えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 08日

宇宙戦艦ではない戦艦大和

現在の朝日新聞をみていると戦艦大和を連想してしまった。末路には日本人の感性が強く作用しているように思える。

戦艦大和は建造当初は優れた巨大戦艦だった。しかし、皮肉にも航空機による攻撃がそれに勝ると証明した日本軍だったのに、最後は時代遅れの巨大戦艦を持ち出して自殺のような最期を遂げさせてしまった。

昔は朝日新聞は優れた新聞だったと思う。今では見る影もないが、その末路は戦艦大和のように思えて来た。沈むのを覚悟してもなお主張を変えないようだ。GHQに植えられたDNAも作用しているのだろうが、発行部数を減らしながらも偏向報道を続ける姿には哀れを感じてしまう。

腐りきった新聞の一刻も早い滅亡を!
[PR]

by elderman | 2011-01-08 08:02 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< 司法の犯罪行為      新語辞典 >>