えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 09日

呑兵衛の戯言(1)スコッチウイスキー(追加)

 今回は本格的なスコッチウイスキーの話です。おそらく本当の「通」と言われる人たちだけが愛好しているんじゃないかと思われます。なにしろ呑兵衛の私が少し苦手な「味」なんですから。;;

 アイラモルトの王者と言われる「ラフロイグ」、この味を知らないと本格的なスコッチ、シングルモルトウイスキーを知らないと言われてもしょうがないかも。;;
e0031500_6175687.jpg

 その独特な香りの元は、ピートと呼ばれる泥炭で麦芽を乾燥させたことによるもので、「好きになるか、嫌いになるか。一度で覚える強烈なピートの香り際立つ、アイラモルトの王者”ラフロイグ”」なんだそうです。

 アイラ島で作られるラフロイグ、水にもこのピートが溶け込んでいるのだそうです。もちろん、これもウイスキーの味となり個性を作り出しているのだそうです。「超スモーキー」「際立つピートの香り」「海藻を思わせる潮の後味」と評されるようです。

 私の第一印象は「なんだこの味は!?」でした。w そして、バーの常連さんたちが愛好していることも知りました。一緒にいた長男はあまり抵抗がなかったようで美味しそうに飲んでいました。

 それにしても強烈な香りです。飲んだ翌朝でもまだその香りが息の中に残っていました。初めて「芋焼酎」を飲んだときもそうでしたけど。w

 因みに、ラフロイグはチャールズ皇太子の大のお気に入りだそうです。そんなことはどうでもいいけどね。w
[PR]

by elderman | 2012-08-09 06:18 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< ゴルフとダーツ      なぜ、ダーツ? >>