えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 11日

12月19日市場(ベトナム)

フォーのところでお話をしたハノイにある12月19日市場の写真をご紹介いたします。

最初の写真は市場の通路を見たところです。この通路が何本も走っていました。
e0031500_010432.jpg

果物屋さんは市場の中ではなくて表通りに面したところにありました。マンゴー(緑色)やドラゴンフルーツ(手前のピンク色)が熱帯の国を思わせます。ところがハノイは熱帯の国ではないので果物は南部から来たものでしょう。実は今回の旅行は常夏の国バンコクとそこに近いハノイということで夏物の衣類しか持参していなかったのです。飛行機が着陸する前のアナウンスで気温が21度というのを聞いてびっくりしたものです。
e0031500_011999.jpg

私はラッキーだったのでしょう、丁度台風がハノイを襲った後で南風が入りいつになく暖かいとのことでした。もしも平年並みの気温だったら衣類を間違えたことになったところでした。ハノイの方面は中国大陸からの季節風が吹き込みかなり涼しい気候だということを知りませんでした。30度以上あるバンコクから飛行機でたった1時間半のところなのにずい分と気候が違うものです。

お米屋さんの写真では数種類の米の種類が見られました。日本人が好むタイプの米があるかどうかは分かりませんが、小粒なものから細長いものまでいろいろあるものです。
e0031500_0114440.jpg

卵屋さんにもいろいろな卵がおいてあります。鶏の卵の他は、アヒル、ウズラ、ピータンかな。
e0031500_0125156.jpg

八百屋さんは変わり映えしないかな。なぜか果物屋さんになかったパイナップルがあります。そういえば友人から聞いたのですが、ベトナム料理ではパイナップルが使われるそうです。それで八百屋さんにあるのかも知れません。果物のパイナップルというよりも小柄なので料理用なのでしょうか。
e0031500_0141289.jpg

肉屋さんは肉屋さんでいくつかのお店が並んでいました。イランで言えばバザールというものですが、ベトナムでは市場という方が相応しいようです。
e0031500_015861.jpg

[PR]

by elderman | 2005-11-11 00:16 | Comments(10)
Commented by aki at 2005-11-11 01:02 x
おかえりなさい。
日本では改良されすぎて野菜や果物の味が本来のものとは違ってきていますよね。こういう市場を見ると大地の作物って感じがします。
Commented by elderman at 2005-11-11 01:33
akiさん、こんばんは。^^
最近日本のスーパーからすっかり縁のなくなってしまった私ですが、確かに日本のものとは違うのでしょうね。日本の野菜から香りが消えてしまったのは困りものです。(苦笑)
Commented by eriko621 at 2005-11-11 03:36
どらんごんフルーツってかぶみたいな形してるんですね。食べたことないや。私は南国フルーツというと、マンゴーとマンゴスチンが一番好きですが、マンゴー、どうやらシーズンじゃなかったんですね。緑のマンゴーは漬物のようにして食べているのをどこかで見たことあります。
Commented by elderman at 2005-11-11 03:45
eriko621さん、こんばんは。^^
ドラゴンフルーツの中身は白くて黒いゴマが入っている感じです。それほど美味しいというものとは思えませんけどね。
マンゴーのシーズンってあるのかなぁ・・・ パキスタンではいつでもあったような。(笑)
緑のマンゴーでしたか?緑のパパイヤならタイではソムタムという漬物のような食べ物がありますけどね。
Commented by anjoy24s at 2005-11-11 07:54 x
eldermanさん、
一枚目の写真なんてなんだかとっても懐かしい感じ。 でも六枚目の肉屋さんはちょっとなー(笑)。 おばさん、鳥インフルエンザに気をつけてね。(笑)
Commented by elderman at 2005-11-11 10:30
anjoy24sさん、そうなんですよね。^^
ハノイの様子を見ていると日本の40年前を思い出させてくれます。
これからの記事でもそのことには触れていくつもりです。^^
Commented by anjoy24s at 2005-11-11 10:56 x
eldermanさん、
そういえば、eldermanさん、「天使の都」 でもタイは40年前の日本のようっておっしゃっていませんでしたっけ? なるほど、昨今の日本人のアジアンブームの一因が解るような・・・・・。 私たちの世代にはほっと懐かしさに浸ることができる異国、若い世代にもやはり近代日本の忙しなさから逃れられる異国というところなんでしょうかしら。 顔かたちだってそれほど違わないですしね。 あまりにも違うことなく、程ほど違うというところでしょうか。
Commented by elderman at 2005-11-11 11:08
anjoy24sさん、そうですね。^^
タイの田舎に行けば30-40年前の日本のようだと思うでしょうね。
バンコクはあまりにも国際都市なのでタイとは言えないでしょうけど。
有名な観光地はスレているしなぁ・・・
ハノイは首都であるにも拘わらずベトナムが味わえると思います。ホーチミンシティの方が人口多いし、ハノイは高々250万人ですしね。
私たちの世代にはタイムマシン効果がありますが、若い世代にはそうでしょうね、慌しい緊張した日本の環境から逃れてほっとできる空間を得ることができるんじゃないかなぁ。仏教国という要素も大きいと思います。^^
Commented by japonikk-la at 2005-11-11 14:00
もしかしたら、酢豚はベトナムからの料理かな?パイナップルを使うから。ちなみにアメリカではこれをファーマーズマーケットと呼びます。
ところでえるだまさんからするとイランは何十年前の日本って感じですか?
Commented by elderman at 2005-11-11 14:29
japonikk-laさん、面白い観察ですね。^^
酢豚という名称は日本で付けられたもので、中国では古老肉(クーラオロウ)または糖醋肉(タンツーロウ)と呼ばれているそうです。^^
イランはそうですねぇ・・・ 文化が似ていないので一概に比較できないですね。不便さから考えるとやはり40年前でしょうか。


<< ベトナムの花(3)モクセンナ      ベトナム料理(1)フォー >>