えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 14日

文廟(ベトナム)

次に案内されたのが「文廟」と呼ばれるところです。こちらも歴史が古く、1070年の建立だそうです。孔子を祭るために建てられた廟なので「孔子廟」とも呼ばれるそうです。説明によるとこの境内の中にベトナムで最初の大学が作られたそうです。

こちらも中国という感じが色濃く感じられます。大学というくらいですから、科挙試験のためだったのでしょう。境内の中には82の石碑があって82人の科挙試験合格者の名前が刻んであるのだそうです。まるで予備校が東大合格者の発表をしているような雰囲気でしょうか。300年間で82人ですから、毎年の首席卒業者の数より少ないことになります。

私はそんな歴史よりも境内の落ち着いた佇まいに好感を持ちました。難しい勉強をしないで済むただの観光客ですから気楽なものです。私は沖縄に行ったことがないのですが、なんとなくこんな雰囲気の建物みたいだと思いました。海洋文化でつながっているのではないでしょうか。

雰囲気を味わっていただくために6枚の写真を連ねました。
e0031500_11213933.jpg

e0031500_11225232.jpg

e0031500_1124599.jpg

e0031500_11245981.jpg

e0031500_11254042.jpg

e0031500_11263720.jpg

[PR]

by elderman | 2005-11-14 11:27 | Comments(2)
Commented by japonikk-la at 2005-11-15 14:02
ここでも竜宮城でした。ベトナムの建物は皆、竜宮城なんですね。
2枚目の写真いいなあ。
Commented by elderman at 2005-11-15 20:46
japonikk-la、あはは、こちらも竜宮城ですか。^^
境内、いい雰囲気でしょ。落ちついた佇まいがいい感じです。^^


<< マクロレンズの世界(4)バラ      ベトナムの花(6)テイキンザクラ >>