えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 16日

キャンドヴァンの岩屋(イラン)

キャンドヴァン村はイランの北西トルコに近いところにあります。テヘランからはタブリーズまで飛行機で約1時間、それから車で45分くらいかかります。トルコのカッパドキアをご存知の方はそれほど驚かないでしょうが、イランにもミニ・カッパドキアみたいなところがあるのです。

岩屋、つまり岩に穴をあけてそこに住居を設けています。岩の形もユニークで、お伽の国のような雰囲気もありますね。イラン人でもキャンドヴァン村のことを知っている人は少ないので一緒に行った秘書のアツーサはとてもびっくりしていました。

観光客から直接収入を得られる人たちは愛想がいいのですが、特に肉体労働をしている女性たちは大変無愛想でした。カメラを向けると撮影するなと怒鳴るし、ロバを撮影しようとしたら石を投げつけられました。(苦笑)

私が感じたのはこの村、昔外敵から逃れた人たちの村、つまり落人の村じゃないかということです。歴史を調べていませんが、この岩だらけの場所に定着したのにはそれなりの理由があることでしょう。

岩の中に住むということではイランの中にまた別な場所があります。英語では”Burnt City”と表記されていましたが、場所はキャンドヴァン村とは全然違うイランの南東にあります。メソポタミア文明の時代からあるそうで、貴重な遺跡だそうです。ちょっと治安の点で問題がありそうなので、こちらへの旅行は見合わせています。
e0031500_1518388.jpg

e0031500_15202040.jpg

e0031500_15192089.jpg

e0031500_15194524.jpg

e0031500_15212970.jpg

e0031500_15202684.jpg

e0031500_15204317.jpg





e0031500_15211618.jpg

e0031500_15225472.jpg

e0031500_1523131.jpg

e0031500_1522981.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-16 15:22


<< 天使の都(9)      天使の都(8) >>