えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 13日

専門家活動の紹介(5)C/P研修

専門家活動の中にC/P研修という制度があります。C/Pに実際に日本に行ってもらって研修をしてもらう制度です。私は自分の休暇一時帰国の日程に合わせて、日本国内の関係機関に協力を依頼し、調整を図りました。私の出身母体の千葉県の協力ももちろん得ました。

(千葉県で研修)
e0031500_026189.jpg

さらに愛知県の協力を得て、C/P研修のプログラムを組みました。約3週間の日本滞在になります。イランからたった一人で日本に行って研修を受けるというものですから、多少は心細いことでしょう。通訳は業務の時間にはつけてもらえますが、それ以外にはありません。

そこで私は休暇一時帰国ではありますが、研修期間中はできるだけC/Pに同行するようにしました。千葉県の現職の人たちは昔の仲間ですから、快くC/Pを歓迎してくれました。千葉県の行政、環境センターなどで研修プログラムを済ませると、夜には歓迎会などが催され、楽しい時間を過ごせたと思います。

(歓迎会)
e0031500_0265015.jpg

週末は私と家内、そして次男を動員してC/Pの面倒をみました。一人で放っておく訳にはいきませんからね。私は一日だけ週末にゴルフに誘われていたので、次男をC/Pの付き添いに動員したのはこの日です。次男はその前に二回もイランに来たことがあったので、C/Pとも顔見知りでした。ショッピングなどのお手伝いをしたようです。私と家内とでは東京都庁や浅草、お台場などを案内しました。

(浅草にて)
e0031500_0272384.jpg

C/P研修は愛知県に場所を移しましたが、私もこの間は出張で付き添いです。愛知県でも本庁での研修やトヨタ自動車の工場見学を済ませ、イランの仕事から知り合いになった課長さんの案内で名古屋名物の「みそカツ」などで夕食を楽しみました。

(愛知県の大気汚染移動測定局)
e0031500_0352357.jpg

(トヨタの博物館にて)
e0031500_0331665.jpg

こういうお付き合いで私とC/Pとの友人関係は構築されていきました。浅草で私はC/Pにいたずらにワサビを勧め、少し多目の量だと知りながら彼が口にするのを見ていました。C/Pは涙を流しながら感動していました。それからというもの日本人チームのメンバーがイランに来るたびにワサビのお土産を彼に渡すようになったものです。もちろんC/Pはイラン人ですから刺身は食べませんが、何にでもつけて食べているようです。(笑)

(ワサビを勧めたレストラン)
e0031500_0311579.jpg

このC/P研修を終えて彼が帰国し、しばらくして桜を楽しんだ後、私の休暇一時帰国も終わりになり、イランに戻りましたが、このC/P研修以降、彼の私に対する信頼度は100%になり、親友という関係だけでなく、それからの技術移転の大きな支持者になったのでした。

そして多分このC/P研修以降だと思いますが、C/Pは一生懸命に英語を話そうとする努力をし始めたのです。通訳の秘書がいるときはあまり英語を話しませんが、二人でいるときはほとんど問題ないくらい英語で話をしてくれます。最初はしかめっ面で英語を一言も話さずにいたC/Pでしたから、私の専門家活動の前途を心配したものですが、まったく反対の嬉しい誤算になりました。

(おまけです。これは日本の自宅にC/Pを招待したときのものです。)
e0031500_0552517.jpg


(つづく)
[PR]

by elderman | 2005-12-13 00:27


<< マクロレンズの世界(20)ゴク...      タイの花(12)プッソーン >>