えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 05日

月の砂漠(体験記)その3

小休止の後、再び目指す砂漠に向かいました。驚くことに道がずーっと確認できました。いったい誰がどんな目的でこんなルートを進むのでしょうか。イラン人はまったく砂漠に関心を寄せないし、外国人がわざわざここまで砂漠を見に来るとも思えないのですが・・・

移動すること約20分、ついに目指す砂漠が見えて来ました。こちらもやはり砂漠の山です。もう道とは呼べないような道でしたが、轍は見られます。四輪駆動車は決して道路と思しきところ以外は走ろうとはしませんでした。何があるか分からないというところは避けたいのでしょう。車が命綱ですから事故でも起こされたら大変です。
e0031500_13174525.jpg

ガイド氏が意図したのは、道から歩いて砂漠まであまり遠くないところを選んだという気がしました。やはり道なき道を車で進むのは無謀ということなのでしょう。我々は早速車を降りて砂漠に向かいます。ここでの砂漠の境目もせいぜい10mくらいでした。

がっかりしたことのもう一つは、砂漠と普通の場所との距離が近かったことです。砂漠のような場所を車でしばらくは進むものと考えていたのですが、ほんの5分も歩けば普通の地形に辿り着いてしまう・・・便利だけど、なんだかがっかりです。

砂漠に足を踏み入れると、比較的かたいところとゆるいところがありました。かたいところを歩くのは楽なのですが、ゆるいところでは足が砂に潜ってしまい、かなり歩きにくいものです。30mくらい登ると小高い丘になりました。まだまだ砂漠は高いところまで続いています。

我々の登った場所は砂漠の西端になり、一番の風下地点になります。その30mほどの丘の端は、砂が崩壊してできた傾斜を持っています。そして、それが次々に草木を飲み込んでいるのが確認できます。30mで30度くらいの傾斜ですから、上から下を見ると結構怖いものです。しかも砂が足元から崩壊するんじゃないかと思われ、なかなかその縁までは接近することがためらわれました。
e0031500_13183630.jpg

e0031500_13191741.jpg

e0031500_132016.jpg

ところがガイド氏、ちゃっかりとその縁に腰掛けて夕日を眺めているじゃありませんか。砂の性質、形状をよく知っているのでしょう。それでも我々の誰もそれを真似をしようとはしませんでした。砂漠の興味深い造形美を写真に収めているうちに日没が始まりました。雲ひとつない完全な快晴の中での日没です。
e0031500_13215665.jpg

e0031500_1321322.jpg

完全に日が沈んでもまだまだ明るいので、我々は一旦車のところに戻ることにしました。私は待ちかねていたビールが飲みたくてしょうがありません。ガイド氏はそこに毛布を引いて腰を落ち着けるようです。私は砂漠でビールを飲みたいといいもう一人の日本人と一緒に先ほどの丘にビールを持って戻ることにしました。

今度は大胆にも、二人で崩壊する三日月の弧の頂上でガイド氏がしたことを真似することにしました。まるでやんちゃ坊主が二人砂漠の上で遊んでいるみたいです。足で砂を落とすと、周囲の砂がずるずると流れ始め、腰掛けている場所の1cmくらいが崩壊しました。一瞬恐怖が走りましたが、それは直ぐに止まり、連続して大きな崩壊が起きないことを知りました。少しずつ、少しずつ砂が風に運ばれて、支えきれなくなった部分が崩壊して落ちて行くもののようです。

砂の粒径が関係しているのでしょう、崩壊の角度はどれもまったく同じに見えます。そしてその崩壊は三日月形の砂漠の造形美をもたらしてくれます。遠目にはぬめーっとした表面でしたが、近くでは砂浜の砂のようにざらざらして見えます。遠くから見た砂漠は周囲とは違った表情から恐ろしいもののように映りましたが、砂漠に足を踏み入れるとこちらに危害を加えるようなものは何も感じることがありませんでした。腰掛けている場所から転落したとしても、ずるずる滑り落ちる程度で大きな危険は感じられません。
[PR]

by elderman | 2005-10-05 13:23 | えるだまの観察 | Comments(9)
Commented by anjoy24s at 2005-10-05 14:26 x
いつも楽しみに拝見させていただいています。「月の砂漠」・・・大好きな歌のひとつです。美しいメロディーに哀しげな歌詞。白いおそろいの上着をまとった王子さまとお姫様の行く先はどこだったのでしょうか。
Commented by elderman at 2005-10-05 14:33
anjoy24sさん、ようこそいらっしゃいました。^^
ありがとうございます。コメントをいただけると励みになります。
この稿では夕方の砂漠の場面ですが、明日には月の砂漠の場面になります。どうぞ、お楽しみにね。^^
Commented by moccasin88 at 2005-10-05 15:32
月の砂漠なんてすごく素敵なんでしょうね。
私も沢山の国に旅行に行ってますが、砂漠はいったことないんです。
是非一度行ってみたいです。
Commented by elderman at 2005-10-05 15:41
moccasin88さん、ようこそいらっしゃいました。^^
そうですね、観光地化された砂漠ならドバイなどで簡単に楽しめますけど、こちらのような砂漠は簡単には行けないので、住んでいる人だけの特権でしょうか。
イランにお出でくださればアレンジはいたしますけどね。^^
Commented by 猫姫 at 2005-10-05 17:25 x
世界中、何処でも同じ夕日!!
うちのはちょっと、明るいケド、
Commented by 猫姫 at 2005-10-05 17:27 x
あれ?トラックバックできなかった??
Commented by elderman at 2005-10-05 17:36
猫姫さん、どうしたのかな?
トラックバックは別に制限しておりませんけど・・・ ???
Commented by fuzika at 2005-10-09 15:10
まさに月の砂漠!ですね。
こんなにステキな砂漠の画像を拝見できて良かったですゥ。
いろんなところへ旅しているみたいで‥うらやましい!
私なんて今回の北京&香港は何年ぶりだろゥ~ぐらいの勢いです(笑)
でも画像を載せるなら、エキサイトブログが一番!
って思って、私も大きい画像を沢山載せたブログにしてます。

あっ、遅くなりましたが先日はトラバでお世話になり
ありがとうございまいましたぁ♪訪問&カキコもおおきにでした♪


Commented by elderman at 2005-10-09 15:22
fuzikaさん、ようこそいらっしゃいました。^^
ありがとうございます。海外在住ばかりなんで、普通の旅行が海外旅行になるのはしょうがないですね。(苦笑)
素敵なブログを運営されていらっしゃいますね。写真もとっても綺麗です。私が心配しているのは訪問していただいている方々のPC環境なんですが、画像を大きくすると画面がはみ出すんじゃないかとも思えるし、職場の大きなディスプレイではまだまだ小さいし・・・ よく分からないのです。
fuzikaさんのブログ、またお邪魔させていただきますね。どうぞよろしくお願いします。


<< 今日からラマダン      月の砂漠(体験記)その2 >>