えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 07日

酸っぱくないレモン

先日から話題になっている「酸っぱくないレモン」をご紹介いたします。私は4年間もイランにいながら、このタイプのレモンの存在を知りませんでした。今回の話は、私がイラン人秘書に「イランに何種類のレモンがあるのか」という質問に端を発したものでした。4種類のレモンについて説明してくれたのですが、その中に「酸っぱくないレモン」というのがあったのです。

当初はレモンではない違う種類の柑橘類のことかと疑いましたが、説明を聞いているうちにどうやら本当にレモンらしいと思われ、「では、試食してみないと」という話に発展したのでした。翌日がケルマン州への出張だったのですが、一人の女性スタッフが飛行場に持参してくれると言うので楽しみにしていました。

出張の朝、飛行場でレモンのことを尋ねると、彼女はすっかり忘れていたようで飛行場での試食は残念ながらできませんでした。がっかりする間もなく、出張先のケルマンが話題の「酸っぱくないレモン」の産地だということが分かりました。ラッキーだったようです。

ケルマンに着いて車で移動中にも八百屋さんにいてある柑橘類が目に入りましたが、まずはこの日の仕事をこなさないといけません。「酸っぱくないレモン」の味見はちょっとお預けということです。初日の業務をこなして、ホテルに向かう途中で車が八百屋さんの前で止まってくれました。同行のイラン人スタッフが運転手に頼んでいてくれたようです。

八百屋さんには「普通のレモン」、「酸っぱくないレモン」、「オレンジ」、「グレープフルーツ」などが置いてありました。「酸っぱくないレモン」は説明のとおり、ちょっと出っ張ったところがあって全体に丸い形です。出っ張りのないものもありました。「酸っぱくないレモン」は果物のように綺麗になって置いてありましたが、「普通のレモン」はまるで野菜のように置いてありました。

(酸っぱくないレモン)
e0031500_15243536.jpg

(普通のレモン)
e0031500_15251653.jpg

ホテルに着いてチェック・インの後ランチの時間なので、私はスタッフの買ってくれた「酸っぱくないレモン」をホテルのレストランに持参して行きました。食べ方を教えてもらわないといけませんからね。イラン人スタッフがナイフで4等分に切って、そのままざっくりと食べるのだと教えてくれました。私がミカンのように食べようとしたところ、中身をすべて食べようとしないで、水分だけをとればいいとのことでした。まるでジュースのような感覚です。

肝心の味ですが、私の予想した「気の抜けたレモン」という感じは否めません。とにかく全然酸っぱくないのです。酸っぱくないレモンというものを日本人はちょっと想像できないかも知れませんね。甘味はそれほどありませんから、酸っぱくない薄いレモンジュースのような感じでしょうか。

この「酸っぱくないレモン」、切ったら直ぐに食べないと苦味が出てくると言います。私はそこまで味見しませんでしたが、どうやら鮮度が命のようです。淡白な味のこのレモンが多量のビタミンCを含んでいるとはピンと来ませんでしたが、イラン人スタッフによると確かにビタミンCが多いとのことでした。

(酸っぱくないレモンの中身)
e0031500_15255427.jpg




(オレンジ)
e0031500_15353055.jpg

e0031500_1536521.jpg

(グレープフルーツ)
e0031500_15371483.jpg

[PR]

