えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 11日

タイ特集(2)暁の寺

エメラルド寺院に次ぐ人気の「暁の寺」ですが、タイ語では「ワット・アルン」と言います。暁というと朝の薄暗い頃を言うと思うのですが、チャオプラヤ川から見ると夕方でないと見られないことになるのですが、どうなんでしょうね。チャオプラヤ川は蛇行しているから見るべきポイントがあるのでしょうか。

名前の由来を調べてみると、トンブリ王朝を開いたタクシン王がこの寺を菩提寺として「夜明けの寺」と名づけたのが始まりだそうで、「暁の寺」となったのはラマ4世の時代だそうです。やっぱり暁ですから夜明けなんですねぇ。

このお寺、中央の塔の回りに4本のミナレット(イスラム教寺院の尖塔)みたいな塔が建てられています。意味は知りませんが、それらが美しい造形美をもたらしていることは疑いのないことです。

ところが、この美しい塔ですが、接近するとその仕上げの粗悪さが目立ってしまいます。だからと言って「暁の寺」の価値が損なわれることはないのですが、陶器やガラスの破片が漆喰のようなものの中に無造作のように配置されているのは私には少しショックでした。離れたところからは大変綺麗な塔だけにということでしょうか。

私が「暁の寺」に行くときは、もっぱらチャオプラヤ川を渡って行きました。リバー・シティというところからもフェリーが出ていますが、ロングテールボートで観光するコースもあります。私は日本からのお客さんのあるときにはオリエンタル・ホテルの脇にあるサービスをよく利用したものです。
e0031500_034864.jpg

e0031500_044972.jpg

[PR]

by elderman | 2005-10-11 00:06 | Comments(4)
Commented by anjoy24s at 2005-10-11 21:38 x
eldermanさん、やっと一息です。 仕事が終わって、しかも食事の後の脳酸欠状態のこの時間帯のコメントは、またとんでもないことになりそうだから注意しないと。 (苦笑) 私にとってのタイ・・・は コ・ヘー。 観光しない、ショッピングしない、動かない。 (笑) 決して観光が嫌いなわけでも、ショッピングが 嫌いなわけでもないのですが、それをするには私の休みは短すぎるなぁ。 ただ怠慢なだけかもしれませんが。(笑) そうそう、 この稿を読んでいて、日本人のいいところ、思いつきました。 「器用」ですよね。それに几帳面さが伴って、日本人の「仕事」は何でも隅々まで美しいです。 それにしても 「日本人概論」 は難しい時代になりましたね。 
Commented by elderman at 2005-10-11 21:48
anjoy24sさん、お疲れ様です。^^
今日、バンコクを舞台にした短編小説をアップしようと決めたところです。小説の世界なら楽に観光ができるでしょ。お付き合いいただければ幸いです。
確かに日本人は器用ですね。隅から隅まで隙のない仕上げを見せてくれます。今の日本人は世代間のギャップが大きいので一概に表現するのは難しいですね。
Commented by anjoy24s at 2005-10-11 22:15 x
な、なんですと? いっぺんに眠気が吹き飛びました。 著者はeldermanさんなんですか?
Commented by elderman at 2005-10-11 22:31
anjoy24sさん、こんばんは。^^
短い小説ですから、驚かないでください。他人の作品を載せたりはいたしません。^^


<< 世界の花(29)キョウチクトウ      クイズ:どこの国でしょう?(2) >>