えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 12日

専門家活動の紹介(4)対外活動

派遣先の環境局テヘラン州局だけでなく、大気汚染問題で関係する機関に対しても大気汚染に対する知識や現在やろうとしていることを周知、啓蒙する活動も必要となります。そうした中、テヘランの州局長が代わりました。前の州局長は本部に異動し、今度は生え抜きのいかにも人望の厚そうな州局長が着任しました。

私は個人的にはこの新州局長に大変好感を持っています。身長が180cm以上あり、姿勢がよくて軍人みたいな感じですが、眼差しには優しさがあります。彼はもともと国立公園を守るレンジャーなので大気汚染などの公害分野は得意ではありませんが、この人ならという感じを与えてくれる頼もしい人物に映りました。

(新州局長(手前))
e0031500_10323683.jpg

大気汚染に関係する機関にはいろいろあります。保健省、エネルギー省、気象局、交通局、テヘラン州庁、テヘラン市の大気質管理公社などですが、これらの機関の代表者が集まって開かれる会議があり、「エグゼグティブ・コミティ」と呼ばれています。大気汚染改善のための連絡会議と言ったところでしょう。

私は日本人専門家として、こういう会議の場を借りて活動内容の紹介や問題点などの説明、あるいは新しい提案などをすることがあります。この会議は月に二回行われているので寄り合いというような色彩を持っていることは否めません。そういう雰囲気だからこそ、日本人専門家の話は面白いもののようです。

(エグゼクティブ・コミティ)
e0031500_10331319.jpg

e0031500_10334633.jpg

私は個別派遣の専門家ですが、同時期に日本人チームによる開発調査が実施されていました。もちろん私たちは連携あるいは業務分担をして、テヘランの大気汚染改善のために技術移転を行ったのです。日本人チームは専門家とコンサルタント会社の集団で、主として発生源の改善対策のためいくつかのパイロット・プロジェクトを遂行しました。

その活動の中にいくつかのワーキング・グループが組織されたので、私は自分の業務に近いワーキング・グループに入り、チームの技術移転活動のお手伝いをしました。新しい提案などイラン政府に働きかけるのには、個人の専門家としてよりもチームとして提案した方が相手方の受け止め方が違うのではないかとも期待したものです。

ワーキンググループには大学教授あり、NGOの活動家もあり、多彩な顔ぶれでした。残念なことはそういう人たちでも実用的あるいは行政的な大気汚染の知識が不足しているということが感じられたことです。発展途上国の場合、社会的地位が高いとなかなか現場に行きたがらないのでどうしてもそうなりがちです。

日本人チームはパイロット・プロジェクトの遂行だけでなく、各年度の終わりに全国規模のセミナーを開催しました。私はそのような機会を利用し、テヘラン州局に対して行っている技術移転の内容を全国の他の州からの参加者にも紹介することにしました。たった一日のセミナーでどこまで技術移転が図られるかは多少疑問がありますが、専門知識の普及、啓蒙活動も重要な専門家活動だと思っています。

(大規模セミナー)
e0031500_10342459.jpg

e0031500_10345311.jpg

(つづく)
[PR]

by elderman | 2005-12-12 10:35 | Comments(6)
Commented by anjoy24s at 2005-12-12 14:48 x
eldermanさん、
やっぱり eldermanさん、お隣に美女がお座りだととってもイキイキ見えてしまう(笑)。 一枚目のロマンスグレーのおじさま、本当にお優しそう!
でもイランて意外にも女性がこのような会議で活躍されているようで頼もしい限りですね。
Commented by elderman at 2005-12-12 15:30
anjoy24sさん、あはは、そうですか。^^
テヘラン州局長、いい感じでしょ。日本にも研修で2週間くらい行きました。また行きたいそうです。^^
学歴のある女性たちはどこでも活躍しています。イラン人男性はちょっとレイジーなところがありますが、女性たちにはそういうことはあまりなく、どんどん仕事をやってくれます。環境局のトップは女性の副大統領ですしね。^^
Commented by dada at 2005-12-12 17:24 x
マイクのそばにある、飲み物は、コーヒーでしょうか?
あと・・みかん?りんご?なんでしょう。。。
ねーねーこのセミナー開催後のイランの方のご感想は・・・
Commented by elderman at 2005-12-12 17:41
dadaさん、こんばんは。^^
イランでの飲み物は紅茶ですね。珈琲がサービスされることは滅多にありません。嫌いな人もいるだろうしね。
果物は会議ではよく出されます。リンゴ、バナナ、ミカン、キュウリかな。
この一日のセミナーの開催後の出席者の感想ですか・・・ どうなんでしょうねぇ。いろいろな情報が聞けてよかったというでしょうね。
Commented by mintogreen at 2005-12-12 21:04 x
お国柄、国民性の違いなどによる意識改革も、ご努力の積み重ねで、少しずつでも前進して行ける事を願って・・・。
エルダー、ファ~イト!^^
Commented by elderman at 2005-12-12 22:24
mintogreenさん、ありがとうございます。^^
現在書いているお話は最初の3年間のことでして、お陰さまで成功裡のうちに任期を終了いたしました。今はその後の新規プロジェクトとして1年おります。^^


<< マクロレンズの世界(19)ヒマワリ      タイの花(11)セイロン・ライティア >>