えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 09日

小沢さんは冤罪とは言わない

ずっと考えていることなんですが、小沢さんは冤罪という言葉を使いませんね。秘書が逮捕、起訴されたときには怒りを表していましたが、その後は検察は公正であるという表現をするようになりましたね。

もちろん、やましいことがあるから冤罪という言葉を使えないとは考えていません。小沢さんの思考、戦略を知りたいと思い、考えをめぐらしているのです。

おそらく検察との全面戦争に突入するのは不利との形成判断があったのだろうと思います。秘書の逮捕の段階で宣戦布告をしてしまったのでは、孤立してしまい、悪のレッテルを貼られて、志半ばにして政治の世界から追放されてしまうことになると判断したのでしょう。

そして、現在、検察は不起訴にしてもまだなお冤罪という表現は使っていません。検察が勝手にストーリーを作って、叩けば何かが出るという見込み捜査も虚しく、結局証拠がなかった・・・証拠不十分という表現は気に入りませんが、起訴できる証拠がなかったのでしょう。

それでも小沢さんは冤罪という過激な言葉を使いませんね。起訴されていないから使わないのでしょうけど、冤罪を企てたなんてことは言おうと思えば言えるはずだと思います。

敢えて言わないのは、おそらく全面戦争が賢明な選択だと考えていないからだと思います。小沢さんには日本のためにやりたいことが山ほどあります。検察と戦争をやっていたのでは、時間の浪費になってしまうでしょう。

木っ端役人など、小沢さんが政権の中心である総理大臣になれば尻尾を振ってくるとしたものじゃないかな。

小沢さんは言い訳もしないし、他人の悪口も言いません。本当に強い信念を持ち、強靭な忍耐力を持っているものだと感心してしまいます。マスコミを敵に回しても小沢さんから滲み出すものは人々の心を打つようです。

今の日本、どこまで極限状態なのか、これが問題で、開発途上国と比べてまだまだ豊かだと日本人の多くが思っているならば、小沢さんの登場は少し早いのかも知れません。

明日にはあの村木さんの冤罪が晴れることでしょう。これは小沢さんにとっても順風です。地検の特捜の見込み捜査が明らかになる事件です。これを機に大きく流れが変わると期待していますが、どうでしょうか。マスコミはできるだけ小さく扱おうとするんじゃないかな。
[PR]

by elderman | 2010-09-09 02:46 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< 新語辞典      日本のマスコミの没落は近い >>