2005年 12月 07日

テヘランの大気汚染(イラン)

この話題は頭の痛い問題ですが、紹介しない訳にもいかないでしょう。今日は大気汚染がひどいため、学校、官公庁は休日になりました。私は大気汚染対策の専門家なので、そんな休日を喜んではいられません。実はテヘランではこの一週間ほど大気汚染の状況が最悪に近いものでした。大気汚染物質は一酸化酸素で自動車の排気ガスに含まれているものです。

イラン製の自動車の排気ガスには高濃度の一酸化炭素が含まれていて、これがテヘランの大気汚染の原因になっているのですが、そもそも一酸化炭素というのは不完全燃焼によって発生するものですから、日本の自動車の常識から考えたら過去の遺物のようなものです。日本の自動車は不完全燃焼なんて燃費悪化の原因ですから、20年以上も前に問題解決されています。

テヘランでは悪質なガソリンと劣悪な自動車エンジンがいまだに一酸化炭素という大気汚染物質をばら撒いているのです。近年、政府のいろいろな努力の甲斐もあり、新車への代替も進んだため一酸化炭素により大気汚染が改善傾向にありました。

テヘランの気候では一年を通じて秋と冬の境目、丁度今の時期が一番大気汚染に危険な気象条件が整います。風が弱く、大気が安定した日が続くからです。大気汚染については大気が安定するというのは非常にまずいことでして、雷雨のように不安定な状態が逆に好ましいものなのです。不安定な状況では大気汚染物質が簡単に吹き飛ばされてしまうからです。

私は今回のこの最悪の大気汚染について、スケールの大きな気象現象がもたらしたものだと考えています。まだ、詳しいデータを見ていないので断定はできませんが、相当大きなスケールで大気の安定層が形成されているようです。要するに大気汚染物質が逃げていかない構造をしているということです。普通、日中には大気汚染物質は上空に拡散してしまうのですが、それがないのです。
e0031500_20255365.jpg

e0031500_20262499.jpg




大気汚染のせいで学校や官公庁がお休みになりましたが、日没の頃には大気汚染問題は一段落したようです。大気汚染のせいで夕日が赤いものの、地平線近くまで夕日が見えるのですからまずは深刻な状況は一段落したように思われます。
e0031500_22304464.jpg

(写真の撮り方では綺麗に見えますけど・・・)
e0031500_2252296.jpg

(よく見るとまだ大気汚染が見えます。)
e0031500_22524844.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-07 20:26 | 日々の雑感


<< パキスタン編(9)お礼      マクロレンズの世界(18)バーベナ >>