えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 20日

自ら痛みを伴う改革

自ら痛みを伴う改革って議員の定数とか歳費の削減かと思っていたけど・・・ああ、なるほどと思いました。

自ら痛みを伴う改革というのは、国民が望まない法案を通して、自らは次期選挙で落選する。確かに究極的な自ら痛みを伴うものなのでしょうね。w

でも、当事者の落選は当然として、成立してしまった法案は国民にとっては大きな迷惑として残ってしまいますけど・・・

困ったもんだ。;;
[PR]

by elderman | 2012-06-20 20:11 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< 日本が独立するためには戦争しか...      日本の政治家の手振り >>