えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 11日

専門家活動の紹介(3)局内セミナー

専門家の技術移転活動としてセミナーは非常に重要なものです。測定データから異常値の発生を防ぐための次の手段は、データを見る目を担当者に養わせることです。そのためには大気汚染がどうして起きるのかということを理解してもらわなければなりません。週に2回、セミナーを開催することにしました。

大気汚染物質の発生源、気象条件、大気汚染発生メカニズム、大気汚染の拡散計算などについて半年にも及ぶセミナーにより技術移転を行いました。受講者は二人の技術者ですが、最後まで受講してくれました。イラン人は大変頭がいいので、こういう技術移転は比較的スムースに進めることができます。

煙突や道路からの大気汚染物質の拡散計算について、エクセルを使って実際に計算をしてもらうのですが、それほどの困難もなく実行することができました。その結果、大気汚染の拡散の様子がよく理解できたと言っていました。講義だけでなく実際の演習が大事だということですね。

データを見る目が養われたら、その次はいよいよ大気汚染物質の測定データ管理です。これまでのようにただ測定したものをそのままにしている状態からの脱却を図らないといけません。どこの国でもそうですが、ただ義務として余分な仕事を与えたのでは技術移転は上手くは行きません。そうは言っても、仕事が楽になるからマスターしなさいというインセンティブだけは与えたくないと思っています。

(セミナーの様子)
e0031500_1325762.jpg

局内セミナーの他、実際に車種別の交通量や走行車両の速度を測るという現地調査を企画し、テヘラン州局のスタッフたちと一緒に24時間野外調査をしました。もちろん調査結果と大気汚染測定結果とを照らし合わせ、各種気象条件を入れて大気汚染物質濃度の変動を説明するということもやりました。

目に見えない大気汚染ですが、実際に野外調査などを行うことにより、イラン環境局と日本の専門家とが一緒になって大気汚染防止対策に取り組んでいるということを、テヘラン州局の大気汚染担当以外のスタッフたちも実感したことでしょう。

局内セミナーで交通量などの調査結果を使って、環境濃度、大気汚染のメカニズムを講義したことは言うまでもないことでしょう。

セミナーの結果、州局のスタッフはもちろんなのですが、一番中身を理解したのが通訳をしたアシスタント(秘書)だったことは驚きです。気象、物理、数学、これらを苦にせずに中身を理解したのには驚きました。このアシスタントのお陰で、私の仕事は比較的スムースに進ませることができたと言えます。

(交通量調査の説明会)
e0031500_1395759.jpg

(車種別交通量調査・昼間)
e0031500_13104185.jpg

(車種別交通量調査・夜間)
e0031500_13122368.jpg

(車種別交通量・車速調査)
e0031500_1313371.jpg


(つづく)
[PR]

