えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 28日

アルハンブラ宮殿(前編)(スペイン)

スペイン旅行は今回で3回目になります。これまでに首都のマドリッドとその隣の古都トレドに行ったのと昨年の冬にバルセロナに行っています。今回はスペイン南部のアンダルシア地方にターゲットを絞りました。もっとも、ジブラルタル海峡を渡ればアフリカ大陸にあるモロッコに行けますから、こちらも出来ればということで念頭に入れていました。

アンダルシア地方で一番有名なものは、グラナダにあるアルハンブラ宮殿でしょう。ここの訪問には予約が必要なんですが、着いた直後は人に会うこともあり、日程が決められないでいました。日程が決められる頃になって予約を申し込むと、なんと12日まで予約はいっぱいとのこと。11日までの滞在ですから、不可能ということになってしまいました。

アルハンブラ宮殿の内部の見学は諦めることにして、せめて外観だけでもとチケットなしでグラナダまで行くことにしました。早朝に行けば、チケットは買えるそうですが、8時でも長蛇の列ということで、マラガから2時間もかかるということもあるので、その上さんざん待たされた挙句、今日は売り切れですと言われたのでは泣いても泣ききれるものではありません。

今回のアンダルシア地方の旅では、私には個人的な悲劇があります。アンダルシア地方はアフリカ大陸に近いため、イスラム勢力に占領されていた時代が長くあり、そのせいで西欧人にとってもエキゾチックな味わいを持つ観光地になっているのです。東アジアからの観光客ではなおさらというものでしょう。しかし、私はイランに住んでいるし、ヨーロッパは何回も旅行しているので、もはやどちらの文化もそれほど新鮮ではないのです。もっと早くこの地を観光しておくのだったと思われて仕方がありませんでした。

週末を避けて、アルハンブラ観光を決行したのは月曜日でした。9時のバスはなぜか乗ることができず、9時45分のバスになってしまいました。どうせチケットがないのですからと気分を取り直しましたが、バスでグラナダに到着する頃にはもう12時になってしまっていました。スペインは夏時間を採用していて、EU諸国の中で一番西にあるのに同じ時間を使っていますから、日本の感覚では、2時間も早い時間に感じます。12時と言っても、まだ10時くらいの感じです。

タクシーが私たちを連れて行ってくれたところはチケット売り場のところでした。そこには300人もの人たちが長蛇の列を作っていました。全員が入れたとしても、2時間はかかりそうな気配です。我々はチケットを買うことを断念していましたから、早速行動開始です。まずは、チケット売り場が東の端にあるので、そこから北を回って外観を眺めることにしました。道は急な坂になっています。外から見るアルハンブラ宮殿は宮殿と言うよりも城砦という感じが強い建築物でした。

重厚なゲートのいくつかを見て、一番下まで下るとそこからは50m以上の高さのアルハンブラを仰ぎ見ることができます。ホテルがいくつかあり、小さな川が流れています。その周辺はアラブ人街と呼ばれているようです。半周してから再び、タクシーで通った道を登ります。宮殿のあるところは公園になっているので、公園には無料で入れるのです。かなりきつい坂ですが、緑が生い茂っているせいで、あまり暑くなく歩くことができました。

公園に入る門は二つあり、「裁きの門」と「車両の門」とがあります。我々は「裁きの門」から入りました。チケットがないと、「アルカサバ」、「王宮」などの内部に入れないだけです。アルハンブラの内部を見ないでアルハンブラ観光もないでしょうが、内部はアラビア風なので私たちにはそれほど新鮮なものではありません。

(アルハンブラ宮殿入り口)
e0031500_1331293.jpg

(アルハンブラ宮殿通路)
e0031500_13321648.jpg

(アルハンブラ宮殿外壁)
e0031500_13331953.jpg

(公園への入り口)
e0031500_13345547.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-28 22:45 | Comments(4)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-12-29 03:36 x
どんどん、続けてください。
いっぱい、見せて!
Commented by elderman at 2005-12-29 13:15
猫姫さん、こんにちは。^^
年末・年始はブログ取材なしですから、スペインのアンダルシア地方の写真をお楽しみくださいね。^^
Commented by anjoy24s at 2005-12-29 18:10 x
eldermanさん、
初めて「アルハンブラ宮殿」の映像を見た時は感動しました。 はるばる
シエラ・ネバダ山脈から水路によって豊かな水を引いてきている様子も詳しく紹介されていました。 建物の素晴らしさは勿論ですが、当時の土木技術のレベルの高さにも驚かされますよね。
Commented by elderman at 2005-12-29 18:36
anjoy24sさん、そうですね。^^
ローマとギリシャとの比較と同じように、アラブとペルシャとについても同じことが言えると思います。アラブ人は土木工事に長けていました。ペルシャ人はどちらかというと哲学や詩の方が得意なようです。アルハンブラ宮殿はアラブ人の土木工事の水準の高さを見せてくれますね。


<< マクロレンズの世界(35)ベニ...      マクロレンズの世界(34)丸い唐辛子 >>