えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 12日

タイ特集(3)スネークファーム

暁の寺を紹介しましたので同じボートで観光できるところもついでに紹介いたしましょう。今回は、前回エメラルド寺院を案内してもらった彼女とお友達の二人の女性が案内してくれました。彼女も美人だと思うのですが、そのお友達も美人なのには喜んでしまいました。

タイ人女性の「サワッディーカー」という声を聴いただけでとろけそうになってしまうのが、それがダブルですからたまりません。夢心地というものでしょうか。この二人がいなかったら、私の心の中のタイのイメージは相当違っていたことだと思います。

オリエンタルホテルの脇にある船着場で、ロングテールボートをチャーターして2時間コースで出発しました。ロングテールボートというのは、トラックのディーゼルエンジンを利用したボートでエンジンそのものが向きを変えることによって進行方向を変えるというものです。スクリューが長い棒の先の方についているので長い尾のように見えます。

このボートでチャオプラヤ川とその周辺にある運河を観光します。ボートのチャーター代は5000円くらいだったと思います。一隻のボートをチャーターするのですから、贅沢な気分を味わわないと損というものでしょう。二人のタイ美人を連れた日本人の私はどう見られたことでしょうか。(苦笑)

まだタイについて2週間目くらいですから、ほとんどタイのことを知らない時のことです。彼女たちに案内されるままに観光しました。ボートから見えるタイ人の家が運河の上にあります。暑いタイの生活ですから、水上生活が快適なのでしょう。私は家を支える木の柱が腐らないとかと余計な心配をしていました。

最初に着いたところはスネークファームでした。中にはいろいろな蛇が展示され、ショーもやっていました。ショーをやっていた男がショーの最中に蛇に噛まれて死んだとか、まことしやかに話をしています。二人の女性に囃されて大きなニシキヘビを体に巻きつけたのはこのときです。我ながら調子に乗せらると何でもやっちゃうんですね。ニシキヘビが温かく、どっしと重たくて奇妙な気分でした。

ボートが水路を進むと、物売りのボートが近づいてきます。お土産やら果物やら、この時の私にはいろいろなものが目新しいものばかりでした。熱帯果物の名前を教えてもらったり、味をみたりしているうちに昼食をしようということになりました。レストランとも呼べないような所にボートを寄せてもらい、私たちは板の間になっているところにそのまま座りました。

彼女たちがいろいろと注文をしてくれましたが、私はここで絶対に腹を壊すだろうと思っていました。しかし、美女たちの手前食べられないとも言えず覚悟を決めたのでした。彼女たちは唐辛子やナンプラー、さらには砂糖までかけて食べ始めました。私はおそるおそる箸をつけ味を見ます。ちょっと臭くて酸っぱくて辛い・・・ むぅ、お腹大丈夫だろうか。

彼女たちはいろいろと勧めてくれます。自分たちの食べている箸を使って、反対側なんかにしないでそのままでいろいろなものを取ってくれるのには驚きました。日本人は決してやらないことでしょう。タイと言えば汚いというイメージを持たれる日本人も多いことでしょうが、私はこうして徐々に馴らされていったものです。

今思えば、この頃はいろいろとカルチャーショックを味わえたものです。日本人の私があれこれ驚いているのが彼女たちには楽しかったのかなぁ・・・ ともあれ彼女たちの案内には感謝です。タイ料理については改めてご紹介する予定ですが、こういう場所での料理の写真がないのがちょっと残念です。

