えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 12日

トウヒード広場の夜景(イラン)

ケルマンの中心部にあるトウヒード広場(アルグ広場)の夜の眺めです。モニュメントの意味は分かりませんが、イランの都市にはこういう意味不明のモニュメントがたくさんあります。いろいろ考えずに夜の散歩を楽しみました。
e0031500_024022.jpg

e0031500_031992.jpg

e0031500_041088.jpg

e0031500_04574.jpg

この後、夜のバザールを見て回りました。その話はまた今度ということで。
[PR]

by elderman | 2005-12-12 00:05 | Comments(6)
Commented by mintogreen at 2005-12-12 00:18
暖かな光は 心も温めてくれそう
Commented by elderman at 2005-12-12 00:24
mintogreenさん、こんばんは。^^
余分なことは考えずにのんびりあるがまま。^^ 3番目の写真は秘書のアツーサが撮影したものです。彼女の感性みたいです。
Commented by aki at 2005-12-12 03:15 x
確かに意味不明の形ですが、柔らかな光はとても素敵ですね。
このシーズン特有のピカピカキラキラじゃないところが落ち着きます。
Commented by japonikk-la at 2005-12-12 04:34
こんな訳もわからんもんを作る前にもっと実用的な役に立つ事に労力、お金、時間を使ってほしい様な気もしますが、まあ私になんの損がある訳ではないからいいでしょう。とても秋らしい写真。やっぱり3番目が一番目を引いてしまいました。
Commented by elderman at 2005-12-12 10:15
akiさん、そうですよね。^^
そう言えばイランらしくない柔らかい光の色ですね。
いつも三原色ではうんざりしてしまいますから・・・ (苦笑)
Commented by elderman at 2005-12-12 10:17
japonikk-laさん、まぁまぁ。(笑)
イラン人の芸術的センスなのでしょう。^^
三番目の写真を褒めてくださると、秘書のアツーサが喜びます。^^


<< タイの花(11)セイロン・ライティア      専門家活動の紹介(3)局内セミナー >>