えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 24日

タイ料理(8)カシューナッツ、鶏肉、唐辛子の炒め物

タイ語だとこのメニューは短い名前なのでしょうか、残念ながら私は知りません。英語のメニューから探し出すことならできます。この料理も前菜の一種でしょうか、ビールなどの飲み物によく合います。

ビールと言えば、タイではシンハ・ビールです。ちょっとアルコールが強めで、苦味の強いビールですが、慣れるといかにもタイのビールという気がしてきます。このビールはドイツの製造技術で作られているということで純粋なタイのビールということではないのですが、タイのビールというイメージが出来てしまっています。

タイのビールにはこの他、クロスター、チャーンなどがあります。外国ブランドのものとしてはハイネケン、カールスバーグがありますが、いずれもタイで製造されたものです。アサヒ・スーパードライも地元製造を始めましたが、日本での味とは比較にならないものでした。居酒屋によっては日本の缶ビールを注文すればありますが、かなり高いのであえてそれを注文する人はほとんどいません。

タイ料理は、やはり数人でいろいろ注文して楽しむのがいいようです。いろいろなものを少しずつですね。とにかくメニューの種類が多いのですから楽しめます。
e0031500_8395537.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-24 08:38


<< タイ料理(9)豚肉の唐辛子炒め      天使の都(24) >>