2005年 10月 01日

映画「ペギー・スーの結婚」

1986年の映画なんですが、すごい配役で笑ってしまいます。監督:フランシス・フォード・コッポラ、男優:ニコラス・ケイジ、ジム・キャリー、女優:キャスリン・ターナー、キャサリン・ヒックス、ジョアン・アレン、ヘレン・ハントなどなど。

約20年前の映画を観るというのは面白いものです。実は昨日、若い頃のヘレン・ハントの作品を見たのですが、この映画よりももっと古い時期の作品でした。その映画では、ヘレン・ハントとは今の感じと全然違いました。正直言うと、今のヘレン・ハントは美人だと思うし、知的な感じで好きなのですが、当時のヘレン・ハントではちょっとねぇ・・・ 女性は若ければいいってものじゃないと思います。

この作品、ヘレン・ハントがちらりと出演していて、とても美人に映っていました。それでも端役なので出番はほとんどありませんでしたが、美しさにおいては主演のキャスリン・ターナーが霞むほどです。この作品でキャスリン・ターナーはアカデミー賞にノミネートされたそうですが、まぁ演技はいいのでしょうけど、高校三年生になり切るにはちょっとねぇ・・・

ニコラス・ケイジの前髪にいたってはもう笑うしかないかな。ほとんどハゲ同然の彼の高校三年生ですから、まぁ髪の毛はあったのでしょうけど、それが似合わない。(笑) ジム・キャリーはほとんど変わりませんでした。

この映画、タイム・スリップが大きな役割りを持っていますが、むしろ映画そのものがタイムスリップのような感じで興味深いものでした。映画自体はそれほど面白いものとは思えませんでしたけど・・・ 丁度この時期にタイム・スリップものとして「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が大当たりしていました。

こうやって20年前の映画を観て楽しんでしまいましたが、自分のこととなるとねぇ・・・ 20年前ってもっとスリムだったしなぁ・・・ じっとお腹を見てしまいます。(苦笑)
[PR]

by elderman | 2005-10-01 21:01 | 日々の雑感


<< 世界の夜景(10)スペイン      世界の夜景(9)バンコク >>