えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 23日

ベトナムの花(15)ヤコウカ

ナス科ヤコウカ(夜香花)です。別名ではヤコウボクとも言うそうです。この植物はその名のとおり夜に開花して、花の香りがたいへんに強いという特徴を持っています。原産地は西インド諸島だそうです。似た植物にイエライシャン(夜来香)というものがありますが、こちらは黄色い花でガガイモ科の植物です。

花言葉は分かりませんでした。写真はベトナムのハノイで撮影したものです。
e0031500_017898.jpg

(注)タイで撮影したものは、木が大き過ぎるのと花びらの形が少し違うので削除しました。
[PR]

by elderman | 2005-11-23 00:18 | 花と樹木(熱帯) | Comments(2)
Commented by brue-nile at 2005-11-23 02:18
モクセイ科のソケイ(Poet’s jessamine)に似てますね。ソケイ(素馨)は日本ではインドソケイと呼ばれていますよ。
Commented by elderman at 2005-11-23 04:11
brue-nileさん、それは知りませんでした。
私はインドソケイはプルメリアのことだけかと思っていました。
モクセイ科のソケイ属にはジャスミンなどがあって、形といい芳香性といい似ていますね。
タイで撮影したものはヤコウカでない可能性があるので、削除しました。モクセイ科のソケイの可能性があります。蕾がピンクならハゴロモジャスミンだと言えるのですが・・・


<< タイ編(2)女性の運命      バンコクのPCショップ(タイ) >>