えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 30日

日本人の特殊性(34)自殺の美学

腹切り、神風特攻、心中の美化、戦艦大和の自殺行為、これらはすべて自殺もしくは自決の美学ではないかと思うのです。キリスト教でもイスラム教でも自殺を認めている宗教はないはずなのですが、この日本人の特殊性は武士道から来ることなのかも知れません。

死の美学、死ぬために生きる、こういう観念は日本人特有なのではないでしょうか。勝つ負けるとは関係なくこの価値観が日本人の心にあるということは恐いことだと思います。戦えばとことん最後まで戦い抜く、無条件降伏まで戦い抜いたのはつい60年前にあったことです。

神風特攻の当事者は敵に対して一矢報いるという純粋な精神だったのでしょう。冷静に考えればそれによって戦況が変わるとは言えないものだったろうに、止むに止まれず望んで特攻に志願したのだと思います。生きて辱を曝すより、名誉の死を選ぶ、そういう精神性に思えます。

ジハードと称して異教徒の攻撃に対して立ち向かうイスラム教徒の戦いにも似たものが見られますが、それは美学というよりも天国に行くための手段のように見えます。それでも価値のある死に方をしたいという願望においては日本人の神風特攻と共通するものをみるような気がします。

勝ち目があろうがなかろうが決死の覚悟ですから、これに立ち向かう平常心の敵兵の怖れは非常に大きなものだろうと想像されます。美学ですから、つまり格好がいい、これに惹かれるというのは日本人の国民性ではないかと思います。そこに純粋性、潔癖性を見出すのではないでしょうか。

ちょっと距離を置けば狂信にも見えるこの心の動きですが、日本人の心の底に強く残っているのではないかと思えます。絶叫する首相への人気もその表れかも知れません。損得で考えればアジアの中で孤立する日本というのがいいはずがありません。選挙結果を見て、損得ではない純粋性を感じるのが日本国民なのかも知れないと思いました。

自民党の300議席という結果を見て、熱狂した自分たちを見直しているというのが今の姿ではないでしょうか。政治が生活感覚からはるかに離れた存在になったというのが今回の選挙結果ではないかと思っています。政治家というのは特別な仕事で自分たちの生活からは離れた存在だと思う感覚が人気投票という結果を生んだのではないかとさえ思っています。

世代交代やジェネレーション・ギャップがあると言いながらも、日本人の国民性というのは案外持続しているような気もします。損得よりも美学、それが破滅につながろうと格好がいい方がいい。戦艦大和の自殺行為は敵にむざむざと傑作戦艦を渡したくないという精神的抵抗のようにも思えます。当時の海軍本部は負け戦は当然知っていたはずですから。

心中というのは江戸時代にもてはやされたものですが、究極の恋愛の姿として格好がよかったのでしょう。歌舞伎の影響とは言え、実際に心中を試みた人たちがいるというのですから驚きです。切腹、腹切りは名誉を保った自決ですから、名誉を重んじられたものと言えるでしょう。罪人に与えられる処刑方法の首切りとは決定的に違います。

さまざまな価値観のある国際化の時代、日本人のこの潔癖で純粋を好むという傾向は少し恐い気がします。狂信との差があまりにもないからでしょうか。外国人の目には神秘に映るかも知れませんが、それだけ理解できない精神世界のことと言えるのではないかと思います。

日本人だけが自殺が多いとは思いませんが、物質的にもっと辛い人たちはイスラム教徒ではないかと思えるのに自殺者はそれほど多くはないようです。イスラム教徒は自殺を禁じられているということはありますが、それがどこまで効果があるのかは疑問です。
[PR]

by elderman | 2005-10-30 00:17 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(17)
Commented by あいあい at 2005-10-30 13:00 x
えるだまさん、お久しぶりです。
先日、NHKの戦後60年番組でサイパンで生き延びた日本人の話を見ました。バンザイクリフに象徴されるようにサイパンでは、多くの日本人が自決したそうですね。
その中で、米国への投降を選び生き延びた家族がいました。「よかった」と思いました。しかし終戦で家族が故郷沖縄に帰ると、一人沖縄に残った長男だけが特攻隊に志願して命を落としていました。サイパン総自決の報道から、家族の自決を信じての決断でした。やりきれない話でした。
この現実、私の親世代が体験したつい最近のことなのですよね。

特に驚き悲しいのは、戦争を生き延びた多くの方々が、生き延びたことを恥じている発言をしていることです。当時のお上の教育や思想に従った、まさに「潔癖で純粋を好む」真面目な人ほど命を落としやすかったからなのでしょうか?しかし「生きたい」という気持ちを恥じたり、生きることに罪の意識を感じさせるような美学は、惨く悲しいです。

