えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 08日

日本人の特殊性(33)日本人男性って

先日、秘書のアツーサに言われたことがあります。「日本人の男性よりイラン人の男性の方がいい」だって・・・ これにはカチンと来ましたが、冷静に考えると日本人男性って女性に誇れるような長所ってないみたいで・・・(汗) 今日は秘書の意見に同意してしまいました。

イラン人男性の方が家庭を大事にするし、女性に対する扱いも優しいし、子供と接する時間も長い・・・ どうにも日本人男性の出る幕がなさそうです。男性同士の比較ではありませんよ、女性、主婦からみた場合どうかってことなんですけどね。

つまり、日本人男性というのは女性や家族のためにというよりは、日本の男性には100%ベストを尽くして働けるという環境が揃えられているということなのではないかと思われるのです。天然資源のない国、日本人労働者の宿命のようにも思えます。

それでも私も日本男児の端くれ、どこかに日本人男性の長所ってないのかと一生懸命考えたのです。しかし残念ながら、イラン人秘書を説得できるような長所はどこにもありませんでした。つまり、日本というのは、それだけ男性社会であり、男性が働きやすいようなシステム、価値観が確立されているのだと改めて思いました。

私は悔しさ紛れに秘書に言いました、日本には「亭主、元気で留守がいい」というような言い回しもあるよってね。要するに夫は一生懸命稼いで家庭のためにお金を運んでくれればいいというものです。この感覚はイラン人の彼女には理解できないようでした。

国際人「えるだま」としてはなんとか逆襲してみたいところです。ゴジラ映画だって逆襲がキャッチコピーですもの・・・(関係ないか) そして、私が最後に言ったことで、彼女の表情が変わりました。さあ、謎解きが好きな方はここで読むのを止めて考えてみてくださいな。いったい私は何を言ったのでしょう。^^



私が言ったことは、「日本の亭主のほとんどは給料の全額を奥様に渡し、自分では小遣いを奥様にお願いしないといけない」。これです、多分ほとんどの日本人家庭がこのシステムではないでしょうか・・・ 私のところは結婚してからもこのシステムは採用しておりませんけど。

すると彼女の顔色が変わりました。そうなんです、家庭の経費などを管理するのは旦那の役割りというのが世界では常識なんです。日本のシステムが特殊なんですね。奥様に家計一切を取り仕切るという権限を与えられるというのは多分日本人の特殊性と言ってもいいでしょう。

欧米では財布の紐の管理は男性が普通です。考えてみれば稼いで来た人が管理するというのは当然に思えますね。しかし、日本の場合は完全に違っています。稼ぐのは亭主、管理するのは奥様、そういうのが一般的なようです。(私のところが違うのでどうしても一般論になってしまいます、私は自分の給料を一回も家内に渡したことがありません。汗)

日本の亭主族のなかには100円亭主ってのもあってね・・・ などなど日本の亭主族の悲哀を笑い話にした後、私は言いました。「私は女性にとっての日本人男性のよさというものをみつけることはできなかったけど、間接的に今の日本の生活水準を作り上げたのはそういう日本人男性たちなんだということは言える。イラン人男性がいいというということは、今のイランの生活水準で満足しているということになるけど、それでもいいの?この現状はイラン人男性が作り出したものじゃないの?」

そう訊かれても、明快な答えってないですよね。できればイラン人のように時間をたっぷり使い、家族と一緒に過ごし、日本人のように何でも手に入る国にいて、十分な給料が得られる・・・ そんな生活が望ましいのでしょうけど、なかなかそうはいかないもののようです。
[PR]

