えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 13日

ホー・チ・ミン博物館(ベトナム)

私たちはホー・チ・ミン氏の家を見て回りましたが、最初にバーディン広場に入った場所から左手に進めばホー・チ・ミン博物館の入り口があったのです。私たちは通常のコースを逆行したようです。博物館は1990年に建造されたそうで、展示物にはベトナムの独立までの歴史的な資料が展示されています。
e0031500_10181741.jpg

面白いことに博物館の入り口で手荷物を預けさせられます。カメラもかと思ったら、カメラは預けなくていいので、どうやらテロなどの犯罪防止なのでしょうか。もちろん館内の撮影はできます。

ホー・チ・ミン氏の銅像がありましたが、これからも庶民受けのする好々爺の様子がうかがえます。在住の友人の話では、現在ホー・チ・ミン氏はすっかり神格化されていているので、日常の会話の中で引き合いに出すのにも神経を使わないといけないということでした。「ホー・チ・ミン氏のような立派な人に・・・」なんて使い方は許されないそうです。
e0031500_10311285.jpg

ホー・チ・ミン廟、家、博物館、公園の敷地内には大勢の兵隊が警護していました。写真を撮らせてくれと頼むと、面白いことに執務中だからダメだとの返事でした。横柄な態度で断るようではなく、なかなか善良な国民性のようだと思いました。トルコの兵隊はポーズまでとってくれましたけど、イランの兵隊ではまったく話にならないはずです。
e0031500_10201322.jpg

入場料のことを忘れていましたが、どこも入場料はだいたい5,000ドンで日本円にすると30円くらいでした。安いので外国人料金なのかどうか確認することを忘れてしまいました。
[PR]

by elderman | 2005-11-13 10:18


<< マクロレンズの世界(3)お遊び      ベトナムの花(5)ウコンサンゴ >>