えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 25日

冬のソナタ(新編集版)

 新編集版の「冬のソナタ」が放送されているのでつい見ています。私が最初に「冬のソナタ」見たのはイランから帰国した直後ですから、日本での「冬のソナタ」ブームが終わった頃だったかな。

 「冬のソナタ」ってタイトルだけど、原題は「冬の恋歌」みたいです。ソナタって響きだけで付けたような・・・ ソナタってクラシック音楽の曲の形式の一つですけど。

 二回目となると観る角度が変わるというか、最初にみたときとはちょっと違った印象になります。

 一番感じたのは、三角関係がこじれてそれからというものユジンは泣いてばかり、時には怒ったりもしてたけど、どうしてこんな女性に魅力を感じるんだろうなんて思ってしまいました。美人だけど、それだけじゃねぇ。

 ユジンは自分たちの結婚話のときも本当につまらなそうにしています。周囲がそれに気が付かないというのも変な話、こういう場合、嬉しそうにするのが礼儀でしょうに。観客に分からせるための演出とはいえ、なんともねぇ・・・ ユジンが変な女性に映ってしょうがありませんでした。

 最初にみたとき、性格の悪い女性の役で出ているチェリンって可愛いと思って見ていたけど、二回目ではそれほどでもなくてがっかり。w

 結末を知っている訳ですから、伏線となる演技がよく理解できます。そして、その演技のいかにもわざとらしいこと・・・ そこまで明瞭にやらないと観客には理解が難しいってことなのでしょうか。

 これだけわざとらしい演技なのに日本でヒットしたのは、外国製のドラマだったからなのでしょう。同じことを日本人俳優がやったら相当臭い演技になってしまいそうです。

 ヨン様って今でも人気あるのかなぁ・・・ あの扁平な顔、趣味の問題かな。w

 それほどのファンではないので、新編集版がどう違うのかまでは分かりませんでした。;;
[PR]

by elderman | 2012-07-25 10:03 | えるだまの観察


<< 姉の手      古い日本人と新しい日本人 >>