えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 08日

パキスタン編(9)お礼

大きなカルチャーショックのひとつにイスラム教徒のお礼があります。発展途上国ではよく見られる光景ですが、人の通行の多いところには乞食というか物貰いの人がいます。ムスリム(イスラム教徒)の彼らに気の毒だと思ってお金を上げても、お礼は言わないものなのです。ましてや少な過ぎるお金では彼らの怒りを買ってしまいます。

我々日本人はまず彼らの考え方を知る必要があるようです。貧しい人にお金を恵んだりすることは、イスラム教であれ善行であることに変わりはありません。善行を行なったのはお金を恵んだ人ですから、その善行によりさらに天国に近くなったということになります。善行をさせたのは、お金を恵んでもらった物貰いですから、その善行をさせてもらった方がお礼をいうべきという考え方なんですね。ですから、お金を恵まれた物貰いさんは、決してお礼を言わないのです。

豊かな者が、貧しい者に施しをするのはイスラム教では当然と考えられています。パキスタン政府も当然そういう考え方ですから、経済大国である日本はいったい何をしてくれるのって正々堂々と主張してきます。知らないでそういう態度をみるとびっくりするものです。

どうか彼らイスラム教徒の態度を不遜とは思わないでくださいね、そういう考え方が背景にあるのですから・・・ 日本人でもいろいろな考え方がありますが、世界はもっと広い!
[PR]

by elderman | 2005-12-08 00:02


<< タイの花(7)プルメリア・ルブラ      テヘランの大気汚染(イラン) >>