by elderman | 2005-12-07 15:26 | えるだまの観察 | Comments(14)
Commented by japonikk-la at 2005-12-07 15:53
どうですか、私の説明的確だったでしょ! 皆さん
でも見ただけで甘いレモンって知っていても日本人の私は唾液が出て来てしまう!
Commented by elderman at 2005-12-07 16:29
japonikk-laさん、こんばんは。^^
はい、まったくそうでしたね。^^ ご主人がイラン人でこのレモンを知っているんですもの、そして実際に食べているのですから、正確な描写はできるでしょう。^^
このレモン、酸っぱいだろうと期待して口にするから、なんか裏切られたような気がしますけどね。(笑)
Commented by anjoy24s at 2005-12-07 16:54 x
eldermanさん、
お疲れのところ本当にありがとうございます。 ケルマンが 「甘いレモン」 の産地だったというのは私にとってもすご~くラッキーでした。 形は本当に丸いんだぁ。  話が解らないでこの写真だけをみたら 「ちょっとオヘソのあるグレープフルーツ?」 と思ってしまうかも。 しかも食べ方も 「所変われば」 なんですね。 やっぱり 「気の抜けたレモン」 なのねぇ。 「酸っぱくない薄いレモンジュース」・・・・・・・あ~~ん、eldermanさんがおっしゃる通りやっぱり日本人の私には 「酸っぱくないレモン」 というところで立ち往生してしまう~~(笑)。 そして japonikk-laさんと同じ・・・・酸っぱくないといわれてもやっぱり唾液が出てきます~(笑)。 でも 「酸っぱいレモン」 ジュースより断然飲みやすそうだし、eldermanさん、これからの季節風邪の予防にいいかもしれませんね。^^ 本当に私たちブログ読者のためにリポートありがとうございました。 japonikk-laさん、さっすが~~!!(笑)
Commented by elderman at 2005-12-07 17:01
anjoy24sさん、こんにちは。^^
イラン人スタッフがレモンを持参するのを忘れてしまいましたが、出張先のケルマンがレモンの産地だったのはラッキーでした。^^
写真では大きさがよく分からないかも知れませんね。普通のレモンより少し小振りです。6cmくらいが平均的な大きさだと思います。テヘランでも買えるそうですが、レモンはやっぱり酸っぱい方がいいなぁ。(笑)
Commented by pipuko at 2005-12-07 18:05 x
すっぱくないレモンなんてあるんですね~(*^_^*)
もの心ついたときから柑橘系が大好きなので、ぜひ一度試してみたいものです。
酸っぱくなくても、やっぱり味はレモン味なんですよね・・・?
すっぱい=レモンなので、なかなか想像が難しいです。
Commented by elderman at 2005-12-07 18:26
pipukoさん、こんばんは。^^
酸っぱくないレモン味、面白い表現になりますよね。(笑)
気の抜けたレモン・・・ これも変な表現ですけど。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-12-07 23:39 x
おかえりなさい。
酸っぱくないと言われても、
やはり、唾液がでてしまう、、、
Commented by elderman at 2005-12-07 23:49
猫姫さん、そうですね。^^
面白いものですね。梅干効果とでも言いましょうか。(笑)
だから実際にこの酸っぱくないレモンを食べると肩透かしというか、そんな感じになります。(笑)
Commented by あじゅるえずめ at 2005-12-08 00:50 x
えるだまさん、おかえりなさ~い!
すっぱくないレモン、みなさんが書いていらっしゃるように写真を見ると唾液がぁ~(パブロフの犬状態)
今日、大使館でイランの冬至の講演を聴いたのですが、その中で「りーむーしーりーん」という名前が出てきてこれがえるだまさんの書いていらっしゃるすっぱくないレモンのことだなと思いました。
Commented by japonikk-la at 2005-12-08 09:17
えるだまさん、このレモンの名前ここではみんなもう甘いレモンって呼ばず酸っぱくないレモンで覚えてしまってますよ〜。
Commented by elderman at 2005-12-08 11:16
あじゅるえずめさん、こんにちは。^^
そうですね、レモンというものは酸っぱいものだともう条件反射で反応してしまいますね。ところがそうじゃないということになると、頭が混乱するようです。(笑)
Commented by elderman at 2005-12-08 11:19
japonikk-laさん、問題がありますか?
「甘いレモン」と呼ぶと多くの日本人は酸味プラス甘味と解釈してしまうのではないでしょうか?レモンらしさがないのは酸味がないということなので、正確な表現だと思っています。英語でもどうでしょうねぇ。どちらがペルシャ語に通訳されて伝わるのかイラン人に聞いてみましょう。
Commented by japonikk-la at 2005-12-08 11:46
ちなみに英語で夫はスイートレモンって言いますよ。
問題は無いって言えばそうですが、イラン人は甘いものとして理解しているみたいなんでね。
Commented by elderman at 2005-12-08 11:49
japonikk-laさん、そうですか。^^
甘いレモンと訂正した方がいいのかな?


<< マクロレンズの世界(18)バーベナ      タイの花(6)ニオイバンマツリ >>