えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 31日

タイ料理(14)焼きソバ類

パッタイという焼きソバメニューはコイシーミーと違って、どこのレストランでもほとんど同じような仕上がりをしています。一度オムレツのように仕上げられたものを見たことがありますが、これは例外的だったのかも知れません。

定義は分かりませんが、焼きソバに玉子、ココナツ粉、などが入っているものでしょうか。それにどういう訳かバナナの新芽の部分が添えられています。ちょっとこれは渋い味なので、日本人が食べているのはあまり見たことがありません。タイ人はしっかりと美味しそうに食べていましたけどね。

パッタイは味付けが非常に甘いので、私は唐辛子をいっぱいかけないと食べられません。パッタイの写真はコレクションにないのでスイマセン。

麺類には「ラッナー」という発音しにくいメニューがあります(上の写真)。これもあんかけ焼きソバのバリエーションです。ただラッナーの場合はセンヤイと言われるお米の粉で作った麺類で、きしめんよりももっと幅広のものが使われます。

使われる野菜は決まっていて、緑のものなんですが、名前が分かりません。写真に写っている緑の野菜ですが、茎と葉っぱの両方を食べます。写真のものは豚肉のラッナーです。幅広の麺は具とあんかけスープの下に沈んでいます。

胡椒がいっぱいかけられていていますが、そこにまた唐辛子を振りかけて食べます。あんかけスープの味はやや甘いものです。

他にもいろいろな焼きソバ類がありますが、もう一つ写真を紹介しましょう。これは玉子ときのこの焼きソバです。息子が注文したもので私は食べていませんが、あんまり美味しそうじゃないですね。(下の写真)
e0031500_012227.jpg

e0031500_013179.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-31 00:13


<< 世界の花(49)キンレンカ      夜のジャーメ・モスク(イラン) >>