えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 10日

手作りアクアヴィット

私はウオッカはあまり得意ではありません。カクテルにしてしまえばなんとかいけますが、カクテルもあまり作りませんから、ウオッカはなんとなく残ってしまいます。イランではウオッカは割合手に入れやすいアルコールなので美味しい飲み方ができればいいなと考えていたところでした。

先日、ケルマンのバザールでアニス・シードの美味しいものをみつけ買って来ました。もちろん、そのままつまみとして食べようと考えたものです。そのままつまみとして食べると言っても少量あればいいので、結局はたくさん残ってしまいます。そんなことを考えているときにふと閃きました。

以前、家内がイランに来たときに何を考えたのか、緑茶のティーバッグを作るという紙の袋のようなものを持参したことがあったのです。イランにはちゃんと急須はありますし、茶漉しもあるので無用の長物と考え、棚の中で眠らせていたものでした。閃きというのはそのティーバッグにアニス・シードを入れて、ウオッカに浸すというものです。上手く行けば北欧で楽しんだアニス味のアウアヴィットが作れることになります。ドバイでベリーダンスを楽しんだときにアニス・リカーを飲みましたが、最悪でもそのくらいの味にはなるのではないかというものです。

アクアヴィットのアニス味のものはどうやってアニスの味を抽出するのか知りませんが、まさかシードをそのままアルコールに漬けるものでもないのでしょう。早速少し残っていたウオッカのビンにアニス・シードの入ったティーバッグを漬け込みました。いったい何日でいい感じになるのかと思っていたところ、今日まだ24時間しか経過していないのにすっかりアニスの味がウオッカにしみだしていました。^^

新鮮なアニス・シードの味のリカーが出来上がりました。ウオッカというのはもともと活性炭で臭いを消してあるものですから、完全にアニスのフレーバーです。買いたくても買えなかったアクアヴィットのアニス味がちょっとした思い付きで作れてしまいました。もちろん、ウオッカの買い増しをシェフに頼んだことは言うまでもありますまい。^^

これで北欧のニシンの缶詰でもあれば、バッチグーです。幸い、日本食材を売っている店にノルウェー産のニシンの缶詰が売っているので、望むものが整いそうです。飲兵衛というのはこういうところでささやかな幸せを味わえるものです。日本では香り豊かな新鮮なアニス・シードを買うことが難しいかも知れませんね。

(写真はアクアヴィットのアニス味です。スウェーデンで撮影したものです。)
e0031500_22302154.jpg

(ノルウェーでアクアヴィットを楽しんでいる写真がありました。^^)
e0031500_23295859.jpg

(アニス・シード)
e0031500_1264149.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-10 22:30 | えるだまの観察 | Comments(12)
Commented by mintogreen at 2005-12-10 23:10 x
えるだまさん、こんばんわ。
その閃きが、ますます、えるだまさんを酔わせてるんだな?
Commented by elderman at 2005-12-10 23:16
mintogreenさん、こんばんは。^^
はい、今、アニス・ウオッカを楽しんでおります。うっしっし(笑)
Commented by mintogreen at 2005-12-10 23:42 x
なになにー!
一人で飲んでる訳ないよな~。
顔、にやけてま~す。^^
ピンクのシャツ、見つからなかったのか~~~~?
Commented by elderman at 2005-12-10 23:47
mintogreenさん、あはは、誤解のないように。(笑)
北欧旅行は次男坊と一緒でした。写真を撮ったのは次男坊です。
ピンクのワイシャツは古くなったので日本に持ち帰ってポイッだったかな。
Commented by japonikk-la at 2005-12-11 01:11
アニス・シーズとやらはどんなのですか? なんか想像ができないけれどもお酒が苦手な人でも飲みやすいのかしら。カクテルみたいなかんじかな? できればアニス・シーズの写真もアップして下さい。
Commented by elderman at 2005-12-11 01:30
japonikk-laさん、おはようございます。^^
アニスはセリ科の植物です。小さな種子(アニス・シード)は甘い香りの香辛料としてお菓子などに使われるものです。とは言え、馴れない人にはかなり強烈な香りだと感じられると思います。言わば大人の味なので、一般受けはしないかも知れません。ジンの香りが好きな人なら多分好きだと言うんじゃないかな。ちょっと違う香りですけどね。
Commented by aki at 2005-12-11 01:59 x
風邪で一日中寝てたらもう朝かと思って目が覚めてしまいました。
あーこんなとき、私も飲兵衛だったら一杯やりながら、体を温めることも可能でしょうにねー。うらやましいことです。
Commented by elderman at 2005-12-11 02:03
akiさん、大丈夫ですか?
いくら飲兵衛でも寝過ぎた後に飲んでも眠くはならないと思いますけどね。(笑) 体を温めることはできるでしょう。^^
集中したりすると熱が上がりますから、ぼーっとしているのが一番いいかも知れません。どうぞ暖かくしてぼーっとしていてくださいな。^^
Commented by japonikk-la at 2005-12-11 09:01
写真ありがとうございます。これってもしかしたらイラン人がお客さんなんかが帰った後とか邪視よけの為に燃やして家のお払いなんかをするもかしら。どっかでみた事があるんですが。
それから味は大人の味ならばアルコールの味が苦手な私には駄目でしょうね。でもウオッカでつくるアップルマーガリッタとかホワイトロッシャンやカルーアクリームなんか大好きです。
Commented by elderman at 2005-12-11 11:01
japonikk-laさん、アニスを燃やす?イラン人に聞いてみましょう。
キャロウエイの味に少し似ているかも知れません。クッキーなんかに使うものご存知でしょう。もっと癖が強いですけどね。
Commented by BUBU-photo at 2005-12-12 10:20
アクアヴィット、懐かしいですねぇ。おおむかしに飲んだきりです。おみやげでもらったものなので、どんな味だったかよく覚えていません(^^;)
アニス味のアクアヴィットですね、覚えておきましょう♪
Commented by elderman at 2005-12-12 10:25
BUBUさん、ドイツなら買えるでしょうに。^^
ま、いつでも買えるという環境だとそれほどほしくはならないという程度のものですけどね。
アクアヴィットもウオッカの一種でしょうから、味はいろいろじゃないでしょうか。^^


<< タイの花(10)ブーゲンビレア      専門家活動の紹介(2)業務開始 >>