えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 23日

タイ編(2)女性の運命

バンコクはタイじゃないですね、巨大な国際都市です。タイを語るなら、バンコクを離れないといけません。真のタイ人の生活は見えてこないですね。小数民族の住む地方もありますが、なんと言っても広大な東北地方(イサーン)に住んでいるタイ人の生活を知る必要があるでしょう。

イサーンでは、現金収入がないのです。未だに物々交換の世界にあります。あるものは米だけです。毎日の水汲みも女性の重要な仕事という状況なんです。たんぱく質が不足するので何でも食べます。今、バンコクでは昆虫食ブームですが、これらはイサーンの生活から来たものでしょう。中国でも昆虫を食べるし、日本でもイナゴの佃煮、蜂の子などがありますよね。

今回は昆虫食の話題ではありません。タイ女性の運命が話題です。このような過酷な生活環境で生まれた女性は、バンコクに仕事を求めて出てきます。もっと貧しい地域での人身売買の話はありますが、それはまた別な話題ということにしておきましょう。

女性の適正に応じて、セックス産業、居酒屋、カラオケ・クラブ、メイド、マッサージなどに分かれて仕事をすることになります。なんの取り柄もないとマッサージでしょうか。英語を話すメイドでも月給は2万円程度だし、居酒屋だと1万円程度です。バスに10円程度で乗れるし、食べ物は安いとは言え、さすがに生活はきついですね。

バンコクで働く女性はだいたいがイサーンの出身ですが、南部の方からの出稼ぎ女性もみられます。お金持ちの家に生まれたタイ女性は、いい大学に入って、いい仕事に就けますが、タイの田舎に生まれた女性は、十分な教育も受けられず、若いうちからバンコクで出稼ぎです。なんとも運命としかいいようがないですね・・・。
[PR]

by elderman | 2005-11-23 11:55 | Comments(6)
Commented by 宇宙和里 at 2005-11-23 17:12 x
なるほど~。 タイって、東南アジア・南アジアの中でも、発展している方に見えますが、都会と地方との差は、まだまだ激しいようですね。中国もそうなのでしょうけど、ホント、どこで生まれたか、で将来に渡ってかなり違いますね。それでも、タイでは、義務教育は、地方に生まれた女性でもちゃんと受けられるのでしょうか? タイは、もう、発展途上国と呼べないような感じがするのですが、地域格差があまり大きいと、その全体の底上げまでを考える時、まだまだ途上なのかな~・・・。 ガンジーでしたっけ? その国の 一番貧しい人たちの暮らしぶりを見ると、その国の文化水準が判る、みたいなことを言った人・・・。貧しいと言う中には、女性や子供の置かれている状態というのも含まれるのでしょうね。 
Commented by elderman at 2005-11-23 19:03
宇宙和里さん、そうですね。^^
バンコクだけを見ているとタイはもはや発展途上国ではないように見えてしまいますが、田舎の方ではまだまだ貧しい暮らしが続いているようです。義務教育はさすがに大丈夫ですが、高校は難しいですね。
今のタクシン首相はやり手のようなので、どこまで底上げができるのか期待したいところです。
Commented by mintogreen at 2005-11-23 20:08 x
タイ、ラオス、ベトナムというとある意味 日本の古き良き時代に戻ったような所だという事を聞きましたが、その裏ではこんな現実が。
昔も今も 貧富の差というものは 縮めたくない人々がいる以上 無くならない仕組みになっているんでしょうね。
今の日本は 心がどんどん貧しくなってゆく。 物の豊かさを知らない方が 心は豊かになるような・・・。
でも 一人ひとりがそういう事を意識し 心豊かになれるよう大切な事を大切にしながら生きてゆけばいいのですね。 えるだまさん。
Commented by elderman at 2005-11-23 21:33
mintogreenさん、どうしましょうかねぇ。
今、私たちが発展途上国で昔の日本にあったようなものを見ることができますが、その発展途上国も豊かになると今の日本のようになるような気もします。
バンコクなんて国際的大都市やテヘランのような大都市はやはり田舎とは違って来ているし・・・ かと言って、物質的に不自由な方がいいとも言えないし、難しいですねぇ。(汗)
私の異文化への興味というのは実はそういうことについての関心なのかもしれません。日本が何を失ってしまったのか、あるいはどれほどいい国なのかを再認識したいのかも知れません。
Commented by mintogreen at 2005-11-23 22:43 x
本当に 簡単な言葉では語れない程 解決し切れない事がたくさんありますね。 
あきらめてはいけないという事も みんなに伝わり広がっていく事を望みます。
えるだまさんのような方々の御努力が実をむすびますように。 合掌
Commented by elderman at 2005-11-23 22:53
mintogreenさん、ありがとうございます。^^
人一人のできることには限界がありますが、なんとかやれることを着実に進めて行きたいものです。イランでは大統領が代わり、政府のすべてがリセットされそうな雰囲気です。また一から出直しでは疲れますねぇ・・・(汗)


<< マクロレンズの世界(10)シル...      ベトナムの花(15)ヤコウカ >>