えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 16日

キャンドヴァンの岩屋(イラン)

キャンドヴァン村はイランの北西トルコに近いところにあります。テヘランからはタブリーズまで飛行機で約1時間、それから車で45分くらいかかります。トルコのカッパドキアをご存知の方はそれほど驚かないでしょうが、イランにもミニ・カッパドキアみたいなところがあるのです。

岩屋、つまり岩に穴をあけてそこに住居を設けています。岩の形もユニークで、お伽の国のような雰囲気もありますね。イラン人でもキャンドヴァン村のことを知っている人は少ないので一緒に行った秘書のアツーサはとてもびっくりしていました。

観光客から直接収入を得られる人たちは愛想がいいのですが、特に肉体労働をしている女性たちは大変無愛想でした。カメラを向けると撮影するなと怒鳴るし、ロバを撮影しようとしたら石を投げつけられました。(苦笑)

私が感じたのはこの村、昔外敵から逃れた人たちの村、つまり落人の村じゃないかということです。歴史を調べていませんが、この岩だらけの場所に定着したのにはそれなりの理由があることでしょう。

岩の中に住むということではイランの中にまた別な場所があります。英語では”Burnt City”と表記されていましたが、場所はキャンドヴァン村とは全然違うイランの南東にあります。メソポタミア文明の時代からあるそうで、貴重な遺跡だそうです。ちょっと治安の点で問題がありそうなので、こちらへの旅行は見合わせています。
e0031500_1518388.jpg

