えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 10日

専門家活動の紹介(2)業務開始

問題点を発見したところで、次は問題解決のためのアプローチです。どうして測定値に異常値が多いのかを調べなければなりません。メンテナンスを委託されている会社の技術者と原因究明をしました。その結果、スペアパーツが古く、故障が起きると、部品調達までに時間が掛かり、異常値が放置されると言う問題もありました。その他、測定レンジの調整のための標準ガスが期限切れだったり、停電による不具合などの問題が明らかになったのです。

(サンプリング・チューブのチェック)
e0031500_1448878.jpg

(コンバーター不具合の修理)
e0031500_14483894.jpg

専門家としての対応:
・スペアパーツの手配、十分な予算の手当てについて州局長に文書で要請
・当座の測定精度の向上のため、必要最低限のスペアパーツの購入手配
・C/Pに対して異常値発見のための常時監視の必要性の提案

テヘランの大気汚染発生源についても調査する必要があるので、主要な発生源について現地視察を行いました。自動車以外の市内にある大規模発生源は、発電所、製油所、セメント工場、煉瓦工場がありましたが、テヘラン全体に影響を及ぼすほどのものではありませんでした。テヘランの大気汚染は自動車交通公害であることが確認できました。

(製油所)
e0031500_14485931.jpg

(セメント工場)
e0031500_1551816.jpg

(煉瓦工場)
e0031500_14494785.jpg

テヘランの大気汚染の発生機構を知るためにはこの地域の気象情報が重要です。私は気象局を訪問し、この地域の気象特性について情報収集をしました。その結果、この地域の季節風、乾燥の理由などを知ることができました。砂漠気候の地域ですから、東京と同じ緯度だと言っても同じ特徴を持っているとは限りません。実際、アルボルズ山脈とザクロス山脈の存在は大きな影響を持っているのでした。カスピ海のあるアルボルズ山脈の向こう側では日本のような気候であることを知ったのもこの時でした。

(気象局)
e0031500_1450683.jpg

(つづく)
[PR]

