。
Commented by Mook at 2006-01-02 15:03 x
妹が生まれた時の事を覚えて居ます、2歳と4ヶ月違い
当時はお産婆さんでしたからね=

迷子と言えば、よくやらかしました、なぜか父の会社まで連れて行ってもらい、良く怒られました
遠~~~~い 思い出です^^
Commented by elderman at 2006-01-02 15:10
Mookさん、こんにちは。^^
やはり2歳当時の記憶ってあるんですねぇ。もちろんよくよく衝撃的な事件だからなのでしょうけどね。
迷子をよくやるというのは、好奇心の塊なのか、集中力があり過ぎるのか、単なる方向音痴なのか。(笑)
Commented by aki at 2006-01-02 17:56 x
たぶん、もっとも正確に憶えていてかつ古いものは3歳のときのもの。
母の実家で年上のいとこたちが二階の階段の手すりを滑って下まで降りる、というハードな遊びをしていて、高いところが好きだった私も一緒になってやっていたんですね。そのうちエスカレートして、とうとう手すりを乗り越えて落下。落ちた瞬間と、大声で泣いたのと、伯父が「救急車」と騒いだのを憶えてます。救急車には乗りませんでしたが、右肩脱臼と骨折、
左足脱臼というかなりの大怪我でした。後にも先にもあれが最大の怪我ですね。いまだに古傷は痛みます・・・。って悲しすぎる。この記憶。泣。
Commented by elderman at 2006-01-02 18:08
akiさん、こんにちは。^^
幼少の頃の記憶は相当ショックを受けたことに関するもののようですね。私も階段から飛び降りるという遊びをやっていたことがあり、天井に頭をぶつけたことがあります。意識を失ってしまいましたが、救急車騒ぎにはならないで済んだようです。というか救急車サービスなんてあったんだろうか・・・ 4-5歳くらいのときのことでした。(汗) 外傷はないけど、少し頭が悪くなっているかも知れません。(笑)
Commented by アンナ at 2006-01-02 22:21 x
えるちゃま、みなさま
すごくおひさしぶりです。
鮮やかな美しいお写真に見入ってしまいました。
むっくさんの新年ご挨拶から飛んできました。
お元気そうで何より。
今年もいいお年になりますように。
Commented by elderman at 2006-01-02 22:36
アンナさん、お久し振りですね。^^
お元気にお過ごしでしょうか。今年もよい年でありますように。
Commented by untikusai at 2006-01-02 23:07 x
画像が無い。えるだまさんの新境地か。それともネタ切れか。(*^_^*)
50年以上も前の記憶なんて、あるわけないっしょ。数分前に置いためがねを探しているのに。あっ、あった。なんだ、おでこに掛けてた。(*^_^*)
Commented by elderman at 2006-01-02 23:18
untikusaiさん、こんばんは。^^
ネタ切れと言えば、ネタ切れですけどね。(汗) エッセイでブログのつないで行くのは至難の技でして・・・ (大汗) 画像でネタ切れを補っているという方が実態だと思いますが。


<< マクロレンズの世界(40)カラー      ミハス(スペイン) >>