(オリエンタルホテル)
e0031500_025541.jpg

(水上のタイ人の家)
e0031500_04468.jpg

(スネークファーム入り口)
e0031500_051694.jpg

(ニシキヘビと戯れる)
e0031500_055813.jpg

(屋台みたいな所で昼食)
e0031500_063384.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-12 00:07 | Comments(17)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-10-12 00:50 x
今日本では、とんでもない蛇が捕獲されています。
今日もニュースでやっていたんだケド、
ペットとして飼い始めて、いやになった奴らが、放すらしい。
ネット上で、毒蛇とかも売買されていて、、、
日本は今、は虫類ブームらしいですyo。
Commented by totoro at 2005-10-12 01:08 x
こんばんは。大蛇と戯れるえるだまさんの引きつった笑顔にウケてしまいました(笑)ホント日本では駅のホームやTVの後ろから突然ヘビが発見されるニュースが報道されビックリしてるところです。簡単に手に入ってしまうのも困りものですよね。ヘビだって勝手に売り買いされて勝手に捨てられてカワイそう。でもこのヘビは元気に育ったみたいでヨカッタ?!
Commented by elderman at 2005-10-12 01:08
猫姫さん、それは大変。(汗)
爬虫類に人気があるというのは分かるような気がしますが、飼いきれなくて放すというのはいけませんねぇ・・・ 毒蛇は敵いませんね。(汗)
イグアナ、トカゲ、どれも可愛いじゃん。ワニはちょっと恐いかな。
Commented by elderman at 2005-10-12 01:10
totoroさん、こんばんは。^^
にゃはは、そりゃぁ、大蛇ですもの引きつりますとも。(笑)
まさか、絞めたりはしないでしょうけど、結構重たかったですよ。^^
Commented by aki at 2005-10-12 01:30 x
爬虫類とゴキブリとどっちを選ぶかって言われたら
迷わず爬虫類です。
あ、あたしが飼ったら最後は靴かバッグかもしれません。捨てません。
Commented by elderman at 2005-10-12 01:37
akiさん、そうでしょうね。(笑)
ワニ皮なんて女性にこれだけ愛されているんですから、生きているワニだって可愛いはずですけどね。(笑)
蛇の皮はどうなんだろう・・・ 手足がないから気持ち悪いというのはあるでしょうね。私は毛虫が大嫌いですけど。手足あるか・・・
Commented by epha at 2005-10-12 02:42
蛇、怖いですぅ。人間以外の毛が生えていない動物はちょっと苦手。結構楽しんでらっしゃる様子がするのですが、蛇好き?
Commented by elderman at 2005-10-12 04:08
ephaさん、おはようございます。^^
毛がない動物ですか、確かに気持ち悪いかもね。とすると毛は気持ちがいいのかな。毛皮とかそうですものね。
私は蛇に関しては特別な感情はないですね。毒蛇というのは嫌ですけど、蜥蜴、蛇、蛙など嫌悪感や恐怖心は持たないようです。
Commented by fairysilva2 at 2005-10-13 14:06
うわぁ~よくニシキヘビを首にまかれましたね~
想像するだけでも卒倒しそうです~
トップのeldermanさんのお写真とは大分違ってやはりお顔が引きつっていますね~(笑)
この時奥様もご覧になっていなくて、よかったですね~
私なら絶対止めてしまいますね~
Commented by elderman at 2005-10-13 14:18
fairysilva2さん、こんにちは。^^
巻くという感じよりも丸まっているものを頭からかぶせてもらったと言う感じです。話のネタになるでしょ。^^ 家内は蛇嫌いかなぁ・・・
Commented by Somtam at 2007-07-11 18:56 x
えるだまさん、こんにちは。
今タイに居るので是非このお寺に行ってみたいのですが、どうやって行ったらいいですか?他で調べてみたのですが、それらしい情報がないのです。。
Commented by えるだま at 2007-07-11 19:39 x
Somtamさん、こんにちは。^^
バンコクにいらっしゃるのでしたら、チャオプラヤ川沿いにあるホテルに行けば運河観光のロングテールボートがあります。ホテルのフロントで聞くのが早いかな。
定番の観光コースですから、ガイドブックにもあるはずですけどね。観光する場所は、蛇寺のほか、暁の寺などがあります。
オリエンタルホテルで聞けば確実ですけど、他のホテルでも同じようなオプショナルツアーは案内しているはずです。
Commented by Somtam at 2007-07-11 20:14 x
えるだまさん、ご返信ありがとうございます。(^ ^)
早速オリエンタルホテルに問い合わせてみました。蛇寺という所はないけれど、Canal Tour ではトンブリーのスネイクファームに立ち寄る事はできます、と言われました。こちらがそうなのでしょうか?
Commented by えるだま at 2007-07-11 20:59 x
Somtamさん、こんばんは。^^
あ、そうですね。スネークファームと呼んでいたかも知れません。
ソムタム食べて、元気にいってらっしゃ~い。^^
Commented by Somtam at 2007-07-13 11:57 x
えるだまさん、どうもありがとうございました!
Commented by えるだま at 2007-07-13 12:17 x
Somtamさん、いえいえ、どうも。^^
タイ滞在をお楽しみくださいね。
Commented by ユートラベル at 2010-02-02 17:46 x
はじめまして。ユートラベルノートの上阪と申します。
ブログを読ませていただきました。ブログから現地の様子が伝わってきました。水上で暮らすタイの生活って一度みてみたいな~と思いました。

「ユートラベルノート」はいろんなブログや情報を集めたサイトです。
また「トラベルノート」とは、いろんな情報をたくさんの方が見たり、書いたり、共有したり、意見を交換したりできる場所です。
現在、ユートラベルノートでは「韓国」からのいろいろな情報を発信し、皆さんの情報をもとに「トラベルノート」を作っています。この度、韓国だけでなく、全世界に関する情報を発信する準備をしており、連絡させて頂きました。

貴方の大切なブログ記事をユートラベルノートに掲載してみませんか?
感謝の気持ちを込めて、ささやかながらプレゼントもご用意させていただいています。
貴方のブログへのアクセスアップにもつながるかと思います。
よろしければぜひ一度、遊びにきてくださいね。


<< 世界の花(30)ホウセンカ      天使の都(1) >>