e0031500_15202040.jpg

e0031500_15192089.jpg

e0031500_15194524.jpg

e0031500_15212970.jpg

e0031500_15202684.jpg

e0031500_15204317.jpg





e0031500_15211618.jpg

e0031500_15225472.jpg

e0031500_1523131.jpg

e0031500_1522981.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-16 15:22 | Comments(26)
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-16 15:37 x
こんにちわ。目まいとも頭痛とも、いえないヘンな頭の乱気流(?)に悩まされております^^。 余計な看板も色使いもないせいか、遠めで見ると日本の住宅地なんて足元にも及ばないほど美しい街に見えます。そんなこというと、重労働している住民の方には怒られちゃうかな~~。 
Commented by elderman at 2005-10-16 17:25
宇宙和里さん、え!この写真のせい?
まぁ、別世界と思ってくださいな。そうですね、どこかの惑星に行ったような・・・ 
Commented by ひよこ.com at 2005-10-16 18:27 x
ちは!
ええなあー旅に出たいなー
乾燥してるとこは夜は冷えるんでしょうなあ・・・。
日本も冷えてきましたよ。
Commented by elderman at 2005-10-16 18:37
ひよこさん、こんにちは。^^
そうですねぇ、どのくらいなのかなぁ、アパートにいると分からないんです。
まだTシャツ、短パンでいられますけどね。^^
Commented by 安房守 at 2005-10-16 18:48 x
カーシャンの近くにアブヤネというところによく似た風景がありました。
そこはゾロアスターからの風習を引き継ぐとてもエキゾティックな町(村)でした。
それにしてもイランには面白いところがいろいろとあることと、えるだまさんの行動半径の大きさには驚かされます。
Commented by elderman at 2005-10-16 18:56
安房守さん、こんにちは。^^
出張が多いですからねぇ。明日からは再びヤズドです。もう見るところないみたい。(苦笑)
しかも、ラマダン中、どうしましょ。仕事は2時前に終わりでしょうから、昼寝でもしてましょうかね。
Commented by japonikk-la at 2005-10-16 22:38
なんか石の表面が人の顔にも見えます。でも皆三角形の形なんだ。四角にどうしてなんないのかなあ。中もどうなっているのか覗いてみたい気がします。それから重労働の女の人達、愛想が悪かったようですがそりゃあ私だってさせられたら腹立ちますよ。普段は女の権利を奪うイスラム教で生きなければいけないのに男の仕事をしなきゃいけないなんて。女は強いです。なめたらいけません!!なんちゃって。
Commented by elderman at 2005-10-16 22:44
japonikk-laさん、中みたいでしょ。^^
”more”で中の写真も用意しておいたのですが、気がつかなかったようですね。もっと見えるように表示しないといけませんね。直しておきますね。
Commented by japonikk-la at 2005-10-16 22:58
あ、そうだったんだ。すみません。中の壁かなり白いんだ。でもえるだまさんがしっかり人の家に座り込んで自分の写真をとってもらうってのが可笑しい。私の予想では、後ろの所には本当は下着なんかも干してあって撮影前に外したとか?考え過ぎですよね。
Commented by elderman at 2005-10-16 23:03
japonikk-laさん、どうも、お手数をお掛けします。すいません。m(_ _)m
壁が暗いと本当に洞窟って感じになるからあえて白く塗っているのでしょう。^^
入れてくれる前に少し待たされたかな・・・・ (笑) せっかくですもの写真だって撮りますよ。(笑)
Commented by schu at 2005-10-16 23:24 x
わーすごいですね、この家は。こんなの初めてみました。
住むには大変な環境かもしれませんが、美しい住居ですね。
Commented by aki at 2005-10-16 23:28 x
日本にもどこだったか岸壁に穴を掘って作ったホテルがあって、もう廃館
になっているそうですが、それを思い出しました。あーどこにあったんだkっけ。
Commented by elderman at 2005-10-16 23:34
schuさん、こんばんは。^^
あれ?カッパドキアって知りませんでしたか。トルコにあるもっとスケールの大きな岩屋です。もっとユニークな形があって楽しそうです。
イランのこのキャンドヴァンはそのミニ版のようなものです。尖がり帽子のお山の岩屋、可愛いですね。^^
Commented by elderman at 2005-10-16 23:35
akiさん、こんばんは。^^
そうですか、私はそれは知りませんから、思い出して教えてくださいな。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-10-17 00:18 x
掘りやすい岩質なんでしょうケド、大変そう、、、
おもしろいところがありますね。
日本では、石投げつけようと思っても、
投げる石が落ちていません、、、
Commented by elderman at 2005-10-17 00:30
猫姫さん、こんばんは。^^
確かにそうですね。砂岩なのかな、結構軟らかいと思います。くり抜くのは大変そうですね。
実はこの周辺にはかなり前に人が住んでいた形跡のある遺跡が発見されています。相当昔から人々が岩屋を作って住んでいたのかも知れません。寒さを凌ぐのには最適なのでしょうね。
石の代わりにブロック塀の欠片ってのは?でも、誰に投げるの?(笑)
Commented by eriko621 at 2005-10-17 01:26
おぉ!そっくりです!ギョレメにある、たけのこ岩と同じ!
カッパドキアの風景って他にはないなんて思ってましたが、あるところにはあるんですね~。
ただギョレメのほうは観光開拓が進んでて、写真のような普通の人々の生活を見るのはちょっと難しいかなぁ。
Commented by elderman at 2005-10-17 01:30
eriko621さん、こんばんは。^^
本場トルコからようこそ。^^ イランにもカッパドキアのミニ版があります。そしてあんまり観光開発が進んでいないからこんな感じで楽しむことができます。いいことなのか、どうなのか・・・ 難しいところですね。(苦笑)
Commented by anjoy24s at 2005-10-17 07:51 x
なにやら怪しげな人風 eldermanさん(笑)
雨は少なさそうだし、風食によるものなんでしょうか? なんだか住んでみたいような、住んでみたくないような・・・・「見ているだけ」が正解なんでしょうね。 大変そうだもの(笑)。
Commented by elderman at 2005-10-17 09:21
anjoy24sさん、はい、怪しいえるだまです。(笑)
住むというのはちょっとねぇ・・・ 大変でしょうね。
Commented by ショコポチ at 2005-10-17 16:47 x
えるだまさん、怪しい!カッコイイ!!
ところで以前TVで、トルコのアレは、柔らかい石灰岩の上に何か硬い岩がところどころのっかって、そこだけ侵食されずに残ったせいだと聞いたような気がしました。要するに、このとんがり岩の上にはその「硬い岩」が帽子のようにのっかってるわけですね。イランのソレとは成り立ちが違うのかもしれませんが…。
Commented by kenbon at 2005-10-17 19:42 x
空の色が・・・凄く綺麗ですね@_@;;;
何だかファンタジーの世界みたい・・・でも、そう見えるのは僕が世界を知らない証拠ですね^^;;;
Commented by epha at 2005-10-18 10:06
ベルベル人のうちかと思いました
Commented by elderman at 2005-10-18 19:59
ショコポチさん、こんばんは。^^
怪しいですか・・・(笑) 
この形は雨水による侵食なのでしょう。
トルコはお隣の国ですから似ている地形があってもそれほど不思議ではありませんね。
Commented by elderman at 2005-10-18 20:01
kenbonさん、こんばんは。^^
これは去年の11月頃の写真ですから、空も綺麗でした。
この自然の造形は誰が見てもファンタジーって思うのではないでしょうか。^^
Commented by elderman at 2005-10-18 20:02
ephaさん、おはようございます。(まだ寝ていらっしゃるでしょうね)
ひょっとしてベルベル人の末裔が逃げて来てひっそりと暮らしているとか?ベルベル人って真っ黒なのかな?


<< 天使の都(9)      天使の都(8) >>