えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

秘書のおじさんの急死

昨日のことです、オフィスから帰ろうと建物の中を歩いているときに秘書のアツーサの携帯電話が鳴りました。いつもの明るいやりとりではなく、明らかに様子が変です。すれ違う人たちもその異様な雰囲気を察知して奇妙な表情を見せていました。

歩きながら電話をしていましたが、外に出る頃にようやく電話が終わりました。実際彼女は泣いていたのです。私が「誰か近い人が亡くなったの?」と聞くと、案の定、「おじさんが今朝亡くなりました」と言います。電話の相手はアツーサの母親でした。実の弟を亡くしたのですから、電話の向こうで嗚咽していたことは想像に難くありません。

いろいろと話を聞くと、そのおじさんはアツーサの母親の弟です。相当近い親族の急死ということになります。まだ50歳という若さ、心臓発作による急死でした。かなり太っていたと言います。カスピ海周辺に住んでいるにも拘わらず、羊の肉の多食家だったのでしょうか。イラン人にはこういう心臓発作での急死が多いように思われます。

ところでそのおじさんですが、子供が3人いて3人とも大学に在学中とのこと。これは大変です。そのおじさん、公務員を退職しているとのことで国から年金をもらって、なおかつ働いていたことでしょう。

子供たちは結構いい大学(学費が高い)に行っているとのことです。残された奥様は旦那の年金で暮らすことはできるでしょうが、子供たちの学費はどうにもならないでしょう。一番下の子供は大学に入学したばかり、一番上はPhD取得コースとのことで、途中で止めてしまうと修士号も取れないコースのようです。まさに突然の悲劇です。

生命保険について聞くと、イラン人の場合には高額の生命保険という制度はないようで、多額の一時金を得るということもないそうです。バリバリの働き手の万が一に際して何の保証もないというのは心細い話です。元気で生きているうちはそんなことは考えもしないでしょうが、実際問題ありうることです。

日本人の私は今何かの事故で死んだりしたら、少なくとも5000万円くらいの金額は家族に残せるでしょう。公務中、しかも飛行機事故だったら1億円くらいの保証があるかも知れません。こういう万が一の悲劇において何の保証もないというのが発展途上国の悲哀と言えるでしょう。

亡くなったおじさんの3人の子供たちの大学教育がどうなるのか私には分かりませんが、奨学金やら借金という手段ででも無事に卒業してもらいたいものです。親戚のつながりが濃いイランですが、お金のこととなると簡単にどうにかなるものでもないでしょう。

交通事故や心臓発作、これらが無くならない限り、こういう悲劇も存在することになります。厳しい日本の経済状況ですが、こういう悲劇を考えるとさすがに先進国のようです。もっとも生命保険に加入していないと同じ悲劇になってしまうでしょうね。

今回の悲劇とは関係ありませんが、発展途上国の人間の命の安さには驚かされます。ブラジルでは100万円でした。イランも似たようなものでしょう。自動車の方が人間の命より高価であるという事実はなんとも受け入れがたいものです。

面白いと思われたら是非クリックお願いします。m(__)m
順位はともかく、ポイントは下がると気になるし、上がると大変励みになります。^^
[PR]

by elderman | 2005-10-09 13:47 | 日々の雑感 | Comments(12)
Commented by 村野かかし at 2005-10-09 14:29 x
こんにちは。なんだか身につまされます。いくら表面的な生活は同じようであっても、そういった保障などのバックヤード部分では、どうしても先進国と途上国とでの格差は大きいのですね。そういえば以前、日本で中華航空機が事故を起こしたとき、その補償額の小ささがニュースになった記憶があります。それも同じことなのでしょう。

