えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 07日

日本人の特殊性(32)おもいやり(3)

「おもいやり」というのは相手の立場になって親身に考え、その上で適切な対応をとるというものだと思います。極端な場合、友人が誰かの悪口をさんざん言っていても、実はその人を好きだからなんてケースもあるでしょう。言葉だけを真に受けて対応したら、まったく反対の対応になってしまうかも知れません。

日本人の場合、特にこの相手の立場になって考えるということが習慣になっているようです。多くの外国人と接してきましたが、彼らはとても親切で困ったことは喜んで助けてくれます。しかし多くの経験から感じることですが、彼らはこちらが何を言いたいのかという点に関心が集中しているように思われます。

日本人の場合、直接お願いしたり、頼むことをためらう性格があるようで、何かを話しながら相手に本心を察してもらうというようなこともありますね。こういうやりとりは私が外国人だからそうなのでしょうけど、外国にいてはあまり経験していません。

日本人同士の「おもいやり」をみていて当惑することがあります。的外れな「おもいやり」をしてしまうことってありますよね。考え過ぎて「おもいやり」のつもりで言ったものが悪く取られたり、それを修正しようとしてますますこじれたりして・・・ こういうのは日本人同士でよくあることのように思えます。「おもいやり」の弊害とも言えるでしょうか。リアルタイムで進むチャットなどではこのすれ違いをよく経験したものです。

最近の若い人たちの会話や文章表現をみていると普通の言い回し少なくて、断定を極力避けているように見受けられます。これも他人の感情を害することのないようにという「おもいやり」の一種の表れなのでしょう。どこの国の人でもあるでしょうが、いつでも嫌われたくないと神経を使うのが日本の特徴のように思われます。

「おもいやり」の反対にあるのは「自分の気持ちを察してほしい」というのがあると思います。いろいろやりとりの後、相手が察してくれないと、「おもいやり」がないという批難をしてしまうのではないでしょうか。この辺りは妙に日本人という感じがします。

私のような鈍感な人間では、しょっちゅう「おもいやり」がないという批難を受けてしまいかねません。批難されてから、そういうものなのかなんて分かるというのではちょっと辛いですね。この辺りは家内に聞いてみないとね・・・ んー、耳が痛くなりそうだ。(苦笑)

日本人の特殊性としては、同じ言語を使い、ニュアンスを大切にするものだから、ことさら察するということが重要視されるような気がします。言い回しにおいて末尾がこれほど柔軟でなければそこまでデリケートにならずに済んだかも知れないと思ったりします。

「分かった」
「分かったよ」
「分かったってば」
「分かった、分かった」

これだけの表現で感情まで伝わってしまいますものね。「はい」と「はいはい」でも大分違いますものね。返事は一回でよろしいってね。(笑) 実際の会話ではそこにトーンまで加わりますから、人間の付き合いというのは楽じゃないですね。(苦笑)
[PR]

by elderman | 2005-10-07 11:37 | えるだま雑記【案内画面】


<< クイズ:どこの国でしょう?(1)      世界の花(25)センニチコウ >>