えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 03日

日本人の特殊性(31)国際会議

今回のお話は日本人だけでなく中国人などの東アジア人に共通した性格かも知れません。国際会議でヨーロッパ代表が議題や議論で即断即決しているのに比較して、東アジア代表は決してそこでは意思表明をしないのです。質問はしますが、結論めいたことは本国に問い合わせてからとか上司に伺いを立ててからということになります。

東アジアの人間から見ればヨーロッパ諸国代表がどうしてそこまでの権限を持って即断できるのか不思議な感じです。逆にヨーロッパ側から見れば、即断即決できる人間が出席しないアジア諸国というのはどうなっているのだろうという印象を持つことと思います。

私は事務局経験があるので、その点をヨーロッパ代表に直接訊いたことがあります。ヨーロッパの代表は所属する組織によっても違いますが、2000万円くらいまでは代表の意思で即断即決できるようです。少なくとも会議場で本国政府に伺いを立ててから回答するなんて口が裂けても言わない感じです。代表で会議に臨んでいるのですから、このくらいの気構えは必要だろうと思いますけどね。

ということで国際会議で東アジアの代表が自分の席から後ろを振り向いて、いろいろごそごそやっている姿は珍しくありません。担当者らしき人が会議場から去り、また現れて代表に耳打ちしているなんて姿、日本国内の会議でも見られますね。まずいことを発言した場合など小さな紙切れでメモが手渡されるなんて光景は洋の東西を問いませんが。(笑)

ところで、私の僻み根性かも知れないのですが、英語の表現で「私は○○人です」というものがありますが、非常にデリケートな話で恐縮なのですが、日本人の場合、”I am Japanese”が普通で、米国人の場合は、”I am an American”というのが普通なんです。”Japanese”と”Chinese”というのは”Uncountable”(数えられない名詞)なのかよと僻んでしまいます。

国際会議での東アジア人のやっていることをみると、これは私の僻みではなくて、当を得ているんじゃないかと悲しく思えて来ます。ヨーロッパ諸国の代表から見れば、東アジアの代表に誰が出てきても同じという印象があるのではないでしょうか。個人の力ではなく、組織の代表であるという色彩を強く持っているのが東アジアの特色であることは否定できないでしょう。

ヨーロッパ諸国の場合、個人の裁量が大きいですから、良かれ悪しかれ大きな影響があります。東アジアの場合は組織としての結論という意味があるのでコロコロと態度が変わることはないでしょう。しかし、会議の席上で何も決められないというのはちょっと大人げないような気がします。

私は個人的にはアジアの調和、協調を大切にするという習慣、価値観が大好きです。ですから、会議がまどろっこしいのはその弊害というように考えれば、仕方がないと考えてもいいのかも知れません。話がまとまらないからと言って、直ぐに戦争行為に走るような文化は肯定したくありません。ヨーロッパ諸国は主張はするけども、相手の意見も聞くという大変素晴らしい習慣・文化を持っています。
[PR]

by elderman | 2005-10-03 11:25 | えるだま雑記【案内画面】


<< 世界の夜景(12)香港とロンドン      世界の花(21)エボルブルズ >>