えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 30日

コスタ・デル・ソル(前編)(スペイン)

マラガはコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の中心都市で、外国からの飛行機が発着できる飛行場を持っています。それで今回のアンダルシア地方の旅の根拠地にしたのです。グラナダへ2時間、マルベージャに1時間、アルヘシラスまで3時間、コルドバまで2時間半、アンダルシア地方の見所が散在しているとも言えますね。

マラガそのものはあまり期待していなかったのですが、混雑しそうな日曜日をマラガ観光に当てたのは大正解だったようです。ホテルから歩いてすぐのところにカテドラルがあります。このカテドラル、まだ未完成だそうです。このカテドラルを抜けてすぐ近くにアルカサバと呼ばれるミニ・アルハンブラと言われる庭園と宮殿の一部が残されています。これらの建築はローマ時代の要塞の跡に建築されたそうです。

この施設を先に見ておかないと、本物のアルハンブラ宮殿を見た後では興醒めだろうと思い、アルハンブラ宮殿に先行して見ておくことにしたのでした。結局、アルハンブラ宮殿に入場できなくなったことから、ここを見ておいたのはその意味でも成功でした。

アルカサバのさらに奥には、14世紀のヒブラルファロ城の城壁が続いています。この城の頂上付近にレストランがあり、意外にも美味しいパスタを食べることができました。私たちはここで2時間、ゆっくりとアルコールと料理を味わったことは言うまでもないでしょう。ここで偶然にもアニス酒を発見したのも喜びでした。

ここからの眺めは、マラガの港、街、地中海、闘牛場などがパノラミックに展望できます。

(ビブラルファロ城入り口)
e0031500_15564832.jpg

(アルカサバ)
e0031500_1412497.jpg

(ビブラルファロ城)
e0031500_1425698.jpg

e0031500_1441522.jpg

(マラガ湾)
e0031500_1451858.jpg

(闘牛場)
e0031500_1461727.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-30 14:06 | Comments(4)
Commented by japonikk-la at 2005-12-30 14:34
観光地とは思えない程まったく人も見当たらず混み合ってなくってずいぶんのんびり観光ができたのではと想像しました。
Commented by elderman at 2005-12-30 14:49
japonikk-laさん、こんばんは。^^
夏の観光シーズン最中だというのに、そうですね。混雑していたのは、カジノのあるベナルマデーナの金曜日の夜くらいだったかも知れません。コスタ・デル・ソルは長い海岸線を持っているので人々が分散していいのでしょう。^^
Commented by 宇宙和里 at 2005-12-30 23:38 x
こんばんわ~。実家のネットが電話回線仕様のため、えるだまさんのページは、半分以上、楽しめないよ~~画・写真が見れないの~~。でも、アルカサバの石やレンガ色の美しい街並みは、見れました^^。来年も、 たくさん、いろんなこと、教えてください!!よろしくお願いします。 
Commented by elderman at 2005-12-31 00:30
宇宙和里さん、こんばんは。^^
電話回線だとしんどいでしょうね。私も重たいブログはなかなか見ることができません。(苦笑)
今年はいろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。^^


<< マクロレンズの世界(37)シン...      マクロレンズの世界(36)アブチロン >>