えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 06日

日本人の特殊性(32)おもいやり(2)

前置きが、大分長くなりましたが、本題はこれからでして、いよいよ「おもいやり」に触れて行きたいと思います。お気づきになられたと思いますが、この「おもいやり」も表現方法は違いますが、敬語、謙譲語、丁寧語のような意味を持っており、同様に「日本人は仲間意識も強いですが、互いに監視し合う習慣が身についてしまっている。」というところから発しているようにも思われるのです。

これは「おもいやり」を美徳と考えるものとは違います。どう思われるかということを意識した「おもいやり」のポーズということなのです。本当の「おもいやり」ならいいのですが、果たして形式に陥った「おもいやり」、他人の目を意識した「おもいやり」ではないと言い切れるでしょうか?

えっと、前回の問題提起は、日本人の美徳のひとつである「「おもいやり」」に対しての批判ではなく、「おもいやり」が日本とは違う文化的、歴史的背景を持つ外国の国の人々に理解可能かということを考えるためのものです。ヨーロッパ人の日本人とは反対の考え方も紹介いたしましたが、果たして外国人に日本人の「おもいやり」という考え方が理解されるでしょうか?

誤解のないために付け加えますが、外国人に全然「おもいやり」がないとか、日本人の全員に「おもいやり」が備わっているということを申し上げている訳ではありません。日本人の「おもいやり」と申し上げながらも、自己主張が強く自分勝手な行動が目立つ外国、特に中近東のイランの国民性を念頭に置いていることは間違いありません。

イラン人の国民性を見ていると、アラビアのロレンスという映画が思い出されます。外部では植民地化が進む中、国の中では民族紛争で明け暮れている。そんな中で民族の団結、協調を進めるのは容易なことではないはずです。中近東に来てみて、もう一度見たくなった映画がアラビアのロレンスです。

身内や、親しい人に対する「おもいやり」には、日本人と外国人でそれほどの違いはないと思います。ですから、問題はそれ以上の対象に対する「おもいやり」、配慮だと思います。日本でも、知っている人がいるかいないかで、役所の対応がかなり違うということがありますが、多くの発展途上国ではそれ以上の問題をよく見かけます。書類がいつまでも動かなかったりですね・・・・ どこかに垣根があって、その広さの問題かもしれません。

日本人って心のどこかに人間だから考えることは一緒って楽観していませんか?そりゃあ、肉親の死去で悲しまないってことはないですから、そういう基本的なところではもちろん同じです。ただ、海外においては、日常生活、仕事の進め方においてはかなりの相違に直面することが多くあります。今回は本題からは少し外れますが、その相違について触れてみたいと思います。

まず、思考方法ですが、日本人は螺旋型、西欧人は直線型と言われています。日本人は、天気のことから始まって、じわじわと本題に接近しますよね。決して天気に興味がある訳ではないのです。(笑) 相手の反応を探りながら、本題に向かうので、螺旋型って呼ばれるのでしょう。

一方、西欧人は、単刀直入が多いようです。もちろん、「ご機嫌いかがですか?」という挨拶の後ではありますけどもね。

この原因は、やはり島国と大陸という差から来ているものと思われます。言語も民族も違う大陸型では、微妙なニュアンスを伝えるよりも、目的をはっきりと伝えることが優先するからでしょう。微妙な表現を使っても、母国語の違う相手がそれを理解するとは思えませんからね。

それから、文章ですが、日本語の文章は書き手主体の文章と言われています。書き手が好きに書いて、読み手はそれを理解しようとする。これは書き手にとっては楽なものです。西欧人の文章は、読み手主体の文章と言われています。分かり易くないと、いい文書ではないのです。

日本人の文書をみると、拝啓から始まって、時候の挨拶、相手の健勝や、会社の清栄に触れて、それから「さて」で始まる前段があって、「つきましては」からが本文になりますね。そうして、最後にまた挨拶があって・・・・・・・やれやれという感じです。

一方、西欧人の文書となると、挨拶もなにもなく、いきなり本文になります。日本人にはいささか抵抗がありますが、簡潔明瞭、余分なものは何にもありません。親しい間での、またお会いしましょうとかは、もちろんありますが、友人関係でもないと、本文は極めてあっさりです。