そういえば、お隣のパキスタンでは大地震があったようですね。その被災者や死亡者の家族も、今後の生活にさまざまな不安があるのでしょう。
なんだかんだ言っても、日本はいい国なんでしょうね、そういう面では。
Commented by elderman at 2005-10-09 14:40
村野かかしさん、こんにちは。^^
はい、そう思います。一見精神的に豊かに見えても保障などの面では明らかに先進国と途上国では違いますね。格安の航空会社の利用もいいけど、万が一の時の保障は期待できないですね。もっとも自分が死んじゃったらどうでもいいのかな。(笑)
パキスタンのイスラマバードにはパキスタン人の友人がいるので心配なのですが、一般住宅は大丈夫だと思います。
もちろん日本はいい国ですとも。^^
Commented by 猫姫 at 2005-10-09 14:45 x
大学の時に、お父様が会社倒産させてしまって、退学していったお友達がいました。
ひどい言い方ですが、亡くなるより、悲惨だったかも、、、
Commented by elderman at 2005-10-09 14:53
猫姫さん、どうでしょうねぇ。
生きていれば再起の道もあるんじゃないの?死んだらお仕舞いですよ。
生き地獄ってのも嫌だけどねぇ・・・ 人生楽じゃないねぇ。
Commented by aki at 2005-10-09 15:33 x
心臓病って本人に自覚がないまま突然死が多いので怖いですね。私の父は偶然血管造影の検査を勧められてやったところ、いつ心停止してもおかしくない状態であることが判明し、15年前に一度、そして昨年も一度
両方とも偶然に病状が判明して手術で命を取り留めました。
途上国ではこんな事前の検査なんて受ける人はいないのでしょうね。
父はその後も偶然初期のガンが見つかり再度命を取り留めました。
早期検査、自覚症状がないうちに検査を受ける大切さを本当に身にしみて感じます。死んでからの保障も大事ですけどまずは生きること・・・。
Commented by elderman at 2005-10-09 15:42
akiさん、そうですね。
医療水準というのも重要なことだと思います。死んでしまった人には悪いのですが、肥満という問題を抱えていたなら、もっと健康管理に留意すべきなのでしょう。そういう知識などが欠落しているのも途上国だと言ってしまえばそれまでなのですが・・・ まさか本人は自分が突然死するとは思ってもいないでしょうからね。
がんの早期発見も重要なことでしょう、定期的な健康診断くらい最低でもないとねぇ・・・ イランではちょっと期待できそうもないですけど。
Commented by 村野かかし at 2005-10-09 23:43 x
何度もすみません。
デザインの雰囲気、変わりました?
落ち着いていい感じですね。
(気がつくのが、遅い人なんで......すみません)
Commented by elderman at 2005-10-09 23:55
村野かかしさん、こんばんは。^^
ちょっと前に変えたばかりです。派手な色彩に少し飽きたというところでしょうか。いろいろ変えるのは好きではないので気に入れば定着させたいところです。このデザインで一点だけ好きでないところがありますけど、まぁ、妥協かな。(苦笑)
どうぞ何度でもお越しくださいませ。^^
Commented by japonikk-la at 2005-10-10 02:00
私も身近なイラン人達のこんな話をわりと知ってます。それで、アメリカ留学中が断念してトルコの大学に変えたりとか女一人で幼子5人を立派に全員理科系の大学にやり遂げたり、亡くなった兄弟達が助けて甥、姪に人並みの教育と生活を付けたりとか。体質的に高血圧みたいです。そんなに太ってなくでもどんなに食事制限をしても血圧が高かったりします。先進国でも日本程将来の事を考える人も多くないですよ。うちも家も無い、子供も無い、蓄えもたいして無いあるのは夫と私のお互いだけだねって言われて生命保険に入る様に3年前に勧められ一時はその気になりましたが夫は最終的には結局要らないと止めました。でもそれでタバコは止めましたが。わ〜、暗くなってしまったので失礼。
Commented by elderman at 2005-10-10 02:06
japonikk-laさん、どうなるんでしょうね。
イラン人の親戚付き合いの濃さなどを見ている私はこの先その家族がどうなるのか心配と興味があります。みんなで助け合って3人の子供たちが無事に大学を卒業できればいいのですが、果たしてどうなるのでしょう。死んでしまった人には気の毒ですが、生き残った家族がより気になります。
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-10 16:44 x
どんなに悲劇的に見える状況の中からであっても、必ず、何か 良い事が生まれます。 亡くなったおじさんも、あの時あの場所で亡くなること
 が、なんらかの影響を回りに与えると承知の上で、その時を選んでいるのです。(ヘンな言い方でおそらく多くの人は、反論するでしょうけれど。)
ましてや、おじさんは、ずっと遺したご家族や友人の側で見守っておられることでしょう。ただ、イスラームではそういう魂のあり方を認めていていないのが、残念です。
Commented by elderman at 2005-10-10 16:51
宇宙和里さん、こんにちは。^^
これから木曜日にお葬式になって、その時は親戚一同で故人を偲んで泣き明かすそうです。
その後1週間後くらいにそれぞれの家族の代表が集まって今後のことについて協議することになると言います。残された人たちの面倒とかいろいろな話合いになるのでしょう。イランの親戚付き合いは濃いですから、良い話し合いになるといいと思います。


<< ブラジル編(2)思い出の南十字星      日本人の特殊性:まとめ >>