えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 22日

シラーズの夕暮れ

今回の出張は風邪が治り切らない状態でのものだったので、慎重に行動していました。到着後シラーズにある環境局州局に行き、州局長さんを始めみなさんの歓迎ムードに嬉しくなりました。シラーズは人口200万人近い都市です。

州局は2時には仕事が終わってしまうので、私たちはホテルにチェックインして、昼食をとりました。私はこのあと昼寝をして風邪を治す努力をしていましたが、連れのイラン人たちは州局の人たちにペルセポリスを案内してもらったようです。イラン人があまり観光したことのないペルセポリス、外国人の私が既に二回も観光しているというのは奇妙な感じです。

写真は昼寝の後、少し街の中を散歩したときのものです。夕暮れ時というのはなんとなく情緒がありますね。
e0031500_1652303.jpg

e0031500_16531688.jpg

e0031500_16541014.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-22 16:54 | 日々の雑感 | Comments(6)
Commented by anjoy24s at 2005-12-22 17:06 x
eldermanさん、
「州局は2時には仕事が終ってしまう」って何時に始業なのでしょう。
Commented by elderman at 2005-12-22 17:13
anjoy24sさん、こんにちは。^^
テヘランでは週休2日なので8時半~16時が勤務時間ですが、地方では週休1日で8時~14時半が勤務時間です。職員のみなさんは8時前に職場にいるようです。そして昼食は仕事が終わってからということになります。
Commented by mintogreen at 2005-12-22 21:51 x
えるだまさん、こんばんわ。
風景によって、日本とは違う色合いがあるような感覚が生まれます。
建物、人、車、形が見慣れないものは、新鮮に映って素敵です。
写す位置でも、写真って全然違う表情になりますよね。
それが、感覚なんでしょうね。
夕暮れの肌寒さを感じます。
Commented by elderman at 2005-12-22 21:55
mintogreenさん、こんばんは。^^
普通の夕暮れの景色なのですが、日本の方が見るといろいろと気がつくことが多いことと思います。4年も住んでいると私はちょっと鈍感になってしまっています。(汗) こういうなんでもない景色の中で感じる夕暮れ時というものは少し感傷的になります。そろそろ日本に帰ろう・・・ なんてね。
Commented by mintogreen at 2005-12-22 22:12 x
そうそう、そろそろ帰って来ないとね。^^
日本が待ってるよ~!
Commented by elderman at 2005-12-22 22:16
mintogreenさん、そうですね。^^
日本に帰るのはいいのですが、イランからは去るということになるので、
これまた複雑な気持ちです。


<< シラーズの夕暮れ(続き)      マクロレンズの世界(28)ペチ... >>