by elderman | 2005-12-10 14:50 | Comments(26)
Commented by anjoy24s at 2005-12-10 15:18 x
eldermanさん、
最初の三行を読んだだけで 「ないよりまし」 というコメントの意味がわかりますね(笑)。 なんだか、そもそもこの大気汚染測定装置の精度が心配になったきました、私としては(笑)。 例えば、テヘランならどのくらいの値が正確な値なのかを知る手段は? 
Commented by elderman at 2005-12-10 15:22
anjoy24sさん、そうでしょう。(苦笑)
私はあちこちの国の大気汚染の状況を見て来ていますから、だいたいどの程度かというのは様子を見れば分かるので、こんなに高いはずがないとかその逆も見当はつけられます。問題はモニタリングをやっている担当者にその目がないということなんですね。ですから、大気汚染の発生機構などの講義が必要になる訳です。
Commented by anjoy24s at 2005-12-10 15:48 x
eldermanさん、
装置はいい加減、モニタリングの担当者は判定能力がない(笑)・・・・・・・それじゃ、とりあえず大気汚染測定装置があることはあるけれど、一からでは無いにせよ、相当な再教育が必要ってことですか。 技術移転って簡単に言うけれど改めて大変なお仕事なのですね。 ところで、eldermanさんが信頼性が無いと指摘された測定結果は、高めの値が並んでいたのですか、低めですか、それとも高かったり低かったり、ひっちゃかめっちゃか?(笑)
Commented by elderman at 2005-12-10 15:58
anjoy24sさん、ま、そういうことですね。(苦笑)
データには多くの異常値が見られました。高いのもあり、妙に低いのもあり、いろいろです。これで統計値なんて出しても意味がありません。早い話が、現在の大気汚染がどのくらいなのかすらよく分からない有様です。専門知識を与えないと、このままの状況がずっと続くことでしょう。発展途上国ではよくあることなんです。まずはきちんとした測定結果がないことには大気汚染防止もなにも動かしようがないじゃありませんか。(苦笑)
Commented by untikusai at 2005-12-10 16:48 x
えるだまさんの仕事振りが伺えます。ご苦労様です。
専門家とはゼネラルマネージャーもしくはオールラウンドプレイヤーでしたか。(*^_^*)
Commented by anjoy24s at 2005-12-10 16:57 x
eldermanさん、
稿を読ませていただいてから改めてお写真を見ると、二枚目のeldermanさん、心なしかやつれておいでのような(笑)。
Commented by aki at 2005-12-10 17:39 x
自動車の排気ガスによる大気汚染はどこの国でも深刻みたいですね。
昔父が製油所からの大気汚染を減らすための装置の開発に携わっていたことがありました。あのころは公害=工場みたいに思っていましたが、
いまや個人レベルの問題のほうがずっと大きいように思えます。
Commented by elderman at 2005-12-10 19:12
untikusaiさん、ありがとうございます。^^
環境の専門家というのは、専門だけでなくさまざまな分野の知識を必要とするものです。大気汚染だけでなく、気象、統計、物理、経済、土木・建築、都市計画、工業、化学、法律などなどでしょうか。
Commented by elderman at 2005-12-10 19:13
anjoy24sさん、そうかも知れませんね。
この頃は絶望的な状況ですから、いささか嫌になっていたかも知れません。(笑) でも、今より体重が数kgは軽かったはずだから、そのせいかもね。(苦笑)
Commented by elderman at 2005-12-10 19:15
akiさん、そうですね。^^
自動車交通公害は発生源が身近にあるものですから、影響も大きく、加害者がまた被害者でもあるというやっかいな問題を持っています。工場は問題の箇所を探して対策をとれば解決しますが、自動車の場合には簡単にはいきません。
Commented by Mook at 2005-12-10 19:29 x
すげっ(^^;
Commented by elderman at 2005-12-10 19:32
Mookさん、こんばんは。^^
すげっ(^^; ・・・ですか。(苦笑)
Commented by あじゅるえずめ at 2005-12-10 20:50 x
えるだまさん、こんにちは。
テヘランで走っている車を見ると、大気汚染の原因は自動車公害というのも納得できます。
二枚目の写真でやつれているように見えるのは、たまたま回りに美女がいなかったからでしょ(笑)
Commented by elderman at 2005-12-10 20:54
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
あはは、確かにこの時は女性はいませんでした。(苦笑)
Commented by mintogreen at 2005-12-10 23:36 x
自分たちの生活からは、無くてはならない物になった自動車の利用の仕方、生産力への国の方針(ハイブリットカーの生産の援助)など、国はもっと考えていただきたいと思いますが、お金何処行っちゃうんだろうな。
こんなに、えるだまさん達が一生懸命取り組んでいるのに、もっと予算くれ~! ハイテク機械入れてくれ~!
Commented by elderman at 2005-12-10 23:44
