えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 23日

タイ特集(13)カンチャナブリ

「天使の都」で登場したようにカンチャナブリには鉄道で行くこともできます。車で行く方がずっと速くて便利ですが、鉄道の旅というのもいいものです。バンコクから200km程度の距離なので車なら2時間半程度で行けるのですが、鉄道では4時間以上かかってしまいます。のんびりと田舎の駅をみたり、景色を見ながら、ビールでも飲んで楽しみましょう。

映画「戦場に架ける橋」で有名なカンチャナブリですが、今は平和なリゾート地になっています。日本企業の経営するリゾート施設まであります。ゴルフ場もついていますが、バンコク周辺に腐るほどあるゴルフ場ですから、わざわざ自然の豊かなカンチャナブリまで行ってゴルフをしたいという人の気持ちは私には理解できないところです。

タイ人も遊びに行くので、宿泊施設はピンからキリまであります。日本企業の経営のものは快適でしょうがそれなりの料金を支払わなければなりません。できれば川の上に建てられたコテージのような施設に泊まればいかにも東南アジアという雰囲気を味わうことができるでしょう。どういう訳か日本人はこのスタイルにあまり興味を示さないようですが、ヨーロッパからの観光客はもっぱらこういう施設を望んでいるようです。
e0031500_0143417.jpg

e0031500_0153349.jpg

e0031500_016611.jpg

e0031500_0164222.jpg





絵葉書からです。
e0031500_0174777.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-23 00:17 | Comments(4)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-10-23 00:37 x
カンチャナブリと言えば、サファイアでしょ?!
Commented by elderman at 2005-10-23 00:46
猫姫さん、そうですか、知りませんでした。^^
世界的に有名なんだそうですね。男としてはそういうことは知らない方がいいな・・・・・・・・・・(-。-)ボソッ (笑)
Commented by anjoy24s at 2005-10-23 01:44 x
eldermanさん、カンチャナブリといったら、「 戦場に架けるはし 」 「 クワイ河マーチ 」 と ブルーサファイア。 ちょっと複雑な気分になる地名かも。 2~3年前、実際その現場にいた元日本兵と元英兵が現地で再会するというドキュメントを見ました。 実際は元英兵の方は体調を崩されて現地まで来れず、現地に出向いた元日本兵とテレビ電話での再会でしたが・・・・・・・・・・戦後に生まれてよかったです。 
Commented by elderman at 2005-10-23 01:49
anjoy24sさん、そうですね。
タイ人と日本人のデートコースには向かないかもね。
クワイって発音難しくて・・・ どうやってもタイ人に笑われるので苦手です。(汗)


<< 世界の花(41)クレマチス      天使の都(21) >>