えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 23日

タイ料理(6)空芯菜炒め

この名前は覚えやすいものでした。パット・ブーン・ファイ・デーンだったはずです。正確な発音は知りませんが、これで通じちゃいます。ある程度の年齢の方ならパット・ブーンという歌手をご存知でしょう。タイ語も日本人の口から出てくると覚えやすいものです。ゴルフを終えて昼食のときにそんな冗談があったので覚えてしまいました。

バンコクでゴルフをやると分かりますが、バンコク在住で定年退職した日本人にゴルフのシングルさんが多いこと。まさにゴルフを趣味にする人には天国のようなところです。ゴルフ場のレストランは綺麗で清潔だし、メニューもたくさんあります。日本食もありますが、やはり美味しいのは地元の料理ですね。

話が逸れましたが、この空芯菜という野菜、日本でも出回るようになったとか、茎の中が空洞なので空芯菜って呼ぶのでしょうね。これも正確な名前かどうか自信はありません。この料理、オイスターソースで味付けしてあります。そして納豆のようなものが入っています。これが納豆と同じものとは思えませんが、見た目はそっくりです。

さらに赤い唐辛子が一緒に入っていますが、辛いのが苦手な人は避けた方がいいかも知れません。前にも書きましたが、一番辛いのは緑の小さな唐辛子ですから、赤いものや赤黒いものはそれほど辛いものではありません。それでも辛いという人はいらっしゃるでしょうけどね。

タイ料理の場合はヤミクモに口に放り込まない方がいいでしょう。ちょっと中身を確認してからが安全だと思います。辛いのを食べてしまうとどうやっても直ぐには治せないようです。水を飲んでも効かないですよ。

タイ人がバンミーナームに砂糖を入れているのを見て、その理由を訊いたことがあるのですが、辛いからという答えが返って来ました。なら唐辛子をそんなに入れなければいいのになぁと思ってしまいました。砂糖を舐めても辛くてたまらないのを治すことはできないでしょう。

カレーの辛いのはヨーグルトを入れることによって緩和できるようです。これはインド、パキスタンでの話です。タイ料理にヨーグルトっていうのはどうも相性がいいようには思えません。間違って辛いものを口に入れてしまったら、吐き出すか、我慢するしかないでしょうね。
e0031500_919372.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-23 12:13 | Comments(18)
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-23 13:01 x
こんにちわ~~~。 >>間違って辛いものを口に入れてしまったら、吐き出すか、>> いや~~吐き出しても、1度辛さが口の中に入り込むと、あの熱さからは、しばらく逃れられないでしょう~~。何かの番組で、辛さというのは、厳密には味覚(甘さ、塩辛さ、酸っぱさとか)の中には含まれておらず、辛いというのは、痛点を刺激されているものなのだそうです。 激辛はダメですが、タイ料理の辛さは、わたしには、ワサビの辛さより耐えられます。 ところで、、、、MSN-spaceが死んでるみたい・・・。
Commented by elderman at 2005-10-23 13:10
宇宙和里さん、こんにちは。^^
私も激辛はちょっと無理ですが、辛いものは大好きなのでタイ料理は楽しめます。^^
MSN-spaceってJacaranda通信のことですか?例によってメンテナンスか不具合じゃないでしょうか。(苦笑)
Commented by aki at 2005-10-23 13:28 x
辛いのを食べ過ぎて慣れるということは、味覚障害なんですよね、実は。
で、どんどん辛いのを求めるようになる。一時期私も限界まで一味唐辛子を入れたうどんを食べてました。味なんてわかんなかった。辛いのを通り越して、苦味すら感じて。
結局胃が痛くなってそんなバカなことはやめました。笑
Commented by elderman at 2005-10-23 13:32
akiさん、こんにちは。^^
そうなんですよね。タイ人ですら小さい頃は辛いものがダメですが、徐々に辛い味に馴れて行くんです。そして激辛にまで到達してしまう。
私はイランに来てあまり辛いものを食べなくなったので、大分辛さに対する抵抗力がなくなったので、逆に少しの辛い味を楽しめるようになったようです。ほどほどでいいような気がしますね。
Commented by atousa at 2005-10-23 17:10 x
This tie food looks very tasty.
Commented by elderman at 2005-10-23 17:32
Hi! Atousa-jan,
You may like Thai vegetable very much. Actually it's very tasty. I think you like oyster sauce as well, which is used with this menu.
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 12:18 x
eldermanさん、これも食べてないみタイ。(笑)
Commented by elderman at 2005-10-24 13:13
anjoy24sさん、そうですか、それは残念。
これは日本人の好みに合う料理だと思います。^^
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 13:57 x
eldermanさん、
「砂に書いたラブレター」は知ってますけど。(笑) ええ、でも本当に、見るからに。
Commented by elderman at 2005-10-24 14:07
anjoy24sさん、その曲を知っているとなると・・・
オールディーズでかな・・・ 私はたまにカラオケでやります。^^
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 14:23 x
eldermanさん、知っているでしょ。(笑)  「 I'll Be Home 」 とかも?
Commented by elderman at 2005-10-24 14:42
anjoy24sさん、どんな曲か調べてたら・・・
なんとパット・ブーンと私は同じ誕生日でした。それで声が甘いのかぁ。^^
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 15:03 x
eldermanさん、それじゃ、もう決まりですね。 11月になったら奥様に歌ってさしあげて・・・・・・甘い声で。(笑)
Commented by elderman at 2005-10-24 16:21
anjoy24sさん、はい、そうしたいところですね。^^
でもベトナムくんだりでカラオケやるのかなぁ。(笑)
え?生でですかぁ・・・ 歌詞覚えていないからなぁ・・・(汗)
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 17:07 x
eldermanさん、大丈夫、まだ一週間もあります。(笑)
Commented by elderman at 2005-10-24 17:48
anjoy24sさん、そうですね。^^
しかし、”I'll be home”とはまた意味が深い。^^
Commented by anjoy24s at 2005-10-24 19:18 x
eldermanさん、
So darling as I write this letter, here's hoping you're thinking of me. My mind's made up so long, until I'll be home to start serving you. I’ll be home, my darlin, please wait for me.
ですからね、 深~いかも。 (笑)
Commented by elderman at 2005-10-24 19:40
anjoy24sさん、ありがとうございます。^^
この歌は聴かないとイメージがないです。どんなんだったかなぁ?
せいぜい一週間家内サービスしてきましょ。^^


<< ヤズドのお菓子屋さん(イラン)      天使の都(22) >>