えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

ブラジル編(1)食事の量

(こちらの原稿は旧ブログに収録したもので、こちらに保存するためのアップです。既に読まれた方はパスしてくださいね。)

習慣の差は食事の量にも現れるものです。日本人はよく「もったいない」と言って食事を残すことを戒めますが、これをブラジルでやると大変ですよ、10人分も食べないといけませんから。(笑) 実際20%程度しか食べられないのです。現地の人の感覚では、残すということは、満足する程食べたという証なのです。全部食べてしまうと、足りませんでしたという不満を表わすことになってしまう訳です。

ブラジリアのレストランで食事をしたとき、やはりすごい量がサービスされました。あらかた食べ終わって、ふと窓を見ると浮浪者が物乞いをしているではありませんか、山ほど残された食事と浮浪者・・・複雑な心境でした。この浮浪者に残り物などを与えると一生浮浪者を続けるので、もちろん与えはしませんでしたけどね。

誤解のないように付け足しますけど、南米の国々が全部そうとは限らないですよ。ベネズエラは食料を輸入している国ということもあり、レストランの食事の量は適正です。

面白いと思われたら是非クリックお願いします。m(__)m
順位はともかく、ポイントは下がると気になるし、上がると大変励みになります。^^
[PR]

by elderman | 2005-10-09 00:11 | Comments(4)
Commented by 猫姫少佐売れ残り at 2005-10-09 00:33 x
関係ないケド、
ブラジルの女性って、おしり大きいですよね。
Commented by elderman at 2005-10-09 00:37
猫姫さん、こんばんは。^^
HN占い信じているの?自虐的ユーモアだな。(爆)
ラテン人女性ってのはそうなんです。でも、足はほっそりしてますよ。^^
Commented by aki at 2005-10-09 12:20 x
私は食事がほとんどできないので、どこに行っても残すんですよね。デートに誘ってくれる人なんてみんな気を悪くしますって。笑
子供のころ給食が全部時間内に食べきれないと、連帯責任といわれ、
クラス全員が昼休み外に出してもらえない・・・っていう恐ろしい小学校に
転校したことがあり、それはもう地獄を見ました。私がストレスを感じると
食事ができなくなるのはたぶんあのときのトラウマじゃないかと・・・。
話がそれましたが、やはり残すほど食事を出すのなら、ほんの少しおいしいものを楽しみたい・・・って思います。そのあとのゴミ問題なんて日本と違って深刻ではないのでしょうね。私の住む町では、一世帯キュウリ一本分のゴミを減らすだけでなんたら・・っていう講習までありましたけど。
Commented by elderman at 2005-10-09 12:25
akiさん、こんにちは。^^
高級なものを少々、いいですねぇ。^^ 量より質がいいなぁ。
ひどい給食の教育指導ですね。無理やり食べさせる、連帯責任、すごい教育方針だ。むしろ食べさせないという罰の方が、食欲増進させるでしょうに。無理強いというのは問題でしょうねぇ。
ゴミ問題、日本は国土が狭いので深刻ですね。ブラジルやイランはゴミ捨て場には全然困りませんが、将来のことを考えると捨て方は検討すべきでしょうね。


<< 世界の花(27)インパチェンス      日本人の特殊性(33)日本人男性って >>