by elderman | 2005-12-11 13:13 | Comments(18)
Commented by istiklal-avenue at 2005-12-11 14:29 x
はじめまして。ぼくはerikoさんのブログからここにきました。僕は日本に留学しているトルコ人です。同じ研究室にいるレザさんはイラン人です。頭がとてもよくて、研究でも素晴らしい成果をあげています。これからエルダマさんのブログをレザさんに見せます。喜ぶと思います。レザさんは日本語がとても上手です。僕は新しいブログを作りました。遊びにきてください。よろしくおねがいいたします。
Commented by aki at 2005-12-11 14:39 x
あー、思い出した。大学のころ友人(女の子)が、一晩でお金になると、
いきなり交通量調査のバイトを2日間やったのね。私は別の女友達の下宿に泊まっていたのだけど、そのバイトを終えた彼女が明け方訪ねてきた。笑った。排気ガスで、タオルで髪の毛を拭けば真っ黒、鼻の穴も真っ黒、恐ろしい汚れ方だった。良かった誘われてもやらなくて。笑
っていうより、道路に一晩いるだけでこんなに汚れるってことがショックでした。
Commented by elderman at 2005-12-11 15:27
istiklal-avenueさん、ようこそいらっしゃいました。^^
そうですか、日本語が上手ですね。レザさんも日本語が上手なのですか、頼もしいなぁ。私は現在イランにいるので、イランの記事が多くなります。楽しんでいただけたら嬉しいです。^^
Commented by elderman at 2005-12-11 15:28
akiさん、そうですね。
日本では定期的に交通量調査が実施されますから、そういうときに動員されるのでしょう。実際に大気汚染を体験するということもいいことですから、一回くらいは経験されるのもいいんじゃないでしょうか。^^
Commented by 安房守 at 2005-12-11 18:13 x
イラン人は、たしかに頭がよくて勉強好きのようです。
ただ、修羅場には弱くて、ちょっと難しいことがあると元気がなくなるように思います。
演習をうまく混ぜたりして勇気を持たせるような工夫がいるようですね。
Commented by Mook at 2005-12-11 19:33 x
1枚目の凛々しいえるだまさんと2枚目のヤクザの幹部のえるだまさん
を比較してしまいました(冷や汗)
Commented by elderman at 2005-12-11 19:39
安房守さん、こんにちは。^^
どこの国の人であれ、自信を失わせたらいけませんね。ひたすら褒める、持ち上げる、これしかありません。^^
私はイラン人は頭がいいなんて言っているけど本音はどうかな。(苦笑)
Commented by elderman at 2005-12-11 19:41
Mookさん、こんばんは。^^
ヤクザの幹部ですか、ジャバ・ザ・ハットの一面を見せてしまったかな。(苦笑)
Commented by mintogreen at 2005-12-11 20:34 x
えるだまさん、こんばんわ。
またまた、質問です。
こういった、調査は以前から行われてはないのですか。
それとも、今までそういう状況ではなかったという事なんですか。
今、ようやく、こういう研究、整備がととのいつつあるのですか。
えるだまさん、本当にお疲れ様です。
美味しいお酒で、リフレーシュッ!
Commented by elderman at 2005-12-11 20:46
mintogreenさん、こんばんは。^^
交通量調査は所管の官署でやってはおりますが、環境局として自らデータを持つというところに力点を置いたのと、環境濃度を説明するのに発生源データがないのでは説得力がないという意味もあります。交通量パターンなんて分かっているものですけどね。やるべきことは分かっていてもそれができないというのが発展途上国の所以とも言えますか。関係省庁の連携はものすごく悪いのでデータの提供を求めて待っていたら、一年掛かってしまいます。(苦笑)
Commented by あじゅるえずめ at 2005-12-12 00:56 x
↑「ヤクザの幹部のえるだまさん」に爆笑!
あははっ、回りの方々組員の皆さんですか?(笑)
Commented by elderman at 2005-12-12 01:01
あじゅるえずめさん、なはは。(笑)
周囲の髭もじゃ顔がヤクザを連想させるのかもね。みんな優しくていい人たちなんですけどねぇ・・・ え?私だけの問題ですって?(爆)
Commented by nekosiro at 2005-12-12 01:36 x
えるだまさんって、こういうお仕事をしているんですね~初めて知りました。テヘランの大気汚染は本当にひどいらしいですもんね。大切な仕事ですね。
2枚目はどれがえるだまさんかわかりませんでしたよ~(笑)
Commented by elderman at 2005-12-12 01:41
nekosiroさん、こんばんは。^^
あらま、私って分からないんですかぁ。困ったもので。(苦笑)
いつも微笑みを絶やさずですか・・・ ちと難しいけどね。(汗)
テヘランの大気汚染はこの1週間最悪でしたね。私は今はテヘランの面倒を見ている訳ではないのですが、久し振りに行ってみたら、まだまだ頼りないなぁ・・・ 困ったもので・・・
Commented by japonikk-la at 2005-12-12 04:31
夜間担当の方、なかなかハンサムですね。すんませんこういう所ばっかり目が先にいってしまいます。
一番理解したのがその道の専門家の方より、秘書のアツーサさんとはちょっと先が心配ですね。
Commented by kaze at 2005-12-12 08:04 x
このシリーズは特に興味を持って見ています。
大気の専門家は様々な知識がいるのですね。
特に気象などの知識は気象予報士になれるくらいいるのでしょう。
海外にいれば他の専門家の知識も頼れないですね。

大変ご苦労をされていることがわかります。
Commented by elderman at 2005-12-12 10:19
japonikk-laさん、そうですか。(笑)
私には男性のハンサムというのはよく分からないので何とも言えません。(笑)
秘書のアツーサは通訳をやりながら、中身を理解していくし、同じ内容を何回も通訳していれば一番詳しくなるのは自然ですけどね。
Commented by elderman at 2005-12-12 10:22
kazeさん、おはようございます。^^
環境という分野は新しいので、学際的なものが多く、専門一筋という訳にはいかないものです。
気象については、日本で就職した最初の一年、専門家の下で教育されました。天気図くらいは高校のときにやったことはありましたけどね。


<< トウヒード広場の夜景(イラン)      ケルマン州の花(3)コスモス >>