えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 29日

習慣の差(4)イラン

やれやれ、この話の続編がないことを期待していたのに、またまた、問題が起きてしまいました。今度は、旦那の方が、さらに3か月分のデポジットを要求してきたのです。理由は申し上げるもなく、例の頼みもしない豪華な家具です。高価な家具だから、保証のために払って欲しいと言う要求(お願い)なのです。このような人ですからデポジットに応じたら、難癖を付けられてお金が返らないことは大いに考えられることです・・・・・

奥様も奥様なら、旦那も旦那、同じ穴の「むじな」ってところでしょうか。この背景には予想以上の支出があったからに他なりません。もちろんその理由は奥様が自分の好きなように家具を調達したからです。どうもはるかに予算をオーバーしたらしく、その結果今度の話になったと思われます。

さすがに日頃は温厚な(?)えるだまも遂に怒りました。そこで、二つの選択肢を提案したのです。一つ目は、豪華な家具を全部運び出すこと、二つ目は、合意の下に直ちに私が他のアパートに移ること。この2点の選択を迫ったのです。さあ、どうなることやら・・・・・・・・

結局、旦那さんがあっさり引き下がってしまいました。・・・なんだったんだろ?使用人の話しによると、どうもこちらが下手に出ていると、イラン人はどんどん何かを言って来るようなんです。やれやれ、なんて言う国なんでしょうかねぇ・・・・実際問題、私の一人の生活では豪華過ぎる家具はいらないのですけどねぇ。



その後、もう大家さんとのごたごたはなくなりました。そして4年目に突入しております。もちろん家賃の値上げは一切拒否です。1ドルでも値上げしたら即刻他のアパートを探すと宣言しています。私は単身赴任で一人暮らしですから、アパートも汚れないし、家賃の滞納もないし、こんな上客を手放す訳はないでしょう。
[PR]

by elderman | 2005-11-29 00:02


<< ベトナムの花(21)イクシア      嘘のような本当の話・・・日本と... >>