えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 23日

ヤズドのお菓子屋さん(イラン)

イランのどの都市にも名物お菓子があるようで、そのお菓子屋さんは大変豪華な建物で営業していることが多いです。今回の写真はヤズドにあったお菓子屋さんで建物は銀行よりも立派なくらいです。

禁酒国のせいでしょうか、イラン人男性も甘いものがとても好きです。また訪問した人たちはちゃんとお土産を買って帰るので商売繁盛というところでしょうか。味はと言うと、可もなく不可もなしという感じで、私にはどの都市のお菓子でも同じようなフレーバーに感じてしまうのでちょっと区別がつきません。イラン人には分かるのかなぁ。

イランのお菓子にはピスタチオがよく使われています。こちらにもありました。お菓子の写真の左からココナッツ味、ピスタチオ味、アーモンド味という表記になっています。髭のおじさんたちのついたパッケージは鬱陶しい感じですが権威付けみたいな効果があるのでしょうか。
e0031500_1848347.jpg

e0031500_184903.jpg

e0031500_18504376.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-23 18:50 | Comments(8)
Commented by brue-nile at 2005-10-23 19:25
こんばんは、イランのピスタチオ入りお菓子が、遂に登場で何か嬉しい!黄色の丸缶(直径25cm位で、厚さは4cm位だったと記憶してます)にヒゲのおじさんのイラストが入っているのですが、始めて貰った時はイラン製のアーモンド(ピスタチオ)スカッチかしら?と思いましたよ!
Commented by elderman at 2005-10-23 20:34
brue-nileさん、こんばんは。^^
イラン人は詳しいから明日にでも聞いてみましょう。どこのものか分かると思います。^^
Commented by japonikk-la at 2005-10-24 01:05
こんなに凄い店構えのお菓子屋さんなんて驚いてしまいます。いくら商売繁盛っていってもお菓子だけ売ってこんなに大きくなるなんてと思ってしまいます。モッラーの写真もあるし、怪しい! お菓子三色一緒にお皿に並べたら色合いが綺麗でしょうね。ただ日本人の私には真ん中がどうも抹茶味のきな粉かうぐいす餅に見えてきてしまうんですが。
Commented by elderman at 2005-10-24 01:10
japonikk-laさん、すごいでしょ。^^
禁酒国だと男性も甘党になるし、商売繁盛じゃないかな。(笑)
こういうお菓子屋さん、地方都市のどこにもありますよ。
それだけ消費量が大きいのでしょうね。
髭もじゃのイラン人男性が甘党だって、なんか可愛いでしょ。^^
そうですね、ピスタチオの色は抹茶っぽく見えますね。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-10-24 01:25 x
ジュエリーショップみたい、、、
Commented by elderman at 2005-10-24 01:26
猫姫さん、なるほど。^^
いいんじゃないですか、食べる宝石かもね。^^
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 11:30 x
eldermanさん、
「銀行より立派」って、それはすごいかも。(笑)  三枚目のお菓子はヤズドの名物お菓子なんですね? eldermanさん、食べてみた?
Commented by elderman at 2005-10-24 13:09
anjoy24sさん、そうでしょ。^^
イランでは銀行の支店にみずぼらしい建物というのがあります。このお菓子屋さんの建物の方がずっと立派です。イラン人には不思議に思えないようですけどね。^^
写真のものは食べていませんが、女性たちがお土産に買ったものを味見させてもらいました。可もなく不可もなしでした。


<< 天使の都(23)      タイ料理(6)空芯菜炒め >>