西欧人が、直訳した日本語の文章をみたら、さぞかし当惑することでしょう。なんで、そんなこと書いているのかなってね。季節のことはいいから、なんなの?会社は無事ですよ。説明が長いなぁ・・何を言いたいの?・・・ってな具合でしょう。(笑)

という具合に相当感性も習慣も違うものなのです。根本の違いを理解して進めなければいけないのが、日本から外国に対するアプローチだと思います。ちょっと、脇道に逸れましたが、少し触れておきたかったことです。
[PR]

by elderman | 2005-10-06 17:49 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(12)
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-06 19:00 x
こんばんわ~。日本人と 西欧人(他民族)の おもいやり の差、捉え方の差、なんとなくわかります。じわじわといく、螺旋型というも、よく分かります。「沈黙は金なり」っていうことわざは西欧にもあるのに、日本は、この沈黙(黙っていても察する)とか、行間を読むとか、それがないと デリカシーがないみたいにみられたりして・・・。 島国で小さかったから、テレパシーが通じたのでしょうか?!狭すぎてケンカするわけにいかないから、妥協しつつ共存する道をさぐった・・・・名残でしょうか。 なのに、なぜ、現在は、ほんとうの おもいやり がないのかな? 『人を信用しなくなったから、信用できない世の中になった・・・』と思うのですけど、 本当の意味のおもいやりがあれば、子供に発信機持たせるような社会にならなかったと思うんです。やっぱり、どこかで、>>「おもいやり」のポーズ>>が 多くなったのかもしれないですね、競争するという社会のあり方が、そうの原因にあるような気がします。おもいやり、とは話がずれますけど、、。 監視されている中でのおもいやり、難しいなあ~。
Commented by elderman at 2005-10-06 19:13
宇宙和里さん、こんばんは。^^
勝ち組、負け組なんて表現が普通になってしまった世の中のようです。田舎に住んでいるだけで負け組にされるなんてことが許されるはずがないのに、今の日本って平気みたいで・・・ 困ったものです。
「おもいやり」が日本人の美徳だと思っていましたが、昨今の日本を見ているとどうもそうは思えなくなってきています。絶叫する首相を支持する国民にいつからなってしまったのでしょう・・・ 不思議な気がします。「おもいやり」って貧しい時代だからあったのでしょうか、それとも精神的に余裕があったからできたのでしょうか、それとも見せかけだけだったのでしょうか・・・
Commented by aki at 2005-10-07 00:09 x
最近レオのあっさりした考え方に感化されたせいか、いちいち「ごめんね」って意味もなく言う人を鬱陶しいと思うことがある。私のスペースにも、いちいち「傷つけてたらごめんね」ってコメントくださる方がいらしたのだけど
、それって本当に傷つける文章なら書かないでしょ?そんなつもりがないのならなぜ私が何も感じないのに先に謝っておくのかなって、とても気になった。自己満足に他ならないと思えた。レオに私が謝るときも同じだった。悪気がないことを理解しているから彼は謝るのはやめてくれと言っていたのだろう。・・・って思ってたらスペイン人のダニエルは、メールが遅れただけでいちいち謝ってくるんですね・・・これってやっぱり私に、はよ返事よこせっていう婉曲な言い方なんだろうか・・・って、とても気になりながら、べつにBFじゃなし、遅れてもいーじゃんって放置するんですが。
Commented by elderman at 2005-10-07 00:10
akiさん、こんばんは。^^
考え過ぎずに表現どおり受け取る方が気楽ですよ。日本人はニュアンスに強いから行間まで読む習慣がついちゃっていますね。「今日はとっても綺麗だね」という表現がセクハラになってしまうのもそういう背景があるからでしょう。素直に言っていても、「じゃぁ昨日まではなんだったのよ」なんてなことになるしねぇ・・・
なんでも「すみません」の連発で凌ぐ人もいるでしょうけど、あんまり格好のいいものじゃないけど、先に謝っておくというのも逆に生活の知恵なのかもね。
Commented by japonikk-la at 2005-10-07 04:34
えるだまさんのおっしゃるおもいやりからは意味が離れてしまうかもしれないけれども、やっぱりおもいやりってどれだけ相手の事に関心があってその人の気持ちを察してあげれるかどうかだと思います。そういう優しい心がだんだん持てなくなってしまっている様な気がします。たとえポーズでも相手を思う言葉にすることだっていいんじゃないかなって。そこからだんだん内面も変わるかもしれないしとも思います。
