えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 27日

新たな目標

Cフライト卒業の予感を抱きながら。いつものダーツバーに行ってきました。自宅の練習の成果が、果たして違った環境でどのくらい発揮できるだろうかという危惧があったからです。

ゴルフでは、練習場での成果は実際のコースで80%程度くらいしか出ないということを体感していたこともあります。ダーツの場合はゴルフほど複雑な外的要因はありませんが、メンタルな部分が指先に影響を与えるので必ずしも易しいとは言えないような気がします。

実際、ダーツバーで最初のスローをしてみると、なんだか感じが違います。ダーツバーに行く直前、自宅で予備練習をしていたにもかかわらずです。マイダーツとはいえ、やはり環境の違いがどこかに影響しているようです。

40ゲームもやって平均が100点も上がったというのに、ダーツバーではこれまでの初心者のようでした。練習の成果はいったいどこにいったのかと嘆きたいような気持ちでした。

でも、軽く遊んでいるうちに、行きつけのダーツバーということがあるのでしょう、次第にリラックスできるようになって来ました。

そして、いよいよ目標とするバーのマスターとの対戦です。これまでハンディキャップをもらってもなかなか勝てない相手です。マスターの実力はいわゆるアベレージ・クラス(Bフライト)です。

最初はウォーミングアップを兼ねてカウントアップをやってみました。私の出来は450点くらい、もちろん完敗です。このクラスとの対戦では550点前後でないと勝負になりません。;;

しかし、展開が変わったのはそれからです。クリケットで勝負をしました。最初はハンディキャップ付、そしてついにはハンディキャップなし、全勝でした。

マスターは謙虚な性格の持ち主で、クリケットの攻め方が堅い感じです。一方の私はもっぱらトリプル狙い、これを狙うのが大好きなんです。そして、妙に当たります。w

クリケットに関しては既にCフライトを卒業しているのかも知れません。自宅では周囲を傷つけるのが怖くてクリケットの練習はほとんどしていませんけどね。w

でも、"20"と"18"のトリプルの練習だけはできます、これを外してもあまり影響はありませんから。したがって、"20"と"18"のトリプルを狙うのは得意とも言えます。

そして、これまであまり好きではなかった「ゼロワン」ゲームでも対戦してみました。好調にブルを仕留められたので、有利なまま「リーチ」に到達し、最後は"48"点が残りました。"16"のトリプルが決まれば勝利です。

結果は、第一投は残念ながら"16"のシングル、残りは"32"ですから"16"のダブルで行けます。幸運にもこれを仕留めて勝利でした。^^

ダーツを始めて約2か月ですが、Bフライトのプレーヤーと互角に戦えたことに満足しました。こんなに早くそんなことになろうとは夢にも思っていませんでした。やはり、突然とはいえカウントアップで平均値が100点上がったのはまぐれではなかったようです。

マスターは悔しそうでしたが、私のためにダーツの手配やアレンジをしてくださり、実力の上がった私を認めてくださいました。「62歳の手習い」と冷やかされましたけどね。w

そして、今日からは新たな目標を掲げます。「ブル2本!」(3スローで)これが新目標です。これからがむしろ本番じゃないかな、ブル1本がアベレージクラスですから、なんとかそれを乗り越えたい、おそらく時間がかかると思います。

ゴルフでは言えば、100を切って喜ぶ時代を終えて、いよいよ90切りを狙う段階のようです。これからも順風満帆で行くはずがありません、気長に楽しみながらやって行きたいと思います。
[PR]

by elderman | 2012-09-27 09:40 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< ダーツの考察(7)      Cフライト卒業の予感 >>