by elderman | 2005-10-08 11:43 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(18)
Commented by japonikk-la at 2005-10-08 14:02
ぱちぱちぱち!思いやりの汚名をすっかり挽回して日本人の特殊性のとっても良い締めになった様に思います。すごいパンチラインが閃きましたよね。お給料を全部奥さんに渡すっていうの。ちなみにうちは彼全部私に給料くれて、私が彼にこずかいをあげます。だから私はイラン人と日本の両方のいいとこどりでラッキー。
Commented by elderman at 2005-10-08 14:24
japonikk-laさん、ありがとうございます。^^
このテーマは苦しかったですねぇ。(汗) やっと抵抗できる話をみつけられたのは幸いでしたが・・・ その程度とはねぇ。(苦笑)
日本人女性に外国人との結婚を勧めるつもりは毛頭ありません。(笑) もちろん、反対でもありませんけどね。^^
Commented by anjoy24s at 2005-10-08 15:40 x
eldermanさん、
再従姉妹がイギリス人男性と結婚していたときにこの欧米型システムを知りました。 不思議なのは、毎年何十万人もの日本人が旅行で海外に
出かけ、あるいは eldermanさんやjaponikk-laさんのように、海外在住の日本人の数だって相当数いるはずなのにこの重大な事実(笑)が日本でほとんど知られていないのは何故なのでしょうね。
常々思うんです。 よく日本人男性は暴動をおこさないなぁって・・・・
知らぬが仏状態なのか、知っていて諦めているのか・・・
もしかして、近年ますます強くなった日本女性が自分たちに不利な情報だとして規制をかけているとか・・・(笑、んなわけないけど)
でも実際のところそう思わせるほど知られていませんねぇ。
Commented by elderman at 2005-10-08 15:45
anjoy24sさん、どうなんでしょうねぇ。
日本人男性、知っていてもそうしているのでしょう。管理させておく方が無駄遣いしないんじゃないかな。旦那が財布の紐を握っているといつもなにか買ってほしいとねだられてたまらないんじゃないかなぁ。(笑)
それに、日本人男性は働き蜂ですから管理する時間もないでしょ。この辺の事情から来ているのだと思いますけどね。
Commented by kenbon at 2005-10-08 16:10 x
日本から離れた視点で自分が世界からどう見えるのか?