mintogreenさん、問題の解決はなかなか難しいものです。
自動車のエンジンの改善のための技術は先進国にありますが、米国の技術封鎖のお陰で外部から導入できません。ならば、自力でエンジンの性能改善ができるかというとそれは相当難しそうです。肝心の自動車メーカーのエンジニアが向上させる気がないというのが一番の問題だと思っています。そして未だに走っている古い車の問題です。古い車は一番の発生源ですが、貧しいユーザーが多いので走行規制対象にすることもできません。経済状態が良くなって多くの人が新しい車に買い換えればいいのですが、イランでは30年も車を大事に使いますからなかなか代替が進みません。イランの石油収入は燃料の補助金として使われているので原価を割って販売されています。これも貧しい人たちのための政策です。1リットル7円くらいですから、信じられない値段でしょう。自動車は税金がいっぱい掛かるので、80万円以上します。彼らの年間所得が30万円くらいだと考えればいかに高い買い物か分かるでしょう。
Commented by mintogreen at 2005-12-11 01:04
私たち日本人の多くは、このような厳しい現実に直面していない(もちろん
別のまた辛い社会問題もありますが)せいか、つい、自分の目線で物事を考えがちですね。(反省)
ここでも、やはりアメリカが、こうでているのですね
車一台もこんなに大切に乗って、それが逆に影響をあたえるなんて、どうにもこうにも、一般庶民がここでも、苦しい立場で・・・。たまらない。
やはり、指導者がもっと真剣に取り組んで欲しいですね。
Commented by elderman at 2005-12-11 01:16
mintogreenさん、では、もっと言いましょうか。^^
イランの今の指導者はイスラム教を信奉する保守強硬派です。米国は敵国としてみなしています。最近はイスラエルは今の場所から出て行ってヨーロッパから国土を分けてもらうべきだなんて発言しています。彼の主張が100%間違っているとは言いませんが、それほど現実から目を逸らした為政者が政治を行っています。米国のやり方もひどいと思いますが、それゆえにまたそれに反発する国も出てくるというものでしょう。そしていつの時代でも被害者は庶民ということになります。イラクでも庶民の犠牲者が何人でたことやら・・・ ここ60年間日本に戦争がないとは言え平和ボケはいけません。
Commented by japonikk-la at 2005-12-11 09:11
おやつれのお写真、私はお酒の飲み過ぎかしらと思ってしまいました。
テヘランはお椀の様な地形だから悪い空気が皆こもっちゃうそうですね。京都みたく盆地ということですか?とにかく理由は車とはっきり分かっているのにそこから進まないというのは本当に辛いですね。
Commented by elderman at 2005-12-11 11:06
japonikk-laさん、この時は二日酔いだったかなぁ・・・・?
テヘランはお椀のような地形ではないですけど、北側と東側には巨大な山があって風の吹き抜けを難しくしています。普通の日の大気汚染の原因は主として自動車の排気ガスなのですが、この1週間の最悪状況下においては自動車だけが発生源ではないようです。特別な気象条件の下で大気汚染物質が拡散しなくなっていて、工業地帯からの大気汚染物質と思われるものが測定されています。
Commented by mintogreen at 2005-12-11 21:10 x
えるだまさん、ご説明ありがとうございます。
日本は、今まさしく、平和ボケ真っ只中。しかし、これから、大変な時代に突入しようとしています。
法の改正など特に。国民に違う方向を向かせている間にいろいろな事を
着々と準備している気配が・・・。
一番怖いのは、共謀罪とやらですね。
この、ブログを楽しむのも、そのうちに・・・と思うと、ぞっとしますね。
戦争中より、怖い事になりそう。
何せ、電波ですからね。一目瞭然ってことになる恐れあり。
Commented by elderman at 2005-12-11 21:19
mintogreenさん、大変な時代になりそうですね。
何が正しくて何が間違っているのかIT時代で却って分からなくなっているというのは面白い現象だと思います。
このブログもいずれ閉鎖かな?(笑) そうなったら本当に何かが間違っているのでしょう。(苦笑)
Commented by anjoy24s at 2005-12-12 09:03 x
eldermanさん、
なんだかeldermanさんのイメージ、 すごいところで定着しているような気配(笑)。 
Commented by elderman at 2005-12-12 10:28
anjoy24sさん、すごいところ?(笑)
私は極めて中庸な考え方をしていると思っています。イランの指導者が100%変だとも思っていないし、米国のやり方が正しいものだとも思っていません。ま、どれもあまり信用していないということはありますが・・・
Commented by anjoy24s at 2005-12-12 16:32 x
eldermanさん~ってば!
eldermanさんは、「美女が周りにいると元気になる」、eldermanさんがお疲れモードに見える時、それは 「実は前の晩飲み過ぎての二日酔い」・・・・・・・・かもしれない(笑)。
Commented by elderman at 2005-12-12 16:34
anjoy24sさん、なんだ、そっちですか。(笑)
たいしてすごくないじゃないですか。(笑) ま、そんなもんでしょ。 v^^;


<< 手作りアクアヴィット      ケルマン州の花(2)セイヨウアブラナ >>