えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 13日

タイ料理(2)トムヤムクン

世界の三大スープの一つとも言われている有名なタイのスープ、トムヤムクンの番です。日本人がこのメニューをタイのレストランで発音しても通じない可能性があります。日本人を多く迎えているレストランなら通じるでしょうけどね。これもタイ語の単語ごとの抑揚の問題で、特に最後の部分のクンの発音が気になるところです。

トムヤムはスープの種類のことですが、クンは「海老」のことで、上昇して下降する抑揚を持つので、「クーン」と書いた方がいいかも知れません。

トムヤム・スープはタイだけではありません。マレイシアでも普通に食することができます。クーンはタイ語なので違った呼び名のはずですが、マレイシアではトムヤム・ミックスというのをよく注文したものです。

トムヤムクンに話を戻しますが、レストランによってかなり味は違うものです。まず、大きく二種類に分けることができると思いますが、ココナツの入っているものと入っていないものです。ココナツ入りは辛さが抑えられ、スープがやや白濁して、トロンとしたこってり味になります。すっきり辛いものが好きな方はココナツ入りでない方がいいでしょう。あとはお店による味付けでしょうか。

5星ホテルのトムヤムクンの味は、辛い味が苦手な欧米人に合わせて調整してあるので気の抜けたワサビのような感じですが、タイ人の行くレストランのトムヤムクンは非常に辛くて酸っぱいものです。私が辛いものを好きだと知っているタイ人でも、私のためにお店の人に辛さを抑えてと注文をつけてくれています。

トムヤムクンに使う海老は川海老が本当だとタイ人の友人が教えてくれました。川海老は海のものより臭いが少ないのでトムヤム味との相性がいいのかも知れません。10cmくらいの川海老が使われますが、その殻は海の海老より薄めで半透明なくらいです。

トムヤムクンの酸味はトマトとレモングラスから来ているようです。辛さは当然唐辛子ですね。最近はトムヤムクンに含まれる成分が健康にいいと言われているようですが、本当に抗癌性があるのかどうか私には分かりません。

ということで、トムヤムクンを初めて召し上がるとしたら、一流ホテルのレストランでどうぞ。辛さも酸味もしっかり抑えられているので、ちょっと気の抜けたトムヤムクンですがなにしろ安全ですからね。気に入りそうでしたら、次に本当のタイのレストランで辛さを抑えてもらって食べるというのがいいと思います。

