2005年 12月 22日

シラーズの夕暮れ

今回の出張は風邪が治り切らない状態でのものだったので、慎重に行動していました。到着後シラーズにある環境局州局に行き、州局長さんを始めみなさんの歓迎ムードに嬉しくなりました。シラーズは人口200万人近い都市です。

州局は2時には仕事が終わってしまうので、私たちはホテルにチェックインして、昼食をとりました。私はこのあと昼寝をして風邪を治す努力をしていましたが、連れのイラン人たちは州局の人たちにペルセポリスを案内してもらったようです。イラン人があまり観光したことのないペルセポリス、外国人の私が既に二回も観光しているというのは奇妙な感じです。

写真は昼寝の後、少し街の中を散歩したときのものです。夕暮れ時というのはなんとなく情緒がありますね。
e0031500_1652303.jpg

e0031500_16531688.jpg

e0031500_16541014.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-22 16:54 | 日々の雑感


<< シラーズの夕暮れ(続き)      マクロレンズの世界(28)ペチ... >>