えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 15日

玉山祠とホアンキエム湖(ベトナム)

ハノイ市街地の中心にあるホアンキエム湖には有名な伝説があるそうです。この伝説については後でご紹介する水上人形劇でも紹介されていました。伝説のもとは1428年の黎(し)朝の始祖が、この湖に棲む大亀から授かった宝剣のお陰で明軍を駆逐でき、ベトナムを中国の支配から解放したというものです。

最初の写真にホアンキエム湖と亀の塔が写っています。この塔のところで剣を授かった始祖が亀に剣を奉還したと伝えられているのだそうです。日本人の友人からホアンキエムという単語には剣を還すという意味があるという説明を受けました。

玉山祠(ぎょくさんじ)というのはホアンキエム湖にある小さな島、ゴックソン島に建立されたもので、創建は13世紀のものだと言います。現在の建物は1865年に再建されたものだそうです。この寺の中に体長2mもの大亀の剥製があり、1968年にこの湖で捕獲されたものだそうです。

この亀が伝説の亀ではないだろうかと当時は話題を呼んだそうです。市内観光の後、家内のツアーの方の現地案内人が言うには、一日前にこの湖で亀が現れてニュースになっていたそうです。現地案内人は生まれてからまだこの湖で亀を見たことはないと言っていました。

この湖は淡水のはずですが、どうして海亀みたいに大きな亀が生息できるのでしょうかねぇ。疑問がありますが、現地のベトナム人が信じているということなのでまぁそういうことにしておきましょう。現実問題としてはこの湖の水質汚濁が進んでいるのですが、ちょっと手を出せないということがあります。何かをして亀が死んでしまったりしたら大変ですからね。とりあえず生活雑排水は流れ込まないようになっているそうですが、水質汚濁が進まないといいのですけど・・・

一番最後の写真は、島と陸を結ぶ棲旭橋(せいきょくはし)と呼ばれる橋です。
e0031500_031730.jpg

e0031500_032224.jpg

e0031500_0333545.jpg

e0031500_0342836.jpg

e0031500_036077.jpg

e0031500_0382277.jpg

[PR]

by elderman | 2005-11-15 00:38 | Comments(4)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-11-15 03:31 x
大亀の剥製、見た~い!!
淡水で2mでしょ?
なんていう亀なの??
Commented by elderman at 2005-11-15 03:55
猫姫さん、だから、その・・・・
怪しいかなぁって・・・ 淡水の亀に大型ものはいないんじゃないかなぁ。
そもそもその怪しげな話に興味がなかったので写真はありません、すいません。m(_ _)m
Commented by japonikk-la at 2005-11-15 13:56
最初の写真見たとき竜宮城だって思いました。
写真の女性、奥様?
Commented by elderman at 2005-11-15 20:45
japonikk-laさん、なるほど、確かに竜宮城ですね。^^
写真に写っているのは家内です。どんどん先に行っちゃうから写真に入っているのね。(苦笑)


<< ベトナムの花(7)サンゴアブラギリ      マクロレンズの世界(4)バラ >>