こっちの文章の書き方最初に結論を持ってきてそれを証明ではっきりしてますよね。でも日本式のだんだんわかっていく楽しみは薄らぐけれどもね。
Commented by anjoy24s at 2005-10-07 07:28 x
eldermanさん、おはようございます。
様々な意味での礼儀、作法はもともと相手に対して不愉快な気分にさせない為に、その時代時代で自然発生的にうまれてきたもののように思うのですが、それがあまりにも形骸化すると、慇懃無礼なことにもなりかねませんよね。要は、TPOをわきまえ、うまく使いこなせればよい事なのでしょうが、そのためには自分自身のなかに、使いこなす為のツールと使いこなすだけのスキルを養わなければならないってことなのかなぁ。
「おもいやり」に関しては、まずeldermanさんの考える「おもいやり」とは
何かを示していただけるともう少し的をしぼってコメントしやすかったように思うのですが・・・
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-07 09:37 x
引き続き:anjoy24sさんのコメントを読ませていただいて、不思議になったので「思いやり」を英和辞書で調べたら、いや~多い!【attention,charity,delicacy,sensitivity,sympathy,thought,warmth, など&思いやりのある=good-hearted, thoughtful, ~ない=inconsiderate, thoughtless ,など】 英語の方が理解しやすいかも?!娘が幼児だった頃、”おもいやり”の心っていうのは、家族(もしくはその子供を取り巻く最少・最短距離の社会環境)の在り方、我が家の場合、彼女の両親の互いへの接し方、そういうのを見て体験して、彼女はそれを培っていくんだろうな~と思っていました。私達が漠然と考えている日本語の思いやりって、相手を慈しむこと、大事に思うこと、そういうのが基本になっていて、どちらかというと自分がどういうアクションを起こすか、ではなくて、相手本意だったりする。本当は、自分を大事にできない人は他人の気持ちだって大事に出来ない、と私は思うんですけど、「人のことを考えなさい!迷惑にならないように!等」って言われて育つから、自分が二番目になってしまう。西欧社会には元来、隣人愛の思想があるから、日本と感じ方が違うのかもしれない、って思いました。
Commented by 宇宙和里 at 2005-10-07 09:40 x
(続き)それに、えるだまさんが書いておられるように、西欧は、「個人」が集まる社会なので、個が主体になる、、そういうことから「おもいやり」って社会における受け留め方がちがうのかもしないな~なんて思いました。 
Commented by elderman at 2005-10-07 11:14
japonikk-laさん、こんばんは。^^
2回シリーズだと前に言いましたが、ご覧のように内容は支離滅裂になってしまいまして・・・(汗) 後1回続きます。今回もまた相当脇道に逸れてしまいました。
早い話が、相手を思い遣る気持ちだと言ってしまえば、お仕舞いなんですが、その流儀やアプローチにいろいろありそうだってことで寄り道になったようです。
Commented by elderman at 2005-10-07 11:19
anjoy24sさん、おはようございます。^^
今回の作文は支離滅裂で、それにお付き合いさせてしまってすいません。(苦笑)
「おもいやり」そのものを辞書のごとく説明してしまうのはやさしいかも知れないけど、その表し方、思考の経路、などいろいろあって・・・ 私自身の考えが整理されていないからこうなっちゃったんでしょう。荷が重たいテーマだったようです。
Commented by elderman at 2005-10-07 11:22
宇宙和里さん、おはようございます。^^
「おもいやり」って英語で適訳がないなぁ、なんてことから日本人の特殊性として書き始めたのかも知れません。かと言って外国人に思いやりの心がない訳でもないし・・・ ということで脇道に逸れてばかりになってしまったようです。
Commented by elderman at 2005-10-07 11:24
宇宙和里さん、そうですね。^^
ここでは結論みたいなものを述べるつもりもないので、おもいやりをめぐっていろいろと日本人の習慣、思考について考えてみたということになるのかな。すっきりしない文章を書いてしまいました。(苦笑)


<< 世界の花(25)センニチコウ      月の砂漠(体験記)その6 >>