タイ語で辛いは「ペッド」と言います。最後の「ド」は「D」だけで、しかも飲み込む感じです。タイ人がよく言う台詞に「マイ・ペッド・マイ・アロイ」というのがありますが、「辛くないものは美味しくない」という意味です。タイ人にとっては辛さというのが殊更重要なようです。
e0031500_15503179.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-13 15:49 | Comments(10)
Commented by ショコポチ at 2005-10-13 16:40 x
私は(日本で食べられるものに限定されますが)いままで食べた各国料理の中で、タイ料理が一番好きなんです。あの、辛いんだか甘いんだか酸っぱいんだかしょっぱいんだかわかんない複雑さに、「極楽」を感じます(笑)。しかしこれが現地の人が行くレストランだと、「ぢごく」に変わるのかも…?
Commented by elderman at 2005-10-13 16:51
ショコポチさん、こんにちは。^^
今、ビビンバご飯を食べたところでした。もちろん付いていたコチュジャンを全部入れて辛さを楽しみました。日本製のものは辛さが知れているから味見なんて必要ないもんね。^^
日本で食べるタイ料理は一般の日本人の味覚に合わされているので辛さは大分違うでしょうね。確かにタイ人が食べる辛さで食べないといけないとしたら地獄でしょうね。(笑)
Commented by anjoy24s at 2005-10-13 17:40 x
eldermanさん、こんばんわ。
色々な トムヤムをいただきましたけど、どれも美味しかったですね。 日本にも魚醤があるから もともと日本人の味覚に合うのでしょうか。 ただ世界の三大スープの一つというのは、どうなんでしょう。 これは世界共通の認識なんですか? そういえば、世界三大珍味なんてのもありますけど。
Commented by elderman at 2005-10-13 17:47
anjoy24sさん、どうも。
誰が言い出したのか知りませんが、世界の三大スープとして「ふかひれスープ」、「トムヤンクン」、「ボルシチ」、あるいは「ブイヤベース」が挙げられています。三大なんとかというのは語呂がいいからでしょうか。
Commented by anjoy24s at 2005-10-13 19:57 x
そういえば数年前にインドネシアで 「○○の素」 事件がありましたよね。 その事件関連の報道で初めてものすごい量の化学調味料が日本から東南アジアの国々に輸出されている事実をしりました。 特にベトナム、タイ料理には大量に使用されているという説もあります。 おそらくインドネシアも似たようなものですよね。 それが事実だとすると お膝もとの日本では 自然食、健康食の意識が高まる一方の昨今、 なんだかものすごく複雑な気持ちになります。 タイ料理がテーマなのにごめんなさい。 今ちょっと思い出したので。
Commented by elderman at 2005-10-13 20:23
anjoy24sさん、こんばんは。^^
熱帯の国では年中夏ばてのような状態なので香辛料や「うまみ調味料」は重要なものなのでしょうか。私は一切使いませんが、たまに妙にうまみが強調されているなと感じると「うまみ調味料」のせいだということがあります。ベトナムでは大量使用だと聞きましたが、タイもそうなのかな、私の行きつけのお店ではあまり感じませんでしたけどね。
Commented by pipuko at 2005-10-14 22:31 x
タイ料理は大好きですが、中でもトムヤムクンとグリーンカレーが大大大好きです(*^_^*)現地に行くまで、トムヤムクンは嫌いだったんですが、現地で食べてまさに目からウロコが・・・・といった感じでした。
酸っぱく辛くでもまろやかで・・・・たまりませんね。
ひさしぶりにタイに行ってみたくなりましたよ!
Commented by elderman at 2005-10-14 22:39
pipukoさん、こんばんは。^^
はい、そうだと思いますね。いくら日本で何でも手に入ると言っても、やっぱり現地の味は難しいと思います。タイ人がせっかく料理しても一般の日本人に受けない味では売れないから、結局アレンジしてしまう・・・ タイ人のシェフが食べる味を提供してほしいとお願いするしかないかもね。
本場に行かれたら、是非タイ人の行くレストランにどうぞ。シーロム・スクエア辺りでも味わえるかも知れませんが、英語のメニューがある代わりに値段が高いのが難点です。
Commented by MAY at 2007-05-31 09:34 x
昨日、タイ料理店に行きました。トムスープ食べました。タイ料理でもイーサン地方の方が調理されているということです。結構、辛いのに尚且つ辛いめにしていただきました。イーサン地方ってそんなに辛いのでしょうか。あとえるさんに聞きたいのですけど、トムヤンキューブってそちらに当たり前の様に売っているのでしょうか。前にタイに行った人から買ってきていただきました。それで、トムヤンスープをつくったらとても美味しかったです。
Commented by elderman at 2007-05-31 09:48
MAYさん、おはようございます。^^
イサーン地方は米どころですが、米しかないので、オカズは辛く、塩辛いものが多いと聞いています。日本のタイ料理のお店での辛さは相当控え目ですから、辛くして食べるというのは分かりますねぇ。でも、タイではやらない方がいいですよ。(笑)
トムヤム・キューブってフツーにあるでしょうね。タイでそれを探すという動機がないのであまり気にしていませんでした。今度、スーパーマーケットで探してみますね。日本でトムヤムクンを作る際、どうしても材料に事欠くので困ります。レモングラスとかパクチーとかなかなか手に入りませんからねぇ。


<< クイズ:どこの国でしょう?(3)      天使の都(3) >>