えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 25日

プルトニウムの分析って簡単じゃないみたい。

どうして報道などにプルトニウムという名前が出てこないのかと不思議に思っていましたが、どうやらその分析は簡単ではないようで・・・ 名前を出せば、いったいいくらなのかと大騒ぎ・・・ どうもそれを恐れて情報統制をしているような気がしています。

放射性物質の中でも特に有害と言われるプルトニウム、今回の作業員の被曝事故をみると、やはり第3号機ではありませんか・・・ あのベータ線熱傷というのを知るとますます不安になってしまいます。

不安はますます疑心暗鬼になり、ひょっとして第3号機ってもう既にメルトダウンしているのでは?なんて想像してしまいます。こういう不安をなんとか払拭してくれないものかなぁ・・・

隠蔽が得意な政治家が被災地復興担当になったようで・・・ ますます隠蔽に磨きがかかりそう・・・ 困ったものだ。;;



CNNより

The building of the No. 3 reactor was "severely damaged" after an explosion caused by the buildup of hydrogen gas, reports the Japan Atomic Industrial Forum. Its core reactor is also damaged, its fuel rods are either partly or fully exposed. As to its nuclear spent fuel pool, reports are that the pool itself was "possibly damaged" and the water level has been low -- a reason for the repeated spraying.

どうにも心配になる。;;



あれ?NHKだけかな?

「深刻な事態が続いている福島第一原子力発電所について、経済産業省の原子力安全・保安院は、3号機の原子炉から何らかの形で放射性物質が漏れ出している可能性が高いという見方を示しました。」

それでも、プルサーマルとかMOX燃料とは言わないね。
[PR]

by elderman | 2011-03-25 10:25 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< 政治主導は独断専行とは違うはず      情報統制? >>