えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 26日

公園にいた黒猫

なんか猫シリーズになって来ましたが、今回は黒猫です。公園にいた猫ですが、ニャァと鳴いて何かを言いたそうでした。ペルシャ語だったようで何を言いたいのか分かりませんでした。
e0031500_1618683.jpg

e0031500_16183719.jpg

[PR]

by elderman | 2005-11-26 16:18 | 日々の雑感 | Comments(16)
Commented by untikusai at 2005-11-26 17:38 x
家に黒ちゃんという黒猫がいました。お返事猫とあだ名していました。
猫は人の言葉は理解してませんが、感情は伝わっているようです。
猫好きの人には甘えますが、猫嫌いには寄り付きもしません。
いま5匹の猫に囲まれています。(*^_^*)
Commented by anjoy24s at 2005-11-26 17:43 x
eldermanさん、
そうか、ペルシャ語でも ニャァ なのね(笑)。 なんだか親近感を持てていいな、ミュゥ、ミュゥ よりも(笑)。
Commented by ひよこ.com at 2005-11-26 17:43 x
ちは!
わしじゃ。その手に持っているものをよこさんか!
とのたまっておるのじゃよ。
Commented by elderman at 2005-11-26 18:13
untikusaiさん、そうなんですか。^^
動物を飼うと外出できなくなりそうですけどね。日本の家には猫がいたのですが、突然消えてしまいました。もともと野良猫なんですが、事故にでも遭ったのかなぁ。
Commented by elderman at 2005-11-26 18:15
ひよこさん、こんにちは。^^
私たちは何も手に持っていなかったような・・・ 目線は秘書の方を向いていますね。「何か文句あっか」とでも言っているのかな。
Commented by elderman at 2005-11-26 18:16
anjoy24sさん、それは私の耳にそう聴こえただけでして・・・ (汗)
ペルシャ語では、「ミャァオ」と鳴くのだそうです。^^
Commented by あじゅるえずめ at 2005-11-26 22:20 x
えるだまさん、こんにちは。
ネコちゃんはですね、「冬のテヘラン、ノラネコ暮らしは、辛いにゃあ」と訴えております(たぶん)
Commented by elderman at 2005-11-26 22:23
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
もうこちらも暗くなり始めました。現在午後5時です。山の上の方には太陽光線が当たっていますが、市内は夕暮れです。
そう言えば、野良猫たちは冬はどうして過ごしているのでしょうねぇ。雪まで降って寒いのですが、どこで寒さをしのぐのでしょうねぇ。
Commented by brue-nile at 2005-11-26 22:42
わ~!可愛いねこさんですね。上の写真、尻尾が見えないのが残念ですね!さてペルシャ美人を拝見しました。
わたしの所のプリントも、全部Mahmoud Farshchiannでした。その中で一番好きな作品が「A Picture of Affection,1992」です。他の美人画の顔とは一寸違って、とっても可愛らしい色白の美人なんですよ。作品は卵形の画面に描いてあります。この作品は「NEGAR BOOKS]と言うイランの美術書or画集?に掲載されている様です。
Commented by elderman at 2005-11-26 22:49
brue-nileさん、こんばんは。^^
今、オフィスから帰って来たところです。野良の黒猫、可愛いですか。なんかおっかない雰囲気ですけど。(汗) その後の様子では敵意はなかったようです。^^
ファルシチアン画伯の美人画は殊更有名ですものね。「A Picture of Affection,1992」という作品、探してみましょう。彼の作品は若い頃のものが良いように感じています。
Commented by anjoy24s at 2005-11-26 23:00 x
eldermanさん、
私の知り合いの女性のお宅にはいつおじゃましても必ず二匹の猫がいます。 でもその度に違う猫なの。 始まりは、ある日彼女のお宅の庭に野良猫が来るようになり、動物好きの彼女は毎日食事を用意してあげていたの。 そのうちその猫は彼女の家猫になったので、彼女は猫が自由に出入り出来るように小さな猫用出入り口を作ってあげました。 するとある日もう一匹の猫が棲みつくようになり、彼女は暫く二匹の猫を飼っていたのだけれど、ある日そのうちの一匹が姿を消すと入れ替わるように別の猫がやって来て・・・・、不思議な事に決して三匹にはならないの。 一匹がいなくなると次の一匹がやって来る。 彼女はそれぞれの猫達に避妊手術をしてあげて、いつも二匹の猫と暮しています。 もうかれこれ20年になるかなぁ。 猫って不思議です。 きっとeldermanさんのお家からいなくなった猫ちゃんも、どこかのお家で元気に暮しているんじゃないでしょうか。
Commented by elderman at 2005-11-26 23:12
anjoy24sさん、そうだといいのですが。
結構長いこと食事に来ていたのです。小さい頃、ずい分痩せていたのですが、大きくなると雄のせいでしょう、ボス猫のようになって来ました。しょっちゅう喧嘩がばかりしているようで生傷が絶えないような感じでした。
それが、大人の猫になると完全のボスの地位を得たようでずい分太って来たのです。そして今年の春に帰国したら、いなくなっていました。ボスの地位を追われて夜逃げしたのかなぁ・・・ あの猫は根っからの野良ですから、誰かに飼われたりはしないでしょう。犬と一緒に仲良くしていたのが微笑ましい光景でした。^^
Commented by チャチャ at 2005-11-27 00:33 x
黒猫ちゃん、かわいいですね。
テヘランの公園での出会いなんですよね?
今は亡き飼い猫にそっくりでとても嬉しくなりました^^
海外旅行に行くといつもその国の猫を写真に納める事が知らないうちに習慣化してるのですが、イランでも会える可能性があるみたいなので楽しみです^^
Commented by elderman at 2005-11-27 01:06
チャチャさん、こんばんは。^^
はい、サイー公園で出会いました。黒猫だと私には区別ができませんが、元飼い主さんだと違うのでしょうねぇ。^^
なぜかイランではどこでも猫がうろうろしていますね、大事にされているのでしょう。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-11-27 04:44 x
なんか盛んに、しゃべるのよね。猫って。
で、何を言っているのかは、だいたいわかります。
日本語だから?
Commented by elderman at 2005-11-27 08:05
猫姫さん、おはようございます。^^
そりゃぁ、猫姫さんだもの日本の猫なら何を言っているのかは分かるでしょう。ペルシャ語をしゃべる猫はどうでしょうね。


<< 習慣の差(2)イラン      イランのお土産 >>