よい経験?になりました。
イラン女性は口説きません(笑
Commented by anjyoy24s at 2005-10-08 16:15 x
eldermanさん、
唐突ですが、イランでは平均寿命の男女差はどのくらいなんでしょう?
Commented by elderman at 2005-10-08 17:57
kenbonさん、こんにちは。^^
世界は広いですから、いろいろな考え方、文化・習慣がありますね。
日本は島国ですから、特有の習慣をいろいろ持っている国だと思います。
今回の話はイラン女性に限ったことではないので、知っているのは私の秘書くらいなものかな。^^
Commented by elderman at 2005-10-08 17:59
anjyoy24sさん、こんにちは。^^
統計値は出ていると思いますが、イランのことなので信頼できるかどうか分からないし、イラン・イラク戦争もあったりで、統計にどのように反映されているかも調べないとならないし、ちょっと分かりませんね。
長生きしている人もいますが、かなりの人が心臓発作で亡くなっています。長寿国とは言えないようです。女性の方が寿命は長いと思われます。正確なことが言えなくてすいません。
Commented by kaze at 2005-10-08 21:00 x
日本の亭主のいいところはそれだけですか?
ちょっとさみしいですね。
私も結婚以来小遣いをささやかにもらっていますが・・。
ところでえるだまさんはその日本男性のいいところを放棄ですか?(笑)
日本男性の良いところ、もっと別の観点からも考えてくださいね。
おっと、考えなければならないのは私自身でしたね。(^^)
Commented by elderman at 2005-10-08 21:53
kazeさん、こんばんは。^^
かなりさみしいでしょう。これでも3日くらいずっと考えたんですよ。(苦笑)
私は亭主としては、「元気で留守がいい」の類なんでどうなんでしょうねぇ。今でも実家の光熱費やらは当然負担しておりますが、給料は家内の管理下にはないですね。^^
kazeさんからすごい提案があるのかと思ったのに残念です。みつけて教えてくださいな。
Commented by shadha-my at 2005-10-08 23:36 x
アツーサの顔色が変わったあたりは、そうなんだ~と感心しました。
ウチはどうなるんだろう?
合理的に、話し合いで決めるかも知れません。
適性もありますから旦那管理・奥さん管理、私はどちらでも
良いと思っています。
管理する方が運用まで責任追うことになるのでは?
ということは、日本の生活水準をあげたのは、無言で男性に
プレッシャーをかける家のおかみなのでは? 
もちろん、
お小遣いあげて欲しいと思う、
男性陣の多大な貢献があってこそですけど。^o^
Commented by aki at 2005-10-09 00:08 x
日本の男性社会で働いていて、正直これで家庭を顧みろってムリ。
自分のことで精一杯です。長生きできそうにありません。
働くために生きているの?これじゃ女性だって亭主元気で留守がいいって言うよなぁ。こんなふうに働く意味ってなんだろう?
Commented by elderman at 2005-10-09 00:18
shadha-myさん、こんばんは。^^
イラン人家庭も欧米流ですね。もっとも日本だけが変わったシステムを持っていると思いますけど。
管理する方は、貯蓄も考えないといけないし、大変でしょうね。
日本の場合、旦那の突然の支出には当然奥様は応えないといけないでしょうけど、亭主族はぶつぶつ言われるのが嫌でなかなか言い出せないというのはあるでしょうね。(笑)
Commented by elderman at 2005-10-09 00:20
akiさん、そうでしょう。^^
akiさんの場合は、男性社会の中で働いているから、世の亭主族がとても家計やらの管理までできないって分かるでしょ。
日本人って根っからの働き蜂だとは思わないのですが、今の日本の情勢では遮二無二働かないとリストラされちゃうしねぇ。
とても豊かな国だとは思えません。(苦笑)
Commented by anjoy24s at 2005-10-09 12:13 x
eldermanさん、 日を跨いでこんにちわ。
コメントの直前に読んでいた我が業界誌によれば、同業男性の平均寿命は日本人男性のそれより4年も短いと。 この数字を単純に日本男性の平均寿命欄に入れると 男/女値は87.2。 驚くべき数値です。 有り体に言えば労働環境が最悪なわけで、特に大都市圏では就業時間が12時間にも及ぶところも少なくないとか。 信じられます? さみしいのを通り越してかなしいー! 単純比較は出来ませんが、働き蜂日本男性の最先端を突っ走る我が同業男性陣とは対極のゆるやかな時間的制約の中で働くイラン人の平均寿命は・・・っと検索してみました。 テーマからそれた内容でごめんなさい。
Commented by elderman at 2005-10-09 12:19
anjoy24sさん、こんにちは。^^
食事も違う民族の比較は難しいと思いますね。イラン人でもそれなりにストレスはあるでしょうし、外で働く男性の寿命は短いかも知れません。
私の個人的な感じですが、外国で厳しく働いている商社マンの疲れというのが気になります。50歳過ぎるころからなんだかヨレヨレに見えてしまいます。商社で働く人が言っていましたが、その業界の平均寿命が一番短くて、5年くらい短いんだそうです。
Commented by あいあい at 2005-10-10 10:24 x
以前、一緒に働いていた同僚の男性は、それなりのお給料をもらっているはずなのに、月々のお小遣いが3万円でした。その中から、タバコ代とお昼代を捻出していました。私達OLは自由にお金を使っていますからねぇ・・・なんか痛々しかったです。
若い共働き夫婦の話をきくと事情も変わってきているみたいですが、日本で家庭を持つって大変なんですね。あ、その方、いつも週末の家族行事を嬉しそうに報告していたので、円満ファミリーみたいでしたよ♪
Commented by elderman at 2005-10-10 11:35
あいあいさん、おはようございます。^^
そういう姿って日本のサラリーマン男性の普通の姿だと思います。
飲み会が入ると奥様におねだりしないといけないのね。
面白い日本人独特のやり方だと思います。悪いやり方だとは思いませんが、私は嫌だなぁ。(苦笑)


<< ブラジル編(1)食事の量      世界の花(26)ベゴニア >>