きっと私の中にもある日本人の美学。えるだまさんの記事を読んで、危険で悲劇的な領域に暴走しないように、自分自身をチェックすることも大切だなと感じました。
Commented by elderman at 2005-10-30 13:08
あいあいさん、こんにちは。^^
ブログは拝見しております、外地にいるのでコメントできない内容なんで黙ってみているだけです。(苦笑)
なにがあっても生き延びることが先決だと思いますね。死んでしまったらお仕舞いです。危機的状況での犠牲的な選択などは仕方がないと思いますが、戦争中に未知というだけで兵隊でもない一般の国民が自決してしまうというのはなんとも悲しいことです。
過去の話はそれとして、未だにそういう感性が日本人に残っているようなので悲劇的暴走、破滅への道に進まないでほしいものです。
Commented by schu at 2005-10-30 15:10 x
武士道からくる“死ぬ事”の美学ですか。難しいですね。自分の信念、愛情などを「本気だ」と証明するかなり強い説得力がその行為に有る事は確かだと思うんです。そのような行為自体が愚かだ、とは私は思わないのですが、えるだまさんが仰っているように、カッコいいというだけでそれを選択するのは本当に危険ですよね。
損得じゃないんだ、と言って選んだその格好の良い行為は、不可視の人間達の損得勘定によって仕組まれ踊らされた結果に過ぎない、という悲劇は避けなければなりませんね。
Commented by japonikk-la at 2005-10-30 15:45
今年イランのジャーナリストのガンジーという人が自分の主張を曲げるぐらいならと投獄されている時にハンガーストライキをして殆ど死にそうになったんですが、やっぱりあの時、死んでしまったらそれまでで何にも事態は変わらなく無駄死にになると思いました。死んで自分の信念を貫くより屈服したように一時は見えても生きて時期を待つのが賢いと思います。日本人もイラン人も頑固さの点ではいい勝負だなといつも思ってしまいます。
Commented by elderman at 2005-10-30 17:57
schuさん、こんにちは。^^
命がけっていうのは格好よくも美しくも感じられますね。愚かだとは言いたくありませんが、よく考えた上で選択肢がないなら仕方がないかも知れません。幅広く考えることがより大事だと思います。他人によって仕組まれたなんていうのでは情けないと通り越してしまいますね。何が正しいかなんてなかなか分からないものでしょうし、時代によっても違いますからねぇ・・・
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-30 17:58 x
こんばんわ~。 おっしゃるとおりです。 はい。
ムスリムの自爆テロは、 確かに日本人の美学とは、少し異なるでしょうが、それでも、彼らは”善い事”をしているのだと、信じて死に臨む・・・これは、特攻隊と変わらないでしょう。 
Commented by elderman at 2005-10-30 18:00
japonikk-laさん、そうですね。^^
主義主張のために命をかけるという境遇もあるのでしょうが、できればそんな極限状態になりたくないものです。そうしなければ他に道がないということならやむを得ないのでしょうね。ガンジーさんの場合は美学でそうしているものでもないのでしょ。
Commented by elderman at 2005-10-30 18:14
宇宙和里さん、そうですね。^^
ジハードは良い事という概念もあるでしょうが、天国にいけるということを信じているんじゃないかな。天国行きの鍵をもらうしね。^^
Commented by mintogreen at 2005-10-30 22:55 x
与えられた 一つしかない 大切な命を 一部の人々が得する戦争
一部の人々のエゴの為に利用されていることを もっと意識するべきだと思います。
今の日本には じわじわと その波が打ち寄せられている事に危機感を感じます。何かに踊らされている日本人を 冷めた目で見つめる必要性があると 強く強く感じます。
Commented by elderman at 2005-10-30 23:04
mintogreenさん、そのとおりだと思います。
いろいろなことをもっともっと鋭く観察していないといけないと思います。情報操作によるマインドコントロールなど無視できないような気がします。熱くなる前によーく物事について考える習慣をつけたいものです。
Commented by anjoy24s at 2005-10-31 12:11 x
eldermanさん、
日本人って案外精神的バランスのとれた民族だと思いますよ、私は。 昨今の世界情勢を見るにつけそう思いますね。 ちょっと話が盛りだくさんでコメントしにくいです。 ごめんなさい。
Commented by elderman at 2005-10-31 12:37
anjoy24sさん、そうですか。
案外・・・ですか。精神的バランスがとれていると思われるのですか。
Commented by 安房守 at 2005-10-31 14:19 x
局所的かつ情緒的な感情に引きづられて大局的かつ本質的判断を誤りがちなのはえらだまさんのいわれるように日本人の特質だと思います。
「他国の干渉」だとしてライオンさんの靖国神社参拝を支持する割合が意外に高かったり、「テロの脅威に対抗する」とか「人道支援」だとしてイラクに自衛隊を派遣することでなしくずしにもと来た道に戻ろうとするのは本質的な判断を誤りかねない「日本人の危うい特質」かもしれません。
Commented by elderman at 2005-10-31 14:25
安房守さん、はい、そう思います。^^
もっともっと広範囲に情報を集めて広い視野で物事を判断してもらいたいと思っています。イランに対する理解だって相当怪しいものですし・・・ 表面だけでは理解できないこともいっぱいあるはずです。
明日からベトナム旅行に出掛けますので、いろいろなイベントに参加できなくてすいません。みなさまによろしくお伝えください。m(_ _)m
Commented by anjoy24s at 2005-10-31 14:37 x
eldermanさん、
はい。(笑) 案外・・・・ね。(笑) そう思います。 
Commented by kenbon at 2005-11-03 07:47 x
武士道における自害は自殺とは別のモノですけどね・・・
それは難しい話しになります。
明治政府が武士道を曲解したツケなのでしょう。
Commented by elderman at 2005-11-09 12:08
kenbonさん、嫌になって自殺というようなものは少なくとも武士道にはないでしょうね。


<< 世界の花(48)バーベナ      クイズ:どこの国でしょう?(5) >>